FC2ブログ

命をかける覚悟の3巻「響 小説家になる方法」


2巻で鬼島の顔面に蹴りを入れた所からちょっとだけ前の時間から始まる3巻

実は直前に花井に暴力を振るわないよう注意を受けてそれを承諾していた響・・・でしたが、速攻で破っていたことになります

花井の家で何故、暴力を振るってはいけないのかと改めて注意を受ける響でしたが他の人に迷惑がかかってしまうということを理解した上で、花井と凛夏が寝たところをこっそりと家を出て鬼島が飲みに行っているお店に花井のスクーターに乗って向かいます(無免許で)

鬼島を蹴ったのは単に凛夏の件だけではなく、響個人も鬼島に文句があったから・・・
突然、本人に対して小説のクレームを叩きつける響

本人も思っていることを言われて図星だったのかもしれませんが、彼の表情は以外にも笑顔で満ちています

イイ話で終わるかと思いきや・・・響はそんなことをしません
鬼島が書きたいものがないということを知ると生きていることを不思議に感じてしまいます

小説が出ない小説家は死んでいるものと思っていた響
小説が書けなくても、本が出版されなくても大抵の小説家は生き続けています
そんな当たり前のことに今更気づき、余計な一言を鬼島に告げる響・・・結局、暴力は振るわないまでも響に対して怒りに満ちて終わってしまいます

そんな場にいたもう一人の小説家「吉野 桔梗」はその場では響は気づきませんでしたがその後、行列のできるパンケーキを食べに行った時に吉野と再会・・・響的には初対面みたいな感じですが吉野はいかつい顔がコンプレックスのためか顔出しを一切していない作家

響も名前こそ知っていても顔は知りませんでした

そこで何故、吉野が小説家になったのか質問する響
結局、響が望む回答は得られなかったようですが、自分なりに考えて答えを出してみると吉野に告げます

凛夏の父親である秋人も登場
やっぱり響の小説をベタ褒めです

この後、どう響と関わっていくのか気になる所です

そして、今回は涼太郎の私生活もちょっと覗けます
テニス部でレギュラーを取った友人に勝ってしまうほど運動神経抜群な涼太郎

当然、モテモテな彼ですが響が好きな涼太郎は全ての告白を断り続けます

響一途な涼太郎ですがその思いは中々、常軌を逸しています
部屋一面に響の写真で埋まっている涼太郎の部屋

天井には貼られていませんが壁や窓いっぱいにとにかく響の写真です

そんな涼太郎の部屋に当たり前のように訪れる響
彼女も、涼太郎の母親も彼の部屋のことを知っている様子・・・公認ストーカー?見ない感じになっています(笑)

新人賞の選考会も通った3巻でした。

魔王たちの日常を描いたSP2「はたらく魔王さま!」


SP2といことで今回はアニメはたらく魔王さま!のBD6巻限定盤に同梱されていた2.8巻に+書き下ろしを加えたもの

まあ、中身の感想は以前書いたので省きますが
書き下ろしは本編の時間に戻って、今回のSP2からの流れを色々と感じることになる真奥たちや1年近く時間が経ってもゴ○ブリが苦手だったりとか本編が進んで成長した一面もあれば、変わらない一面もある、そんな風に思わせてくれる内容

2巻連続でSPでしたがあとがきに書いてあったとおり近々、新刊である19巻が発売されるみたいです

クライマックスが近づくということは今回のSP2のような日常も終わりが近づいてきているのかなという感じもしますね

そんな訳でSP2の感想でした。

ちなみに今回の書き下ろしではない方の感想はコチラ↓
<関連リンク>
「はたらく魔王さま! 2.8巻」感想

「銀魂2 掟は破るためにこそある」

今日は仕事帰りに「銀魂2 掟は破るためにこそある」を観て来ました

なので今日の記事が日付変更ギリギリになりそう・・・間に合うかな?

とにかくタイトルどおりに掟破りな作品だった気がしますがとにかく面白かったです!
普段感想を書いているFilmarksのレビューには書いてなかったけど今日の金曜ロードショーのあの作品と・・・・・・

物凄い攻めの姿勢です

そんな訳で感想はコチラ↓



ふう、間に合った

ようやく出会えたのに・・・・・・な2巻「響 小説家になる方法」


文化祭用の部誌を作った響たち

涼太郎以外の文系部員は響の小説がズバ抜けていることに驚き

出来上がった部誌は文化祭前に印刷所ではなく自分たちの手で制作した手作り本を職員室前や図書館に配布
図書館で手作り部誌を手にした小説家「中原 愛佳」

執筆した小説の売上不振で自信喪失なところに響たちの部誌を見つけて素人の書いた小説を読んで自信をつけようとした彼女でしたが響の小説を読んで引退を決意します

一人の小説家を引退させてしまうほどの響の小説ってどんな内容なの?

そして、今回は凛夏の家に訪れる文系部員
彼女の父親は有名な小説家である「祖父江 秋人」

最初は凛夏の部屋で遊んでいるだけでしたが
ふと秋人の部屋に入る響

プロの小説家をなんとはなしに堪能している様子の響でしたがそこで響を探していた花井と出会います
・・・正直、思いのほか二人が出会うの早かったなぁとか思ったりはしましたがこの時点では花井は響のことを知りませんし響は電話越しに自分が投稿した小説を褒めてくれた編集部の人とは知っていません

そして気に食わなければ誰が相手でも衝突するのが響です
というわけで花井と響は大喧嘩(笑)

しかしその後、凛夏からもらった部誌から喧嘩した相手が探していた鮎喰 響だとわかりいい年して、中々大胆な行動に出ます

ようやく響の連絡先を手にする花井
響の小説が正式に審査されることになります

そんな響の小説を審査した他の小説家も大絶賛
あっという間に最終選考にまで残ります

響とは対照的に賞を取らずしてデビューが決まった凛夏
響と共に出版社に訪れて、彼女を待っている間に「鬼島 仁」と遭遇

16歳でのデビューや、そのきっかけが父親である秋人であることへの妬みか凛夏への暴言やセクハラ発言が止まりません

そんな鬼島の暴言を止めたのは響
なんと顔面に蹴り入れます(笑)
今回の響きの行動は結構スカッとしたけど新人賞は大丈夫?な2巻でした。

残業で遅くなったのでお休み

今日は予定していた仕事が予定よりも遅くなってしまったので本日の更新はお休み

まあ、どうにかドラマ「義母と娘のブルース」の放送には間に合ったので良かったですが

「義母と娘のブルース」ドラマ版も面白い!

気付くと電子版でも新装版とかフルカラー版とか出ていますね

新装版は描き下ろしがあるみたいですが持っている本をしかも同じ電子版を買うっていうのはちょっと悩んでしまいます

そんな訳で(?)今回は当時書いた義母と娘のブルースのリンクを下に載っけます
まあ、検索すれば出てくるんでしょうけど(笑)

う~ん新装版どうしよう・・・

<リンク先>
やってきた義母はキャリアウーマン「義母と娘のブルース」
恋愛・結婚・出産そして、お別れの完結巻「義母と娘のブルースFinal」

キレたり人に甘かったりな9巻「古見さんは、コミュ症です。」


修学旅行後、新しく仲良くなったクラウメイトとの新しいコミュニティが築かれていたりしていますが片居くんにも友達や舎弟(?)ができたりと古見さん以外の人物たちにもちょっとだけ変化が見られます

修学旅行を終えて古見さんたちを待ち受けているのはバレンタイン

古見さんもチョコを作りますが只野に渡そうとして中々渡せず・・・他のクラスメイトには友チョコを渡せるのに只野にだけ渡せず、古見さんよりも先に片居が先に只野に強敵と書いてともよぶ強敵チョコを渡します

只野は只野で片居からしかチョコをもらえなかったためショックを受けています
まあ、それでも最終的には古見さんからチョコをもらえる只野

ですが、今度はホワイトデーで古見さんにお返しができない只野
ヘタレて先に片居にお返しをします

もちろんその後、ちゃんとお返しはできますけどね(笑)

バレンタインやホワイトデーがある中で今回も古見さんに新しい友達ができます

一人目は「鬼ヶ島 朱子」
彼女の場合は既に友達とういことで過去の巻を見直すと実は登場していました・・・気づかなかった(笑)

明るく笑顔で挨拶する鬼ヶ島ですが、何かうまくいかないとキレてしまいます・・・物凄い短気に見えます
その怒り具合は仲の良い山井でもスルーしてしまうほど

そんな鬼のように怒れる鬼ヶ島の怒りも古見さんはあっさりと沈めちゃいます

二人目は「佐藤 甘美」
人が喜ぶことをとにかくやりたい甘美は頼まれごとを断れません

しかし、断らず全てこなそうとする甘美は大変なことになったり
そんな彼女も古見さんに思い切って頼みごと

めちゃくちゃお人好しな甘美
人に騙されるようなエピソードが出ないことを祈ります

ホワイトデーがあった・・・ということは近々2年生になるのかなと思った9巻でした。

思ったことはすぐ行動「響 小説家になる方法」


結構前に記事で書いた「女の子が死ぬ話」の柳本先生の作品
マンガ大賞で大賞を受賞して知った作品ではあるのですが漫画を読み始めたのはつい最近

きっかけは映画・・・・・・の予告を観たのがきっかけ
正直、漫画は主人公がサブタイトル通りに小説家になるまでの話を描いた作品かと思いきや・・・映画は思っていたのと違っていた

高校に入学した主人公「鮎喰 響」が仲間との溜まり場として文系部室を利用していた「塩崎 隆也」の指を突然折るという行動に出るシーンが予告で流れてビックリ!!

で、TSUTAYAで借りて読んでみたらホントにやっています(笑)

思ったことはすぐに行動に取ってしまう響
そんな彼女に好意を持ち、恐らく響も好意を持っている響の幼馴染「椿 涼太郎」にはちょっと本音を隠してからかわれたりするようなちょっと可愛い一面もあったり

そんな響がでメールでのみ受け付けていた新人賞に手書きで応募

規定から外れていたもののそれを手にした新人の編集者「花井 ふみ」が響の小説を読み衝撃を受けて、どうにかして新人賞への応募へ進めようと動く中、名前以外知らない彼女の情報を得ようと動いたりとしている中

響はそんなことはよく知らずに高校での生活を過ごします

ですが響の才能は花井だけではなく文系部の部長「祖父江 凛夏」や不良で普段小説を読まないような塩崎ですら衝撃を受けるほど

次々と響の才能に衝撃を受けていく人たちや響がどんなブッ飛んだ行動をとるのか楽しみな作品

映画も楽しみになってきました

「オーシャンズ8」観て来ました

今日はオーシャンズ8を観て来ました

ちょっとしたトラブルで思いのほか時間がかかってしまい昼に仕事終えてそこから職場近くの映画館で観れたらいいなぁと計画していましたがあっさりと崩れました(泣)

まあ、夕方に観に行きましたけど
映画は面白かったけど、個人的に残念だったのはポップコーンが食べられなかったこと(笑)

というのも売り場に行ったら人が並んでいるのに対応している店員が少ない・・・結局、上映時間に間に合わないから諦めました(泣)

まあ、来週は銀魂2が公開されるのでその時にでも食べながら鑑賞します

そんな訳で感想はコチラ↓


「スプラトゥーン2」フェス 祝!!発売1周年 イカVSタコ


今回は久しぶりのスプラトゥーン2フェスのゲーム動画

発売1周年を記念したフェスだそうで今回はイカVSタコ!!
今回は通常のフェスとはちょっと違って選んだチームの外見で対戦ができます

つまり、タコチームに所属するとタコになれちゃうわけです
現在配信されているDLCをクリアするとタコの姿にはなれるらしいのですが私はヒーローモードですらまだ未クリア(泣)

DLCはまだ購入もしていません

そんな訳でせっかくなのでタコの姿でプレイしようと今回はタコチームで参戦!!

とはいえ、フェスのあった土曜日が休日出社・・・・・・あまりプレイできませでんした

まあ、次こそはしっかりと参戦できたらなぁ・・・・・・とか前にも言ったきがする(笑)

ということで動画はコチラ↓








神の世界に人間の女の子がやってきた「ごっどちゃんず」


邪神ちゃんドロップキックのユキヲ先生の最新作

今度の主人公はごっどちゃんと呼ばれる神の「ゼウス」
邪神ちゃんといい神ってワードが好きですねユキヲ先生(笑)

そんなゼウスも初登場が下着姿と身ぐるみ剥がされています

知らないごっどちゃんに服を奪われたと思っているゼウスですが
彼女の服を奪ったのは「萌蘖 大地」という人間の女の子

大地がごっどちゃんたちの世界「ごっパラ」で生活するための条件が
ごっパラで一番えらい神様「ガイア」から出された課題のため

とはいえ、制服を奪われたゼウスが大地を許せるわけでもなかったのですが・・・・・・
好物の信玄餅をお詫びに渡されたことであっさりと大地を気に入っちゃいます

ゼウスの友人の「ポセイドン」と「ハーデス」たち3人のごっどちゃんたちに振り回される大地

気付くと彼女たちのまとめ役とか保護者扱いされてしまいます(笑)

人間だけど色々と謎が多い大地
今後、その辺が明かされると思いますが邪神ちゃんが好きな人なら楽しめると思う、学園コメディです

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
389位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
90位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon