FC2ブログ

残業休みです

今日は残業で遅くなったので記事の更新はお休み。

就活は大変な9巻「妹さえいればいい。」


この9巻を読んだあと久しぶりにPrimeビデオでアニメ版を全話視聴。
全然、本編との繋がりはないんだけど、なんとなく観たくなったので(笑)

そして9巻では京が就活の苦労を味わいます。
連敗続きながら色々な企業へ履歴書を送っているようですが、うまくいかない状況が続いてしまいます。
私服で良いと書いていたから私服で会社に行ったらNGだった・・・っていうのは正直そんなことないだろとか思ってしまう。

程度はあるでしょうけど、女性だと私服でもあまり気にされない気がしますが・・・まあ、思い出すと北海道で出版社の面接を受けたとき、周りの女性は皆スーツでしたけど、そもそも私服でOKとはその時、書かれていないのでそれはまあ、スーツで来るだろうと思いますが。

ちなみにこの時の私の面談の結果は言わずもがな・・・(泣)

他にも出版社を受けては不採用が続くなかで、バイト先のGF文庫で新人作家の厳しい現実と性裁を目撃します。
他の出版社へGF文庫に黙って持ち込みをした作家に追放処分・・・GF文庫では本を出させないという処分がくだされます。
処分の理由について納得がいかず、最後まで新人作家を擁護していた京ですが神戸の言い分にもうなずけてしまう・・・というか個人的には神戸の意見の方に納得してしまう・・・京の発言はなんというか若さを感じます。

しかし、今回の出来事が京の編集としていやっていきたいという道筋を作ったように思えます。
そして、それを気にかけてくれる出版社が・・・・・・那由多に姉のように慕われている京、もしかしたら今後、他社の出版社へ就職して引き抜きなんてことが起きてしまうかもしれませんね。

そして、伊月はお兄ちゃんと読んでもらえる相手が現れます・・・しかも二人も。
一人は新人作家の青葉。

那由多の作品が大好きな青葉でしたが伊月の作品も読んで、なんと彼の作品のファンになります。
先輩ではなくお兄ちゃんと呼ばせる伊月。

もう一人は高齢でラノベデビューした木曽の孫「木曽 撫子」木曽の打ち合わせについてきた撫子を木曽の打ち合わせが終わるまでの間、自宅で預かった伊月ですが自分の作品を読んでドン引きされるのが嫌だからか、某作家さんの名前でごまかします。

そんなお兄ちゃんと伊月を呼ぶ相手が突然現れたからか本当の妹である千尋はどこかイライラしちゃいます。

肝心のアニメはトラブルがありつつもどうにか進行。
そして、ついにシロバコが伊月の手元に届いて第1話の上映会を始めます。

出来の方は最高ではなかったようですが春斗の時のようなボロボロな出来ではなく、伊月にとって十分満足できる出来のようです。

そして、1巻からやっていましたTRPGも今回は最終章・・・ということは今後はもうやらないのかなと思いつつもプレイ後に千尋が重大なアレをカミングアウト。

色々と溜まっていたものが爆発!

10巻での伊月の行動が気になる9巻でした。

サガ再びの16巻「僕は友達が少ない」


小鷹の家に引きこもっていた夜空が今回で隣人部に戻ってきます。

隣人部メンバーが揃ったことで理科の提案でマスター版のロマ佐賀を再びプレイすることに。
原作でもマスター版はプレイしていましたが実際に絵になると、なんというか家庭用ゲーム機ではなくなっている気がします(笑)

あれを実際に買おうとしたらとんでもない価格なんじゃ・・・。

ゲームの方は今回もワラスボが相手。
ですが、前回と違うのは相手がしっかり行動をとるということ。
星奈や夜空の攻撃を防御したりと雑魚でも簡単に撃破できません。

それでも、なんやかんやとチームプレイでワラスボを撃破していくメンバーでしたが小鷹が選んだ賢者だけ、まったく別物・・・・・・これも絵になると酷いですね(笑)

前回はほぼ何もできなかった小鷹でしたが今回は・・・・・・一応、動きはあります・・・良い意味ではありませんが(笑)

2話も使ってのロマ佐賀ですが、次は生徒会のメンバーと温泉旅行へ。

そして、その温泉旅行で夜空の家庭事情を知ることになる小鷹。

ロマ佐賀はまたアニメでも観て観たいと思った16巻でした。

アレもコレも不安でいっぱい「心配ちゃんは今日も汗だく」

心配ちゃん
今日は残業で遅くなってしまって更新休もうかなと思ったのですがそういえば書いときたい記事あったなぁと思って取り敢えず更新。

マガポケで連載されていた作品ですが見た目は美少女なのに心配性で常に安全グッズを身につけている「心 酉巳」
幼なじみで防犯グッズ店の息子である「大丈 夫男」は名前と実家が防犯グッズ店だからか何故か同じ学校であることに安心されたりしますが、目の前にヤンキーが現れたりすると滝のような汗が止まりません。

とにかく心配性な心に振り回されて心は心配のあまりとんでもない行動に出てしまう学園コメディ。

全1巻・・・と言いたいんだけど、2月に連載終了してから単行本の情報が見当たらない。
WEBでも3話までは無料で読めるんですがそれ以降はアプリで購入しないと読めない、かなり限定的にしか読めない作品です。

正直、小さな出版社だと人気がなかったり単行本が売れないと本が出ないと聞いたこと・・・というか自分が買っていた本で2巻が刊行されず作者が出版社に許可もらって同人誌で発売したということがあったのですが、まさか講談社でもそんな事がおきてしまうのか・・・と思わずにはいられない。

まずはWEBで読んでみて面白かったらスマホアプリのマガポケで購入。
そうすればいつかは単行本が発売される・・・かも?

あ、そうだ。
明日の更新はお休みします。

<関連サイト>
マガポケ「心配ちゃんは今日も汗だく」

「スーパーロボット大戦V」プレイ日記 その4


前回のスパロボVの記事が昨年の4月・・・約11ヶ月ぶりに更新、そして発売から1年経過したのですが、本日ようやく2周目クリア。

1年かけてトロフィーもコンプリートです!
20180313.jpg


去年の夏頃から全くプレイしていなかったのですが新作発売前にということで2、3週間前にプレイ再開してクリア達成。
今回の2周目では1週目とは当然、違うルートに進んでいたのですが条件はわかりませんが、1週目では仲間にならなかったキャラも加入。

ジェリドやヤザンとか昔のスパロボだと仲間になるなんて考えられなかったなぁ・・・まあ、ジェリドはスパロボEXのシュウ編で仲間になっていた気はしたけど・・・とはいえ、基本的に悪役っていうポジションのイメージ。

2周目やってみて思ったのがパイロットの育成。
愛着のあるパイロットにはステータスをガンガン振ってとかできる一方で私は結構平均的にレベルを上げていたので全体的に強くしたいと思っている人間。

今作はちょっと不便に感じてしまう。
まあ、主人公を取り敢えず強化しとけばかなりラクにプレイできるんですけどね(笑)

取り敢えずは新作のXが発売するまで3週目をまったりとプレイしようと思います。


そんな訳で、スパロボVの記事はこれで終了。
次回はスパロボXでお会いしましょう。

魔法少女になってみたい4巻「小林さんちのメイドラゴン カンナの日常」


今回はカンナが魔法少女になろうとして、どうすればなれるのか考えます。

とはいえ、ドラゴンであるカンナ、自力で空も飛べるし電気も出せます。
魔法少女がなんらかの力とかを借りてできていることを自力でできてしまいます。
でも、そこに魔法少女に対するこだわりがあるようです・・・この辺はなんとなく子供の謎のこだわりを感じます(笑)

最後はなんだかコスプレ大会みたいになっている気がしますが、好きなキャラクターになれたからか満足気なカンナとそれを拝めた才川は共に満足のようです。

他にも農家で農業を経験したり小林さんたちと紅葉狩りを体験するカンナ。
紅葉狩りでは小林さん、お仕事頑張ったようです。
社会人の鏡ですね!

時には遊ぶ約束で才川とクラスメイトの女子たちが衝突・・・といっても才川が一方的に敵対心出しているだけなのですが(笑)
イルルやトールに相談して自身がどうすべきかなんてことも考えます。

まあ、才川もクラスの女子と一緒にカンナと遊ぶのが一番な気はしますけどね(笑)

魔法少女よりもドラゴンの方が優れている?かもな4巻でした。

ワルから自転車乗りへの4巻「弱虫ペダル SPARE BIKE」


昨日に引き続き今日も弱虫ペダル。
本日はSPAREBIKEの4巻。

今回の主役は広島呉南の街宮と井尾谷。

中学時代不良でそのまま高校に入学してからもちょっとしたことで喧嘩に発展していた井尾谷。
何かしたいこともなく日々を過ごしていたところに街宮と出会い、衝突。

悪い評判はスグに広まり、部活に入部もさせてもらえない状況の中で条件付きでどうにか入部するまでのお話です。

不良が部活を通して変わっていくという、結構少年漫画にありそうな展開の入部までが1冊にまとまっているわけですが、その後のインターハイで荒北に負けたあとも少し描かれていますが総北や箱学ができなかったこと・・・メンバー6人全員でゴールをするということをやっています。

まあ、総北や箱学は勝つためにやってきたことなので6人全員でゴールをするのは無理といえば無理なのですが最後に優勝を諦めても6人全員でゴールすることを実行したことや後輩たちが二人を怖がっていないことから、描かれていないとはいえ入部後にどれだけ自転車に時間を注いで変わっていったのかというのかわかります。

高校卒業も自転車を続けているのか気になった4巻でした。

左上脚筋と右上脚筋、最後の仕事の54巻「弱虫ペダル」


箱学を追い続ける坂道たち総北メンバー。

すでに鏑木と青八木が抜けてしまった状態で箱学は黒田の指揮の元、手を緩めることなく総北を引き離すためにガンガン攻めていきます。

山道から手嶋が休みどころと考えていた平坦。
しかし、箱学は休みどころとは考えていません。

敢えて、一緒に山道に連れてきた泉田。
休むつもりでいた総北の一瞬のスキをついて泉田が箱学メンバーを引っ張り、平坦を駆け抜けていきます。

自身の筋肉に名前をつけている泉田ですが今回は新たに二つの筋肉の名前が呼ばれます。

弱虫ペダル54-1
左上脚筋のペテル!!

弱虫ペダル54-2
右上脚筋のマーク!!

ペテルとマークを呼び覚まし最後の力で黒田たち箱学メンバーを引っ張り、総北メンバーを引き離す泉田。
全てを黒田たちに託します。

大きく距離を離されてしまった坂道たちですがまだまだ追いつくことを諦めていません。
そこで初めて本気の坂道の坂での走りを体験することになる手嶋でしたが、坂道の走りは手島にとって想像を大きく超える走りだったようです。

驚きの脚で総北メンバーを引っ張っていく坂道。
追いついた箱学をとらえるために全ての力を振り絞って坂道たちを引っ張る手嶋。

そんな手島の気迫のクライムを感じ取る坂道たち。
一方で箱学にも手嶋の気迫に影響を受けた人物が1人。

葦木場が手嶋に勝負を挑みます。

そして、さらに後ろから追いかけるのは京都伏見。
まだまだ、追い続ける御堂筋ではありますが、今回はまだ総北や箱学に追いついていませんが今後、どんなタイミングで登場するか気になるところ。

ペテルとマークが活躍した54巻でした。

変わらぬパンLIFEの完結5巻「パンでPeace!」


気付くとあっという間の最終巻。

4巻でパン要素が少なかったからか今回はみなみが食パン作りを教わったり期間限定のパンを購入するために色々と策をこうじたりと色んな形でパンを絡ませてきます。

みなみがそらと出会ったりするような事がありつつも、いつも通りな感じがしました。
とはいえ、クロアの出番が増えたかなという気はしますね(笑)

もう一度、ごはん派との対決も見てみたかった気もしますが最終話ではみなみたちも2年になり、後輩ができたり好きな人と同じ学校に行くために転入したりと色々な変化を見せてくれます。

新入生もパン仲間に加わった、日常も読んでみたかった完結5巻でした。

催眠術で入部させられた部活は「あつまれ!ふしぎ研究部」


少し前に古本で購入したのですが面白かったのとちょっと多めにポイント還元されていたのでKindleで全部購入!もちろん1巻も電子版にお引越し。

教師に頼まれて荷物を倉庫へ持っていく「五領 大祐」でしたが行った先は旧倉庫でそこにいたのはオカルトを研究している大祐と同じ1年の「二宮 鈴」とマジックを研究しているのにトリックなしの力技でマジックを実行しようとする「神田 千晶」
そして催眠術を研究し学校でファンクラブもあるほどの人気者である「大原 ことね」が所属するふしぎ研究部。

催眠術にかけられて気がつくとふしぎ研究部に入部させられてしまった大祐。

ことねたちに毎回、実験台にさせられてしまいます。

催眠術でちょっとムフフなことになるかと思いきや藁人形を体が同化させられて藁人形が引きちぎられて体に痣のようなものができてしまったりと結構催眠術きっかけの出来事が多いのですが千晶のマジックは気合だけだから実際に実験台になったら色々大変なことになってしまいます(笑)

今後の実験・・・部活動が楽しみな作品です。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
229位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
55位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon