文化祭はメイドと女装の5巻「古見さんはコミュ症です。」


学級委員として大忙しの只野。

教師からクラスメイトから色々と仕事を押し付けられて明らかなキャパオーバーしている気がする只野。
そんな只野に救いの手を差し伸べたのは「尾根峰」

只野がいじめられていると勘違い(?)して助けてくれたみたいですが古見さんとの関係も只野が古見さんに睨まれるのが好きなMな人と思っていたようです(笑)

と、勘違いキャラかと思いきや古見さんの気持ちをすぐに理解しちゃう察しの良さも見せてくれます。
お姉さんキャラというか姉御肌な尾根峰。

そして、5巻のメインは文化祭。

クラスの出し物を決めるだけでも大変。
一部を除いて古見さんが絡んでしまい中々決まりません。

しかし、最後は古見さんがやりたいメイド喫茶であっさりと一択になってしまいます(笑)

そこで新登場のおっとり女子の「尾鶏」が周囲の空気を読まずに古見さんと買い出しに行きます。
周囲が古見さんに仕事をさせるべきではないと思っている中、尾鶏だけ気にしません。

とはいえ、よく知らないクラスメイトと買い出しに行くのに緊張する古見さん。
そんな尾鶏と古見さんに同行する尾根峰。

只野はナイスと思っているのに他のクラスメイトはずるいとか思っています(笑)

しかし、おっとりしている尾鶏さん。
歩くのもとにかく行動が遅い・・・だけではなく結構周りも気にしていない。

買い出し先のホームセンターで突然、姿が消えたかと思いきや社員やバイトの人以外入っちゃいけない場所に気にせず入ろうとしたり古見さんと会話している中で突然、チェーンソーを動かしたりと結構、危なっかしい子です。

そして、文化祭では只野はいつもと違う姿でメイド喫茶で活動することに。

古見さん評価は高そうだけど、妹かドン引きされる只野。
そんな普段と違うからかいつもはうっす~い感じで表紙に出ている彼が今回は初めて顔が描かれています。

メイド姿の普段と違う姿にいつも以上にドキドキしちゃう只野。

古見さんパワーで大盛り上りのメイド喫茶。
クラス発表の最優秀賞になっていたのですが・・・

古見さん5-1
一部生徒(なじみ)の不適切な営利行為により

なじみのせいで最優秀賞が取り消しにされてしまいます(笑)

そんなこんなとありながらも楽しんだ古見さん。
最後はダンスパーティで只野と一緒に踊ります。

しかし、今思うと何故今回のメイド喫茶で只野だけ女装だったのかが謎な5巻でした。
スポンサーサイト

距離感はかれてなくね?「阿波連さんははかれない」


今日もジャンプ+の新規タイトルを紹介。

ちっこくて話し声も聞こえない「阿波連さん」

そんな阿波連さんの隣の席の「ライドウくん」は消しゴムを拾ってあげたことをきっかけに急にめっちゃ接近されます。

しゃべるにしても食事するにしてもベッタリとライドウくんの横にくっついています。
しかし、それでも声が聞き取れない(笑)

阿波連さんは人とのコミュニケーションの距離感が測れない人。
だからちょっとしたきっかけで恋人や親友のような距離感で接近してきます。

ちなみにライドウくんはライドウくんでリアクションはあっても顔に出ないので驚いているのか焦っているのかもわかりづらい。

そんな、距離感のわからない女子と、リアクションが顔に出ない男子の学校生活が描かれています。
とはいえ、さながら恋人同士みたいなやり取りは思わずニヤニヤしてしまいます。

お嬢様が恋した相手は強烈な貧乏人


今日と明日はジャンプ+の新刊を記事にします。

前半となる本日は貧民超人カネナシくん。

本人が貧乏であることと「亀梨」を文字ってカネナシくんと周囲に言われている(なんと先生も読んでいる)カネナシくん。

しかし、貧乏で音痴ということ以外は運動神経も勉強も万能。
ですが、貧乏が故に昼食にカエルを捕まえて調理したり普段ものを食べられないためか時折、カロリー不足で気絶してしまったりも・・・

事故で出血しても服が汚れたことは気にしても自身の怪我は気にしない。
もちろん、貧乏なのでいろんあバイトも掛け持ち。

周囲から見たら貧乏という部分を無視しても相当な変わり者のカネナシくん。

そんなカネナシくんに恋する女子「鶴見さん」は彼とは真逆の富豪の娘。
普通にこだわっている鶴見さんですがカネナシくんが大好きすぎて隠しているつもりが本人以外の周囲にバレバレだしこそこそと彼をストーカーしている残念お嬢様(笑)

貧乏なカネナシくんですけどもちろん、友人もいます。
ヤンキーである「赤西くん」

カネナシくんをからかったりして楽しんでいることも多々ありますがカネナシくんは大体、赤西くんの想像の斜め上をいっている感じがします。

色々と変わっている主人公とヒロインの4コマフルカラー漫画です。

ちなみにジャンプ+だと縦読みですがで新番では横読みですよ。

「ドラクエⅪ」冒険中 その2


記事にしたい漫画が無い訳じゃないけど取り敢えず金曜日はゲームのことを書きたい気分。

そんな訳で今週もドラクエⅪです。
まあ、正直ストーリーがどれくらい進んでいるのかはわかりませんが、取り敢えずパッケージに出ているメンバーは全員仲間になりました。

船も手に入り、ボスも手ごわくなってきたりとしていますが、ストーリーの進行度というのが見れるのですが現在、80でした。
これが100がクリアだとするとだいぶ進んでいることになるのですが・・・・・・だとすると短すぎる!!

まあ、進行度は気になりつつも引き続きプレイは続けていきます。

次回更新時にはどれくらい進んでいるのか・・・?
外出先でもプレイできるとは言えそんなにやっていなかったりなんですよね(笑)

夏休みの後は体育祭!の4巻「古見さんはコミュ症です。」


3巻で夏休みを堪能していた古見さんですが4巻でももう少しだけ夏休みが続きます。

中々に呼ばれて彼女の家に遊びに行く古見さん、夏休みに友達の家で一緒に遊ぶという経験をします。

さらには只野の家に呼ばれて(なじみから)まったく宿題をやっていないなじみに助けを求められます・・・主に宿題を写させて欲しいと(笑)
結局、只野に止められて自力で宿題をする羽目になるなじみ。
何しに只野の家に招集かけたんかわかりません(笑)

とはいえ、コミュ症が故にできなかったことがいっぱいあった古見さんにとっては貴重な夏休み。

そして、2学期に突入して新たなクラスメイト「井中 のこ子」が登場。
すさまじい田舎コンプレックスを抱え、自分が田舎者だとばれると石を投げられると思い、隠しています。

そんな井中も古見さんを神格化している1人。
クラスメイトに大人気である古見さんは井中にとっては理想の女性像なのでしょうか。

なじみに昼食を頼まれて買いに行く古見さんを井中はこっそり後ろからついていきます。
そして、その後ろをさらについていく只野。

古見さんの行動一つ一つに感動する井中ですが実はほぼ井中と同じ反応をしている古見さん。
しかし、その外見から相手が物凄く都合の良い解釈をしてくれます。

古見さんを見習って行動を取る井中にちょっと心配してしまう只野。
買ってはきたけど店員がチョイスした品のため頼んだものと違うものを渡されるなじみ。

古見さんのコミュ力アップはまだまだ大変そうだとわかるエピソードでした。

そして、後半では体育祭が始まります。

生徒なので当然、古見さんも参加しますがそこに現れる1年先輩の「根津野先輩」が登場。
とにかく熱血で相手のテンションとかを温度で例えてくる変わった熱血漢。

古見さんだけではなく他の生徒にもスポットが当たっていた体育祭ですが、只野も意外な大活躍。
障害物リレーでアンカーを務めた只野ですが走り出した時点で順位は最下位。

しかし、古見さんから応援された只野は凄まじいパワーを発揮して3位にまで順位をあげます。

もちろん、古見さんも体育祭で活躍。
特に最後のクラス対抗リレーでは転倒しながらも大健闘します。

可愛いではないカッコいい古見さんが見られました。

さらに今回は中々から古見さんの気持ちを理解しているらしい只野に古見さんの気持ちを読める方法を学びます。
山井も参加して古見さんの気持ちを読み解く対決みたいな感じになっていますが只野のようにはいきません。

伊達に古見さんのコミュ症を理解したわけではないようです。

体育祭では熱くなった古見さんの4巻でした。

夏休みはプールに里帰りにお祭りの3巻「古見さんはコミュ症です。」


4巻の感想書こうと思ったら、2巻までしか書いていなかったようなので今回は3巻。

3巻では夏休みに突入。
わずか1週間で宿題を終わらせるも1週間特にすることもなく夏休みを過ごしてしまう古見さん。

一方で古見さんをどこかに誘おうとしますが緊張したりして中々、携帯に手を伸ばせずにいる只野。

なじみの誘いでプールに行くことになりますが只野も含めて少人数で行くと思っていた古見さんですがどこから情報を掴んだのか山井や他のクラスメイト達もプールにやってきます。

少しばかりはしゃぎすぎて軽い怪我をしてしまったりもしますがめいっぱい楽しんだ古見さん。

さらに今回は古見さんのお父さんも登場。
お母さんと違い無口なところは古見さんそっくり、外見はお母さんでも性格は父親ゆずりかもしれない古見さん。
二人の会話はなんとなくシュール。

そして、夏休みの家族イベントお盆で実家に帰る古見一家。
叔母の「良子」はお母さんと同じくよくしゃべって二人は仲良し。

叔父の「定義」はお父さんと同じく無口で二人は仲良し。
似た者同士で仲が良いのか?

良子と定義の娘、従妹の「晶」は無口じゃないけど恥ずかしがり屋。
最初は緊張して古見さんに接することができない晶ですが古見さんがなんとか頑張って打ち解けることができますが、晶がボートゲームを誘ってOKすると・・・

古見さん3-1
・・・・・・・・・っ、・・・うぐ。

突然、泣き出しちゃう晶。
悲しくて泣いているのではなく嬉し涙です。

そして、祖母「結子」に学校生活を聞かれる古見さん。
孫に友達ができたのが嬉しくて笑顔を見せる結子さん。

でも、男の影が見えると途端に怒る結子さん。
父親じゃないけど可愛い孫を嫁にやらん!ということでしょうか?

最後にはお祭りを堪能する古見さん。

従妹は泣き虫だった(?)3巻でした。

姉弟対決の3巻「14歳とイラストレーター」


姉の彩華に仕事を奪われそうになる悠斗。

しかし、彩華は超がつくほどの弟大好きのブラコン。
弟が大好きな彼女が意味もなく仕事を奪うというのは考えづらいのですが、一応の理由はあります。

クレームの多い作家と知っていた彩華は悠斗がクレームを受け続けてダメになってしまうのではと彼女的には弟を守るために自分が名乗り出ます。

有名なイラストレーターと知られている彩華。
出版社も彼女を起用したいと考えていたりしますが一度、結ばれた契約を簡単には破棄することはできないみたいで・・・

とはいえ、このままだと仕事を奪われてしまう可能性が高い悠斗は姉に守られる必要はないと言わんばかりに彼女に勝負を挑みます。

乃々香に背中を押されつつ自身が描きたものを模索する悠斗。

姉と勝負している一方で、愛澄が悠斗の部屋の近所に引っ越してきます。
わざわざ悠斗の近くに引っ越してくるというあたり彼女なりのアピールなのかもしれません。

そして勝負の後日、隠していた悠斗と彩華が姉弟であることを全国に知れ渡ることになるのですが4巻以降では悠斗の生活にも影響が出そうな気がします。

ブラコンすぎる姉の3巻でした。

「スパイダーマン ホームカミング」観て来ました

20170812.jpg
本日はスパイダーマン ホームカミングを観て来ました。

スパイダーマンも、もう6作目。

シリーズとしては3回目となる本作でしたが面白かった!
性格とか前2シリーズとは違いますが良かったです。

そんな訳で感想はコチラ↓



<関連サイト>
「スパイダーマン ホームカミング」公式サイト
フィルマークス「スパイダーマン ホームカミング」

「ジャンプ展Vol1に行ってきました」

今日は山の日、3連休初日ですが映画観るかジャンプ展に行くかでちょっと悩んでいましたが今日は比較的8月とは思えないくらい涼しかったので六本木のジャンプ展を見に行ってきました。

どの辺かなぁと調べながら行きましたがなんのことはない以前行ってきたNARUTO展と同じ場所でした(笑)

ですが今回はNARUTO展と違って初日には行かなかったので大丈夫と思いつつ、よくよく考えたら今日から3連休だしどうなんだろうと思いましたが涼しい・・・とはいえ天候はあまりよろしくなかったためか人があまり人がいませんでした。

でもちょっと気になったのは修学旅行?なのか中学生くらいの子たちが数人来場していたことです。
今回のジャンプ展は創刊から80年代に連載された作品がピックアップされています。

自分もですが特に10代前半の子たちが知っている作品ってこち亀とかドラゴンボールとかキャプテン翼とか聖闘士星矢とかキン肉マンとか・・・・・・あれ?意外とありそうな気がする(笑)

とはいえ、今回は迷わずに来場できてしかも苦労せず会場を周ることもできました。

で、入口前はこんな感じ
IMG_20170811_114127.jpg

IMG_20170811_114136.jpg

もちろん一部を除いて入場してからのカメラ撮影や録音は禁止ですが
取り敢えずその手前のものはOKです。

そんな訳で・・・
IMG_20170811_114638.jpg

今回もNARUTO展同様に撮影してきました。
NARUTO展の時はガラケーでしたが今回は解像度も高いです(笑)

しかし、ドラゴンボールや北斗の拳はともかくダイの大冒険やサイボーグGちゃんが80年代だとは思いませんでした。
てっきり90年代の作品だと思っていましたが・・・

会場では人気作品の生原稿が展示されています。
ドラゴンボールのファンとしてはドラゴンボールの生原稿が見れたというのは感激です。

もちろんその他にも北斗の拳やキン肉マン、聖闘士星矢、ダイの大冒険、奇面組といった大好きな漫画の複製原稿も展示されています。

その他にも作品に合わせたかのような映像とか遊びがあります。
とくにキン肉マンの顔をキン消しで作ってあるのは凄いですよ!

他にもアニメ放送時とかに発売された作品の音楽カセットやメンコやゲーム等の玩具も展示されています。
物によってはかなり綺麗に保管されていたみたいでスゲー綺麗なものまでありました。

そんな展示を見て、キン肉マンのドンジャラとか昔、家にあったのを思い出します。
・・・今も実家にあるかな?

とはいえ、こち亀やドラゴンボールは70・80年代だけではなく90年代以降も代表する作品。
なんとVol2でも展示されるみたいです。

ゆっくりと会場を回ったあと出口前では一部撮影可能になっていたので撮影してきました。
IMG_20170811_132047.jpg
コチラは次回予告みたいな感じでありました開催が2018年の3月・・・それまで東京で働いているだろうか?(汗)

そのほかには80年代までのジャンプの一部の表紙がピックアップされていました・・・・・・好きな作品が表紙になっていたやつを撮影したのですが滅茶苦茶ピンボケして台無し・・・撮影後ちゃんと撮れていたか確認すれば良かったと少し後悔(涙)

出てからはお土産コーナーです。
今回購入したのはコチラ↓
IMG_20170811_192728.jpg
ジャンプ展Vol1公式図録

IMG_20170811_192746.jpg
ジャンプ展Vol1パンフレット

どちらも作品がジャンプ展で掲載されていた原稿を見ることができます。
もちろん生原稿じゃありません・・・が原稿の状態で掲載されているのでジャンプ展に行ってきた内容を思い出します。
・・・今日行ってきたばかりだけど(笑)

と連休初日をしっかりとジャンプで堪能。
Vol2も楽しみです。

そして、明日は映画を観に行こう・・・観る予定なのはジャンプとは関係ない作品だけど(笑)

変わらぬ気持ちと変化する気持ちの8巻「ゲーマーズ!」


アニメがスタートして1ヶ月経ちましたが、TOKYO MXは受信レベルが低い上に天気が悪いと季節関係なく映らない(一応、安物のブースターもつけてるんですけどね)我が家の環境では中々、視聴できない回があるのですが今はdアニメストアを利用しているので見れなくても気にならなくなりました。

原作と違って実際のゲーム画面を使われるとは思いませんでしたがP4Uとか格ゲーとしてはちょっと古いのではなんて思ってしまう(笑)

そして、原作では7巻ラストで別れを告げられた景太と亜玖璃。

訳も分からず、納得もできないまま恋人関係を解消されてしまった景太ですが花憐に対する気持ちは変わらず。

当然、亜玖璃も祐に対する気持ちは変わりません。

ですが、二人も相手に対する気持ちは変わっていません。
只、景太や千秋達と接してきたことで敢えて別れを告げる決意をしていました。

祐は軽い気持ちで付き合っていたことから本気で亜玖璃に釣り合う男になって、改めて正式に交際したい。

花憐は千秋の景太に対する気持ちを知った上で対等に渡り合って千秋に勝利して改めて景太の彼女になるために。

なので結構、普通に喋るときは喋っています。
そんな中、突然デートをさせられる景太と千秋。

何をすれば良いのか分からず迷走しまくり。

しかし、景太の家に千秋を招くことになるのですが光正は千秋がやってきたことで思わず雄叫びをあげます(笑)
萌えという要素以外ではゲームの趣味趣向が全くそっくりな上にプレイスタイルまでもがそっくりな二人。

協力プレーのゲームでこの上なく楽しみます。
とはいえ、景太が花憐を好きであるという気持ちは変わりません。

ですが、変化は起きていました。
さらにはゲーム同好会メンバーでクリスマス会をやります。

同好会メンバーでのプレゼント交換なのにピンポイントで想い人に渡すプレゼントを購入するメンバー。
しかし、渡したいものが思い通りにはいきません。

散々な結果になるプレゼント交換。
心春と一緒に飲み物の買い出しに行く景太ですが途中の公園で今の景太の恋愛事情に対して質問攻め。

そこで景太が自覚してしまった気持ち。
千秋に対する気持ちが異性に向けているものであると心春に見破られてしまいます。

景太が好きであるはずの心春ですが敢えて、自ら景太が千秋に対する気持ちがわかるように促します。
千秋を忍ばせて・・・
亜玖璃と祐の関係がどのように変わっていくかはわかりませんが景太の方は色々と気持ちが揺れてしまいそうな8巻でした。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
426位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
93位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon