FC2ブログ

「エイリアン コヴェナント」観て来ました

20170916エイリアンコヴェナント
3連休。月曜日に観に行こうかと思いましたが月曜日は台風で外出るの大変かも!
・・・ということで本日観て来ました「エイリアン コヴェナント」

初期のエイリアンシリーズが好きだったのでこのタイトルを知ったときは絶対に観に行こうと思っていましたがその前の前作としてプロメテウスとは知らなかった。

タイトルは知っていたけど内容とか全く知りませんでした(笑)
そんな訳で現在、帰りにTSUTAYAで借りてきたプロメテウスを観ながら記事を書いています(笑)

ちなみに公式サイトでエイリアン健康診断なんてものがあったのでやってみましたが・・・

見事にお腹の中にエイリアンがいました(笑)

映画の感想はコチラ↓



<関連サイト>
エイリアン:コヴェナント 公式サイト

フェスの動画です「スプラトゥーン2」


スプラトゥーン2フェス2
申請したのが昨日の朝だったから今日の記事には書けないかなと思っていたのですが無事に登録されましたので投稿。

今回は7本!

2日間のフェスのプレイ。
合わせて約3時間30分程の動画ですが、今回は1本約30分前後に編集して作成。

7本目は結果発表まで見れますよ。

そんな動画はコチラ↓












違う自分・・・と思えても「少女ファイト」14巻


墨日野との対決で小岩の姿からもうひとつの別の自分の姿を想像し戦意を喪失してしまう練。

が、危ういところでチームメイト達の激で戦意を取り戻し2回戦を勝ち抜く黒曜谷。

ですが、試合後に広之から鏡子に雲海との関係に釘を刺されてしまいます。
試合とは関係のないこと・・・のように思えていましたが鏡子の母、了子に知られてしまうと黒曜谷の存続すらも危ういと告げられてしまいます。

そして大会も裏で色々と動いている摩耶。
イマイチ、目的が見えませんが他校のバレー部の試合にまで影響をだすような行動をしています。

いつか黒曜谷とぶつかった時、練たちのモチベーションにどのような影響をもたらすのか気になるところ。

とはいえ、まずは3回戦、どのような戦いが待っているのか気になる14巻でした。

編集中なので


先日のフェスで録画した動画を編集中。

まあ、録った動画を30分前後で分けているだけなので対したことはしていないのですが、それでも投稿用に1本保存するにも結構時間がかかってしまう・・・・・・まあ、明日中に投稿できれば週末にはブログにあげられるかな・・・と、勝手に思っています。

動画自体は対した編集していないので今日中に終わらせたい・・・という訳で感想記事はお休みです。

喋る猫が住み着いた「とんぬらさん」


3人姉妹三女「一之瀬 五月乃」が拾ってきた猫は人の言葉を理解し、喋ることができる猫「とんぬらさん」

長女の「雛乃」と五月乃は家で飼いたいと言い出し、厳格な母「京乃」を二人と一緒に説得する次女「市乃」

現実的な問題を突きつけられて飼うことを了承してもらえませんが、とんぬらさんのわかる人にはわかる(?)魅力で京乃を魅了させ晴れて市乃たちと一つ屋根のした暮らすことになるとんぬらさん。

しゃべるだけではなく、特に気に入られているのかやたらと、とんぬらさんになつかれている気がする市乃ですが市乃は京乃が飼うことを認めたあともとんぬらさんとの生活はどこか反対。

でも、とんぬらさんのために料理を考えたり、家族として認識しているような一面も見せたり。
まあ、でも基本的に振り回されている気がします(笑)

喋る猫との生活を描いたコメディ漫画。

全9巻

ポテト派でした「スプラトゥーン2」


スプラトゥーン2フェス2
昨日と今日はフェスの開催日、前回のフェスは開催日を勘違いして参加できなかったので今回はしっかりと参加しました。

タイトルにも書きましたが私はポテト派です。

2日間とはいえあまりプレイできませんでした。
これから動画編集してYouTubeに投稿予定。

その内プレイ動画は投稿します。

そんな訳で昨日は記事の更新できていませんでした。
とはいえ、久しぶりにswitchプレイしたなぁ・・・。

ソフトは色々予約して購入しているのに(笑)

相手が好きでも頑固で真面目に・・・「今日のユイコさん」


どこまでも真面目で間違ったことは大嫌いで決めたことは頑として譲らない女子「黒木 ユイコ」

そんな彼女とお付き合いしている男子「多田野 トモヤ」は真面目なユイコにちょっと振り回されがち。
でもそんな彼女の一面も好きな理由なのか校則とか指摘されても素直に従っちゃいます。

時には、それを口実にしてトモヤともっと一緒にいようとして、そんなユイコの気持ちを組めずに彼女のためにと結果的に一緒にいる口実を潰してしまうトモヤ。

そんな二人の学校生活を描いた純愛ラブコメ。
読んでいて微笑ましい感じが印象的な作品でした。

全5巻

落ちぶれたアイドルと売れない女芸人二人一役「O/A」


超売れっ子アイドル「堀内 ゆたか」、ラジオ番組で便意を催してラジオが続けられないピンチに彼女と全く同じ声を持った芸人「田中 はるみ」が代役を務めて難を逃れますが、芸人であるはるかはゆたかの影武者としてラジオに出演していましたがアイドルとは思えない言動で盛り上げてくれますが当然、ゆたかはご立腹(笑)

しかし、ゆたかの所属事務所の社長が夜逃げして多額の借金まで背負って、トップアイドルから一気に失墜。

一方のはるみは明るい正確ではあるが芸人としては全く売れていない様子。

そんな二人がラジオの中でアイドル堀内 ゆたかを二人一役で演じ番組を盛り上げていき、最底辺からまた駆け上がっていく感じのお話。

結構、序盤の話では下ネタが多い感じがしますが気付くと一気に最終巻まで読んじゃいました。

誰にも知られてはならない二人一役のラジオ番組をゆたかとはるみはどう演じきり成長していくのかが読んでいて楽しみな作品。

全7巻

超能力が普通にある世界「私立彩陵高校超能力部」


超能力が世に認められている世界で超能力部に所属する部長の「ヨイチ ミコト」を中心に超能力部の活動を描いた学園コメディ。

たま~に超能力を悪用する人物が登場して悪さをしたりなんていうバトル漫画っぽいところもたまにありますが基本的にはコメディ漫画。

日常漫画に超能力をまんまたした感じです。
10年以上前の作品なんで今だと珍しさにはかけますが楽しめました。

・・・う~ん、とはいえこれ以上書く事が特になかったり(笑)

全7巻

先輩はお仲間?な2巻「ヤンキーショタとオタクおねえさん」


今回はかづ子をライバル視する女子が登場。

龍桜に恋するクラスメイトの「姫野 りんこ」
龍桜くん、クラスの女子には人気あるようです・・・が、クラスの中で彼女がいる疑惑が浮上したことで相手を探す姫野。

そして、早々に姫野に捕まるかづ子(笑)
最初は人を訪ねていただけですがかづ子の回答から龍桜が好きな相手がかづ子である事を悟っちゃいます。

対して年の差ないと思っていたのでしょうがまさか相手が大人だと思わなかった姫野。
最後には勝手に自滅して龍桜の前で恥ずかしい目にあってしまう姫野。

姫野の恋が少しでも花開く時がくるのか気になる所です。

人気者の龍桜。
彼に憧れているクラスメイトも登場「音花 しずか」

名前は女の子っぽくて見た目可愛らしいからか女子みたいとからかわれるけど男子。
男らしい龍桜に憧れているようである日、勇気を振り絞って彼の家に遊びに行くのですがそこでもかづ子は遭遇するのですが、平日の昼間によく小学生と遭遇するかづ子・・・・・・この人、何してんだろう?っと思ってしまいますがオタ活動だけじゃなくてしっかりと社会人として働いています。

男性18名、女性2名の開発会社に勤めていたかづ子。
その中で、かづ子は総務を勤めているようですが、同じ総務の「小泉さん」

挨拶以外は基本的に会話のない二人ですがかづ子はそもそも、営業部の「岬さん」にオタバレしてからかわれています。
理由は休憩中に会社のPCでブラウザゲームやっていたのが岬さんにバレてしまったのが原因みたいですがオタ活とか以前に会社のPCでゲームやったら普通、始末書もんだと思うのですが・・・

ですが、小泉さんもオタク。
かづ子と違ってこちらはしっかりと隠しとおせていたのですがコンビニで岬さんにバレそうになってしまう小泉さん。

かづ子の機転(?)でオタバレせずにすみますが、これがきっかけで少しは小泉さんと仲良くなるのかな?

しかし、かづ子はオタバレとは別の失態を犯してしまいます。
仕事のミスで小泉さんに気遣われて二人で飲みに行きますがその帰りにバスもなくなり父親に迎えに来てもらおうとして電話をしますが間違えて龍桜を読んでしまいます。

突然、好きな人に迎えに来て欲しいと頼まれて全力で迎えに行く龍桜。
深夜の時間帯に小学生を外に連れ出すという大失態です。

大失態ではあっても龍桜にとっては頼られた上にありがとうと言われて、めっちゃ嬉しいみたいです。
しかし、彼はまだ小学生。

この後、めっちゃ親に怒られてしまいます。
本当に悪いのはかづ子なんですけどね(笑)

龍桜くん的にはなんか進展があった2巻でした。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
81位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon