FC2ブログ

冬に先に買うのは『インナー』VS『アウター』の動画です「スプラトゥーン2」


先週は久しぶりのフェスでようやく、自分なりのオンライン対戦での戦い方が見つかったかなぁとか思った2018年。

今回は2017年最後のフェスのプレイ動画です。
今年最初のフェスもなるべく早いうちに投稿したいなと思っています。

取り敢えずまだまだ、オンライン対戦が盛り上がっているスプラトゥーン2。
いい加減一人用のモードクリアしたいなと思いつつ他のゲームでプレイできていなかったりしています(笑)

プレイ動画はコチラ↓














魅惑の脚と後輩の4巻「悪魔のメムメムちゃん」


雨の中、カラスに襲われているメムメム・・・と思って小日向が助けた悪魔「チュチュ」
胸はないけど小日向ドストライクの脚をしているチュチュに魂持ってかれると一人悶える小日向。

さらに好意的に接してくるチュチュに動揺を隠せない小日向。
それを目撃したメムメムは大きなショックを受けます。

チュチュと知り合いだったメムメム。
この子の正体を知った小日向は実は魂抜けそうだったのでは
最終的には児ポに引っかかるメムメムと男のチュチュとどちらがいいか選択を迫られています(笑)
そして、今回再びメムメムに呼び出されるランプの魔人。
しかも意図的に呼ばれたのではなくランプが壊れたことによって不完全な状態で呼び出されてしまった魔人。

呼び出した本人からの魔力でしかランプのキズを直せないため、メムメムから魔力を抽出しようとする魔人でしたが、メムメムの魔力は残り香程度(笑)

ですが、ランプのキズを直す手段は他にもあるようで他人の魔力を呼び出したマスターの魔力に変換することでも直せるようで、メムメムの伝手でオルルが住んでいる屋敷にやってきた小日向たち。

魔人は呪いのことは知らないまでも悪魔狩りのルーヴィンス家のことは知っているようで危機感を感じます。
呪いは悪魔にしか効果がなく、魔人にはいつも通りの力が発揮できるオルル。
ピンチに陥りますが体を張って(多分自分はやられないからという前提があると思うけど)魔人を助けるメムメム。
今までのマスターと違う扱いを受けた魔人は一応、メムメムをマスターと認めたようです。

とはいえ、ランプの修復はまだまだまだまだ先が遠そうです(笑)

さらに今回はルウルウが小日向の部屋に訪れます。
目的はメムメムから新人研修を受けるため。

成績トップの悪魔が最下位の悪魔から何を教わるのか?
それでも今もなお、メムメムを尊敬しているルウルウ。

そんなルウルウがいる現場を五木に見られた小日向。

悪魔のメムメム4-1
プロの人呼んでるー!!

プロの人と勘違いされるルウルウ。
しかし、悪魔としての仕事は本当にプロ。

本人の自覚なしに次々と相手の魂を体から引き離すルウルウ。
小日向までも魂を抜かれているようです(笑)
ですがそんな、魂をあっさりと肉体に戻してしまうメムメムの魅力(?)も負けていません(笑)

まだまだ、メムメムへの尊敬の念が消えないルウルウ。
また、登場する機会があるのか楽しみです。

ちょっとシリアスな修行回もあった4巻でした。

アネットのためにセクシーな水着を「くまみこ」9巻


今回はナツがまち離れをするためにスカイプで国際交流を試みます。
相手は豪華な部屋で裸でいる男性。

相手が海外にいるからか自分がクマであることを隠さず、相手が着ぐるみを脱いだら?という質問にも既に裸とか言い切っちゃいます。

どんどん会話が下ネタになっていくため、なんとかごまかすナツ。
下ネタ言われても既に去勢されているナツには既に縁のない話。

最終的には耳につけていたインカムをまちがクモと勘違いすることで和むナツ。
まだまだ、まち離れはできそうにありません(笑)

とはいえ、その後もその外国人との交流は続いているようです。
最終的にこの二人の交流はどうなるのかちょっと気になります。

物語後半では海に行くためにひびきと一緒に水着を買いに行くまち。
スクール水着ではなく大人なセクシーな水着を買うのが目的のようで、ひびきと共にイオンへ向かうまち。

ひびきも自身の水着を選びますが全くセクシーさを感じない水着。
そんなひびきを見たまちは水着の歴史を語りだします。

多分学校で教わることのない水着授業をまじめに語るまち。
最終的にはアネットのためにと露出の高い水着を試着していくひびき。

負けじとまちも攻めますがひびきに攻め過ぎと言われ、ナツにはNGをくらってしまうまち。
規制との戦いと言いながら攻めることをやめないまち。

恐らく10巻は海での水着回。
どんな水着をまちは着ていくのでしょうか?

それともおまけページに描かれている水着で登場するのか気になる9巻でした。

今日はお休み

本当はスプラトゥーン2の前回のフェスの動画を掲載する予定でしたが間違えて、編集前のを投稿してしまって現在、再投稿&申請中。今週中にはお届けできるとは思うのですが記事を書く時間がなくなってしまったので・・・・・・明日は何もなければちゃんと更新したい。

プロとしてやっていくには・・・「14歳とイラストレーター」4巻


前回の姉、彩華との対決を経て絵描きとしてステップアップした悠斗。
仕事も順調で冬コミも想定以上の反響をよんでいます。

一方でマリィの新作のイラストを担当することになった「白砂」
ネットで人気の絵師・・・・・・でしたが、彼女のイラストにNGがを出し続けるマリィ。

いつまでもOKをもらえない状況にどうすれば良いのかわからない白砂は同じくマリィの作品のイラストを勤めている悠斗に相談。

悩みを解決したかと思いきや、締切がギリギリになっている状況でそれを知っているハズなのに友人からのお誘いを受けるべきか断るべきかと悩み、泥沼にはまっていきます。

そんな白砂に厳しい助言をする悠斗。
ネットで活躍していてもプロとしては新人の白砂、プロのイラストレーターとして、どう仕事や友人たちと向きあっていくのか、姿勢を問うようなお話でした。

今後、白砂がどう悠斗と関わっていくのか気になるところ。

さらに悠斗の近所にナスがお引越し。
今後の悠斗の周りはどのような変化が起きていくのか楽しみですね。

時には切り捨てることも決断しないといけない4巻でした。

今年の初映画「マジンガーZ INFINITY」観て来ました

20180113.jpg
本日はマジンガーZ INFINITYを観て来ました。
今年最初の映画でしたが近所の映画館では上映していなかったので池袋まで行ってきました。

面白くてつい、久しぶりにパンフレットを購入しちゃいました。

感想はコチラ↓



<関連サイト>
「マジンガーZ INFINITY」公式サイト

ずっと前から好きだった7巻「お前ら全員めんどくさい!」


突如、クニヒコたちの前に現れた女の子「本田 保乃香」

以前、クニヒコがいた学校の生徒。
カズミたちにクニヒコの元カノと告げて去っていきます。

まあ、そんな嘘はスグにバレてしまうのですがそんな本田に負けてられるかとカズミたちもクニヒコの彼女になる宣言。
外でも困りますが校内で他の生徒や先生が聞くかもしれない状況で堂々とそんなことを言われても只々、困るしかないクニヒコ。
さっさと逃げちゃいます(笑)

結局、一歩も引いてくれないカズミたちの前に逃げてしまう本田・・・・・・かと思いきや、中々思い切った行動をとって去っていきます。受験生やら前学校の生徒からモテモテのクニヒコです(笑)

さらに今回はカズミが変身する回もあります。
登校中のアクシデントでメガネを壊し、髪の毛と制服がびしょ濡れになってしまいますがリホの手によって美少女に大変身。

クニヒコも一瞬誰かわかっていません。
見た目が急によくなったからか男女から注目を浴びたカズミ。
クニヒコがちょっとヤキモチやいているのが見所(笑)

そして、舞台はバレンタインへと進み、クニヒコへプレゼントするチョコの準備が進められていきますがモテモテのクニヒコ先生(学生限定?)はどんなバレンタインを迎えるのか気になるところ。

他校からライバルが登場した7巻でした。

両思いなのに付き合えない「あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた」


MF文庫の新人賞受賞作品をまたまた、購入今回は「あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた」

主人公で生徒会副会長の「田島 愛斗」は生徒会長の「氷室 涼葉」に恋する男子。
一方の氷室さんは成績優秀で美少女でいろんな男子に告白もされているのですが、そんな氷室さんは田島に恋する女子。

しかし、本音をさらけ出すことができず、常に相手に毒舌を言い続ける氷室さん。
脈がないと思った田島ではありましたがある日突然、氷室さんの本音の声が聞こえるようになります。

恋愛成就の神社である縁光神社の神様「ナンナ」から氷室さんが大金を持って恋愛成就を祈ってきたことを知り。
ナンナは氷室さんの恋が成就するようにと田島の恋の応援をします。

突然、好きな相手が自分も好きという本音を知ることができた田島は両思いなのだから当然、告白を実行。
・・・・・・が、断られてしまいます。

本音を出したくても出せないヒロインとそれを知りながらもどうにか恋人になれるようにと奮闘する主人公、田島のラブコメ。

田島が好きで好きでしょうがないのに本音が言えずに常に後悔する氷室さん。
一歩前進するのも大変です。

両思いである二人がどのような形でゴールするのか今後の展開が気になるところです。

なりたいけど死んでもなりたくない9巻「中卒労働者から始める高校生活」


今回は莉央がアルバイトに挑戦。
新しいことに自ら飛び込んでいきます。

ですが、父親に報告はできても母親にはできないみたいで、なんだか些細なことを理由に伝えるのを避けているように見えるのはまだまだ、溝が埋まらないということでしょうか。

面接も受かってアルバイトとして採用されますがそのバイト先にはあかりが登場。
偶然にも同じバイト先の先輩として莉央の前に現れます。

あかりがいることを知って早くも逃げ出したくなる莉央。

そして、初めてのバイトということもあってか、とにかくミスが続いてあかりがいたことで気落ちしていたのにさらに落ち込んでしまう状況になっていく莉央の前に現れたのはバイトの先輩である「岬さん」

真実にバイトの成果をメールしていて突如として現れた岬さんの名前に気になり出す真実。

莉央のバイトが気になる真実ですがあかりがいることを知られたくなくて隠し続ける莉央。
さらにバイト中でもあかりに怒られ続けられていることも原因かもしれませんが、怒られ慣れていない彼女にとってはもしかしたらキツいのかもしれません。

しかし、そんな莉央の心情を察したのか、あっさりとあかりはそれを否定。

中卒労働者から始める高校生活9-1
あんたがいつもされてんのは「注意」なの!

怒られているのではなく注意されていると言われてしまう莉央。

別に意味もなく叱られているわけではないのです。
ちゃんと教育をしていたあかり。

でも、真実のことを諦めていないと宣言されたことでやっぱり真実にお店に来てもらうことを拒否。

しかし、莉央が必死に隠していたことも偶然、莉央がバイトしているところを見かけた真彩によってバレちゃいます。
そして、岬さんと対面する真実。

何かにつけて真実を挑発するような発言をする岬さん。
それに突っかかる一条(笑)

岬さんも対応に困っているようです(笑)

家が貧しかったり弟妹のためにバイトをしていたりと何かに境遇が似ている真実。
ですが、そんなことを気にする素振りも見せずに明るく振舞って答えてくる岬さん。

遂に真実も彼氏宣言して莉央に必要以上に関わらないよう釘を刺すような発言をするのですが・・・

中卒労働者から始める高校生活9-2
岬さんが好きなのは中島さんなんだから

岬さんの好きな相手を思わず、あかりや岬さんがいるにも関わらずハッキリと言ってしまう莉央。
そのあとのあかりの表情・・・あれが怒っている人です莉央さん(笑)

声高らかに「俺の彼女なんだよ」なんて言った真実は赤っ恥です(笑)

しかし、そんな状況下さらされてしまった岬さんは気にしていないご様子。
似たような境遇でも明るく振舞っている岬さんにあこがれのような感じを持ちつつ、同じくらいなりたくはないという気持ちになる真実。

そして、最後に莉央のバイト先に真実の父親が登場。
お店の関係者なのか配達員なのかわかりませんが、お互いのことを知らないとはいえ意外な形で接点を持つことになった二人。

物語に急展開があるのでしょうか?

店内で堂々、彼氏宣言した9巻でした。

ゲームでも運動音痴な2巻「ゲームやるから100円貸して!」


今回は杉田君の運動音痴が明らかになるのですが、運動音痴っぷりが酷いです。

木に引っかかった風船をとってあげようとしてジャンプして風船を取るのですが何故か、盛大に着地に失敗して怪我をしてしまい、取ってもらったのに子供は怯えてしまいます。

しかもそれはゲームでも反映されているみたいで彼の運動音痴は致命的な気がします(笑)
ですが、そんな意外な一面を見た弓原さんは・・・

ゲームやるから2-1
カワイイ

まあ、イケメン=スポーツできるっていうイメージとのギャップなんでしょうか思わず感じた感想なのでしょうがこのあと、思いっきり赤面(笑)

今回は新キャラ「速川 真歩」が登場。
喫茶店デッドコピーに突然、バイトをさせて欲しいと訪ねてきます。

店長がゲームが取り柄の喫茶店なんて言っているお店だからゲーム好きかと思いきや彼女が好きなのはコーヒー。
喫茶店かつ禁煙であるデッドコピーがたまたま選ばれただけ。

友人に特別に輸入してもらっているという恐らくいい豆なのにマスターのコーヒーの淹れ方は恐ろしく雑。
一方で速川は弓原さんがデッドコピーに来て初めてコーヒーを美味しいと思わせる程。

同じ豆でコーヒーを淹れているのに歴然とした差が出ていたマスターと速川。
見事、コーヒー・調理担当として少々強引に採用された速川。

そして、物語はクリスマスに突入してなんと杉田君、クリスマスデートをかけて弓原さんとゲームで勝負。
技術的な差はあるため、余裕で受ける弓原さんでしたがマスターから裏技を教えてもらっていた杉田君は見事に勝利し弓原さんとのクリスマスデートをゲットします。

レトロゲームを探しに色々なお店に立ち寄る二人。
クリスマスプレゼントも渡して、後日お返しにプレゼントをもらう杉田君。

渡されたプレゼントはゲーム機。
しかも、ちゃんと実在するゲーム機でファミコンの互換機。

弓原さんらしいプレゼントな気がします。

最後にはチョコを渡す渡さないでもめていますが、ゲームよりもラブコメ色が強くなってきたなぁと思う2巻でした。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
81位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon