同い年の都会っ子「くまみこ」8巻


昨日は残業が帰りが遅くなり記事を休んでしまいました。

今日はまだマシだったけどしばらくはこんな状況続くのかなぁとか思ったり・・・

と、本日はくまみこ8巻。
一緒にスイカを食べているところを熊出村とは関係のない部外者に見られてしまった。
まちとナツ。

なんとかその場は乗り切りますがその後もしばらく熊出村で生活していた彼にテンパったまちがナツの正体をバラしてしまいます。

そんな、ナツの正体を知った東京からやってきた都会っ子「今井くん」
お父さんを二人で熊出村にやってきました。
最初は緊張しながら会話をしていたまちも徐々にですが打ち解けていきます。

なにせ彼と出会ったのは今回が初めてではないから・・・なんとイオンのエスカレーターで親切にしてもらった青年が今井くんでした。
なんか昭和の少女漫画みたいな展開を見せてくれますがギャグにしか見えないです(笑)
まさかイオンに伏線があったとは思いませんでしたが打ち解けていくまちと今井くんを見たナツは動揺しまくり。

とはいえ、まちと同世代の子は熊出村にはおらず、今回同じ年の子と初めて接することになります。

都会の話に感動するまちはさらに都会への憧れが強くなります。

やがて今井くんを男子として少なからず意識するようになっている感じがしますがお別れは突然やってきます。
親戚の不幸で突如帰ることになった今井くん。

別れを告げることもできずに去っていきましたが二人がまた再開することがあるのかそれともまた熊出村にやってくるのか気になるところ。

今井くんにやきもちイッパイのナツでしたが最後は反省。
でもまた登場した時にはやきもちやくんでしょうね(笑)

都会っ子がやってきた8巻でした。

テストで退部の危機?「ひなこのーと」3巻


アニメも放送開始されましたが皆さんは見れましたか?

ちなみに私は1話目は見れていません。
天気が悪いとテレビの受信が悪くなる我が家の環境(泣)

今回ゆあがテストで赤点を取ってしまいます。
くーやひなこは成績が良いようですがゆあは学業の方はイマイチのようで次のテストでも赤点を取ってしまうと母親に部活を辞めさせられるかもしれないという部員が減ってしまう危機に直面します。

そのため、ゆあの家で勉強を教えることになる、ひな子とくー。

ゆあの家には当然、家族がいるわけで今回、親は登場しませんでしたが妹の「ユズ」と姉の「優花」が登場。
姉妹揃って一文字違いですが妹がカタカナで本人が平仮名で姉が漢字表記ってなんか意味があるのかな?

まあ、名前だけで見分けることができるかも(笑)

しかし、ひな子はマジメに勉強しているようですがくーは教科書丸暗記しているらしいです。
丸暗記だけで演技ができるとは思いませんが脚本家よりも役者の方が合っているのでは?なんて思えてしまいます。

そして、最後にはひみつ先生描き下ろしのアニメ収録レポートが収録。

さらに5月には早くも4巻が発売!

コミックキューン初の30分アニメということもあってかすごい気合が入っている気がします。

勉強する教科を間違えると誰でも惨敗する3巻でした。

告白と終わり?の7巻「ゲーマーズ!」


6巻ラストで景太に告白した千秋。

まあ、結果は言わずもがな・・・というやつですが。

しかし、景太に告白したからといってもお互いの友人であるという関係は変わらずにすんだ千秋でしたが一方でその後の景太と千秋の会話を聞いてしまった花憐・・・千秋の告白は失敗に終わっているのに勘違いしてしまいます。

ですが今回の勘違いは今までの勘違いとは違います。

今回、修学旅行へ行くことになる景太たち。
千秋との会話や景太とのデートで二人と自分の決定的な違いを自覚してしまう花憐。

一方で景太との会話中に景太が取ったある行動にやはり自分と景太の違いを感じる祐。
普段は自分の事をモブキャラと言い放つ景太でしたが、友達のことになると中々、恐い一面をみせます。
まあ、友達のためには欲しかったゲームも諦めて駆けつけるほど友情に熱い男子であることは以前から描写されていましたが、今回はより顕著にそれが現れた感じがしました。

普段は弱々しい景太ですが本気で怒るとチョイ悪程度の不良ではビビっちゃうみたいです。

そして、修学旅行最終日に別々の場所で同じことを景太と亜玖璃に告げる花憐と祐・・・・・・。

今回は勘違いではなく実際に目にして聞いて痛感した思いからの言葉に感じられるのですが次巻でどうなるのでしょうか。

7月にアニメが放送するみたいだから、その前に続きが読みたいですね。

ちなみに今回も光正が登場。
危ない兄への執着っぷりを見せてくれます。

ラストはちょっと重たい7巻でした。

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」プレイ中 その6


今週もどうにか動画を届けることができました。

今回は前回よりもちょっと長めの動画です↓

「スーパーロボット大戦V」プレイ日記 その3


本日、遂に1周目をクリアしました。

年々、DLCを利用しているのも原因ですがお金が貯まりやすくなっていますが、今回は全体に祝福かけられるパーツが登場したもんだからさらにお金が貯まる貯まる(笑)

それが原因ではありませんが今回はラスボスはあまり強くなかったなぁという感じがしました。

そして、シリーズでもっとも笑えちゃう最終話・・・なんというか今回のラスボスはユニークだったなぁと(笑)
だからというわけではありませんが今回は結構楽に倒せちゃいました。

そんなわけで次は2周目。

1周目は男主人公なので今回は女主人公。

来週にはファイアーエムブレムの新作が発売されるから少しでも進めておきたいですね。

たまには一生懸命参加する10巻「となりの関くん」


学校で虫取りやったり机をリフォームしたりする関くん。
そんなリフォームした関くんの机をちょっと欲しかったりする横井さん(笑)

さらにはVRまで始めだします・・・多分、本物じゃないだろうけど。

そして今回は文化祭で怪獣カフェを催すことになる関くんたちのクラス。

珍しく関くんが仕事をしているので安心する横井さんですが、スキを見てなにかをやっている関くん。

物凄いクオリティで怪獣を作り上げていく関くん。
映画の中のキャラクターらしいですがとにかく再現度が高い。

ロボット家族まで巻き込んで怪獣作りをする関くん。ロボット家族が大好きな横井さんは正常な思考ではいられなくなります。

最後には関くんが大号泣することに・・・!!

授業は不真面目でも行事にはマジメに参加する関くん。
珍しく真面目なことをしたのに非道い目にあった関くんの10巻でした。

ボーッとする=ゾーンの完結2巻「金のタマゴ」


ようやく2巻でたと思ったら今回で完結・・・残念です。

先輩の高野に一流のラノベ編集者にしてやると言われ特訓を受けます。
特訓の内容はラノベを読めです。

ひたすら只、1ヶ月間もの間ラノベだけを読み続けることになる珠子。
他の仕事はまったくさせてもらえません!

それでも1ヶ月間ラノベを読み切って新しい指示が高野より降ります。
それは新人賞の選考・・・ラノベを読みます(笑)

また苦行を強いられているかと思いきや、これにはちゃんと高野の思惑があり、珠子の特訓にもなっていました。

とはいえ他の仕事もしたい珠子。
そんな珠子に新しいラノベを読む以外の指示を出す高野。

今度は今やっているアニメを全部見ろというもの。

その後、1巻で打ち切りになってしまった珠子の初担当作を読むことになり改めて面白いと再確認する珠子。

そして、今度は気になる宣伝方法をしているラノベ作品を読めと指示を受けます。

結局、ループしている教育(笑)

2巻で紹介される編集者のゾーン。
やることが特にないと発動するらしいです(笑)

世間からしたら仕事しろ!って言われそうなゾーンです(笑)

そして編集歴2年目にラノベ編集部に新人の「熊谷 恵」が登場。
編集歴4年の彼女は思い切り珠子の先輩。

どういう上の判断かわかりませんがファッション誌の担当からラノベ編集部にやってきたみたいです。
結局、部署のキャリアは上かもしれませんが社員としては先輩の熊谷。

珠子にとっては残念な結末だったようです。

しかし、それでもしっかりと成長していく珠子。

ラストは打ち切り漫画ですとでも言わんばかりの落とし方でしたが最後ということからかハッピーエンドにまとめています。

ほとんど珠子の活躍だったから数真の活躍が見れなかったのは残念。
もう少し長く続けば数真の活躍する場面ももう少し読めたのでしょうけど。

暇だとゾーンに入ってしまう完結2巻でした。

おばあちゃんだってごほうびがほしい6巻「ごほうびごはん」


今回は咲子のおばあちゃんが主役の回があります。

ゲートボール大会で優勝して手に入れたギフトカード5000円で普段はやれないいろんなぶどうの食べ比べを満喫しています。
普段だと贅沢に見えることでも今回は大会で優勝した商品での食べ比べ頑張った自分へのごほうびといったところ、おばあちゃんでもごほうびごはん(?)が欲しいということですね。

今回もある部長のデザートチョイス。
なんか1巻に1話はある気がするけど(笑)
しかも、健康診断でいろいろと言われているようでやはりというかなんというか甘いものばかり食べてはいけないということですね。

さらには新年会後の2次会でいつものメンバーたちでなぜかカラオケに行くことになるのですが、カラオケのフードメニューがメインに取り上げられるかと思いきやそっちよりもカラオケのチョイスが・・・部長が知らない曲は歌えないとばかりに80年代90年代をチョイスして歌う咲子たち・・・思わず部長もAKBは知っているよとか心の中で突っ込んでいます(笑)

そして、今回1番気になったのは本田と滝のレンチン料理。
レンチンではありますがホームベーカリーを購入して三日坊主になってしまった小湊には衝撃。
普段料理しなさ2人だからこその衝撃なんでしょうが、料理の中身も個人的に衝撃。

本田は茶碗蒸し、滝はプリンをレンチンしています。
作り方も結構お手軽で実際に昨日は茶碗蒸し、今日はプリンを作ってみました。

上司とのカラオケは料理よりも曲に気を使う6巻でした。

ホントに手軽にできちゃいます。
どちらもお手軽でしたが特に茶碗蒸しは良かった。

水とめんつゆと卵があれば作れちゃうんだからすごい。

自分で作ってみてめんつゆがもう少しあれば良かったなと思いましたがそれでもまた作ってみたいと思います。

本田と滝の話を聞いてホームベーカリーを使ってみようと思う小湊。
この子が三日坊主で料理が終わらない日が来るのでしょうか?

しかし、小湊兄はすごい。
妹が投げてしまったホームベーカリーで餅を作っちゃうんですから(笑)

「ゴースト・イン・ザ・シェル」観て来ました

20170408-01.jpg
本日は実写版甲殻機動隊の「ゴースト・イン・ザ・シェル」を観て来ました。

劇場での映画鑑賞自体が久しぶり。
DVDでは毎週TSUTAYAで借りて観ているのですが・・・

ですがGWにはまた観たい作品がありそうなので5月まではもうちょっとだけ映画館に足を運ぶかな・・・・・・多分。

そんな訳で感想はコチラ↓
ゴースト・イン・ザ・シェル (2017)

【監督】ルパート・サンダース
【出演】スカーレット・ヨハンソン / ピルウ・アスベック / ビートたけし / ジュリエット・ビノシュ / マイケル・ピット / チン・ハン / ダヌシア・サマル / ラザルス・ラトゥーエル / 泉原豊 / タワンダ・マニモ


★★★★ [80点]「後半にちょっと感動」

前半は刑事ドラマで後半は人間ドラマを観ているようだった。最初のオープニングの映像もすごかったですが後半の真実が語られるシーンは感動、原作が日本の漫画とは言え洋画で感動したのは久しぶり、1口で2度美味しいです。そして、ビートたけしの演技も良かった。まさか一人だけ日本語でしゃべり続けるとは思いませんでした。吹き替え版で観るより字幕版の方が楽しめる気がします。続編があれば観たいなと思わせてくれる作品でした。

Posted by 三日酔い on 2017/04/08 with ぴあ映画生活


<関連サイト>
ゴースト・イン・ザ・シェル公式サイト
ぴあ映画生活「ゴースト・イン・ザ・シェル」

「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」プレイ中 その5


最近はクリアするまで毎週金曜ゼルダの伝説公開したいなとか勝手に思っていますが今週も動画を公開。
今回も動画は1本のみ。

今度の土日は!と言いたいところだけど、土日もあまりプレイできなさそう・・・(泣)

とはいえ、1本ぐらいは公開できるようにしたいですねどうせ対した編集もしないので(笑)

そんな訳で今週のプレイ動画はコチラ↓

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
312位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
67位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon