FC2ブログ

文化祭は泥んこな6巻「猫のお寺の知恩さん」


塩田に半ば巻き込まれる形で文化祭の実行委員になった源
女子は昼間とタマエの二人が実行委員
・・・・・・塩田が実行委員になった理由だけはよくわかります(笑)

さらには部活で秋の新人戦への出場が決まった源
今回は試合が描かれませんが7巻ではデビュー戦が描かれるのかな?

文化祭の準備では実行委員で色々と買い出しとかしていますが塩田は意図的にタマエと行動するように動いているみたいです

結果的に昼間と行動をとることになる源ですが昼間は結構楽しんでいるようにも見えたり
買い出しは実行委員でも準備はクラス一丸となって動きます

とはいえ、夜遅くなっても準備は終わらないため家に持ち帰って準備を進める源
始発で学校に行って内装を全員でやろうと動きますが頑張りすぎたのか源はまさかの寝坊をしてしまいます

慌てる源でしたが玄関で待っていたのはスクーターにまたがる知恩
出掛けるついでにと学校まで源を乗せてくれます・・・・・・が他の昼間たちクラスメイトは始発から電車で学校へ向かっています
最後は遅れたことを謝る源でしたが家に帰ってジャケットを脱いだ知恩はパジャマ姿

・・・少しでも長く源を寝かせてあげたいという知恩の優しさですね

そして、文化祭を楽しみ
後夜祭では学校の名物らしい泥かけで皆泥んこ

塩田はここでタマエに告白しようと動いたみたいですが、まあ中々うまくいかないみたいです(笑)

もちろん今回も昼間の可愛い一面が描かれています
源と電話で話している最中にまゆげに電話越しでにゃーと話させようとしますが、それをやったのは・・・・・・(笑)

泥んこになった6巻でした

死神だって大きくなったって気にしない2巻「萌恵ちゃんは気にしない」


アライブ誌面の広告で2巻が発売されているの知って、慌ててAmazonで購入

2巻の発売を気にしなかった訳じゃないですよ
気づかなかっただけです(笑)

2巻では新キャラの「ギム」が登場
萌恵ちゃんの横に突如現れた彼は死神!

それに気づいたまほが萌恵ちゃんを守るためにギムと戦おうとしますがギムの友人「スヌ」の登場で勘違いであることが判明
死神が横についていたらそりゃ、誰でも命を奪われるなんて思っちゃうかも

ギムからしたらちょっとした災難だったのかもしれませんが彼の災難はここで終わりません

別の日に今度はミラがギムに攻撃!
まほのように萌恵ちゃんを守るためというよりは悪霊を祓うためという感じです

そんな状況を救ったのは萌恵ちゃん・・・のほっぺ
萌恵ちゃんのほっぺは死神すらも気持ちよくしてしまうみたいです(笑)

そして、今回は萌恵ちゃんが巨大化!!

路上にあった動くキノコに触れたら巨大化した萌恵ちゃん

巨大化しても気にせず登校しようとする萌恵ちゃんは流石です(笑)
まほが頑張ってどうにか元のサイズにまで戻すことができます
でも、その原因はまほのお母さんだったりします
多分、今回限りの登場な気がしますが萌恵ちゃんとまほとミラの3人で買い物した時にお釣りで渡された不思議なコイン

コインを見るために手渡された萌恵ちゃんが手にした瞬間現れたのはコインの妖精

手渡された人が1万人目だった萌恵ちゃん
妖精からなんでも願いことを一つ叶えてあげると言われます

・・・が、それを疑うのはまほとミラ
疑われたのがショックだったのか二人にも1分間限定で願いことを叶えてあげます

それに本物の妖精とわかり、萌恵ちゃんが願いを叶える番ですが萌恵ちゃんは作中の季節"冬"にあった願い事を願います

なんでも叶うのに萌恵ちゃんに欲が無い・・・というか気にしない萌恵ちゃんだからこそ願えた願いかなと思います

素敵なオチの話もあった2巻でした。

ハシゴしてきました映画鑑賞!

今日は朝から映画を観て来ました

タイトル通り映画をハシゴしてきたので1本ではなく今日は3本程観て来ました
1日にこんなに映画を観てきたのは久しぶりですが今月はおそらく一気に3本とかはなくても週1ペースで映画を観るかも・・・・・・だって観たい映画がほぼ毎週公開されるから(笑)

で、本日見てきたのは「インクレディブル・ファミリー」「ミッション:インポッシブル/フォールアウト」「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~」の3本

ヒロアカは観ようかちょっと悩んでいたのですが思いのほか映画のレビューのスコアが高かったので観て来ました
まあ、アメリカのヒーローアニメ(インクディブル)と日本のヒーローアニメ(ヒロアカ)を楽しむのもいいかななんて思ったりもしたので

そんな訳で今回は3本のレビューです
感想はコチラ↓







兄がほしかった妹と妹が好きだった兄の10巻「妹さえいればいい。」


千尋が妹と暴露してしまった9巻ラスト

なんとかごまかそうとする千尋でしたが伊月の部屋に訪れた刹那の登場で結局、自分が伊月の妹であることがバレてしまいます

キチガイなほどに妹という存在を愛していた伊月についに本物の妹ができます・・・もとから妹ですが(笑)

妹を隠してきた理由について語られると伊月以外みんな納得
常識を持っている人なら当然の措置と考えるのです

実は女の子であることがわかった千尋でしたが実は千尋は千尋で兄を欲しがっていたという幼い頃のエピソードがあったり伊月の父と千尋の母、二人の出会いなんかも描かれています

ちなみに千尋は小学生の頃から結構なしっかりもの
ですがまだ小学生、息子がいもしない妹を熱烈に愛する危ない奴とわかった父親が結婚の話をなかったことにしようとした時に何とか新しい家族を得体がために行動に出ます

・・・まさか千尋からの提案だったとはと一瞬思いましたがよく考えたら大人がそんなことを子供に提案しませんね
兄の前では弟でいろなんてね
妹ができたからといって自身が書く小説のような妹キ○ガイになる伊月ではありません

照れながらも妹「千尋」との新たな日常がスタート

ですが伊月の作品はアニメ放送が始まり大忙し
サイン会でなんと台湾へ蚕と向かい、ファンから熱烈な歓迎を受けて台湾を堪能してきます

そんな人気を受けている作家がいる一方で
初や木曽たち新人作家たちの作品のその後も描かれています

続けて書く事ができる作家もいますが
それ以上に打ち切られてしまう多くの作家

木曽も打ち切り作家の一人みたいですが新作を出すのかちょっと気になる所です

京も9巻での辛い就活に決着
ついに内定を得ますが土岐から9巻でGF文庫から本を出版させてもらえなくなった作家と編集長である神戸との京の知らないやり取りを明かされます

決して一方的に出版社が悪かったわけではなく本人にも問題があったことがわかります

そんな京も大学卒業後はGF文庫と違うレーベルで働くことになります
それを知った那由多はあっさりと京のいる出版社で本を出したいなんて言ってきます

京がその気になったら那由多だけじゃなく春斗も書いてくれそうな気がします

そして、作中ではアニメ「妹すべ」が無事に終了して
さらに勢いにのって新刊をリリース・・・・・・とはいきません

土岐が心配していたことが現実になってしまいます
わかっていたからか、やっても意味がないからか今回は缶詰もしません

妹ができたことで伊月に芽生えた当たり前の倫理観が自身の作品に対して今までとまるで違う感情を抱くようになります

このままだと伊月の作家生命にも関わるスランプ
妹すべの新刊は無事に刊行できるのか気になるところです

妹ができてかつてないピンチに陥る10巻でした。

エロい小説と文化祭の10巻「エロマンガ先生」


すんごい久しぶりの新刊
売れているのに打ち切り?とか思っちゃうほど長かったですね

今回はムラマサの父親、麟太郎から呼び出されるマサムネ
呼び出されたのはムラマサの新作小説

読んでみると物凄いエッチな小説とわかったマサムネでしたが
この小説はマサムネのためだけに書かれた小説

出版する気もなかったのに人気作家ムラマサの新作ということもあり担当編集である神楽坂は黙っていません

とかありつつも、女子高に通っているムラマサ
彼女の学校で行われる文化祭へマサムネは招待されます

とはいえ、マサムネ一人で行くわけでもなくエルフやタブレット越しに紗霧も同行

さらには国光やリュウキも文化祭へ行きます
うーん、国光先生・・・・・・ロ○コンにさらに磨きがかかってきた気がするんですが(笑)

逆にリュウキは9巻で弟子入りさせることになってしまった綾と文化祭で遭遇してしまい、べったりくっつかれているために女子高生にナンパしたくてもできない状況になっています

でも一番インパクトがあったのは娘の文化祭に行った麟太郎
文化祭に行ったことではなくマサムネたちも知らなかった大作家の知られざる一面を知ることになります・・・ロリ○ンってわけじゃないですよ(笑)

文化祭の最後にはムラマサが完成させたエッチな小説を読ませてもらうマサムネ

小説という媒体で想いを伝えたムラマサ
告白・・・ということでは今回で2度目・・・かな

しかし、マサムネの答えが変わるわけでもなければムラマサもまだ、マサムネの対する気持ちが変わっていないはず

今度はどんなふうにムラマサがせめて来るのか気になるところ

文化祭でのムラマサの人気にエルフも驚く10巻でした。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
57位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon