FC2ブログ

成功率0%、一世一代の17巻「実は私は」


紅本先生とさくらさんのエピソードの後日談から始まる17巻。

さくらと付き合うことになった紅本先生ですが茜がとにかくその事実を認めません。
否定しながらも紅本先生をからかっている姿は結構余裕があるように見えますが・・・

実は私は17-1
ホロっと涙が・・・・・・

いつも構ってくれている紅本先生。
そんな彼女に彼氏ができたら茜は・・・・・・







































実は私は17-2
明里に男出来たら全部ボツではないかぁぁぁぁ!!

今まで紅本先生をからかうための作品が全て台無しに(笑)
そんな茜の告白も笑顔で聞く紅本先生。







































実は私は17-3
ざまぁ(笑)







































実は私は17-4

二人の笑顔・・・血は薄いとは言え血は争えないのか・・・笑顔がそっくり(笑)
今後のさくらと紅本先生の進展も楽しみですね。

ですが17巻の主役は岡。

彼らが高校3年生であることを感じ取れるみかんの就活の内定。
しかも彼女の就職先は地元ではなく実家から通える場所でもありません。
つまりは卒業後みかんは黒峰と幼い頃から過ごした町から離れてしまいます。

みかんに何もしてあげられない黒峰。
みかん達の現場を見てしまった岡。

そんな岡にも秘密がありました。
実は人の心を読むことができていた岡。
高校入学後には少しづつその力は弱くなっていったようですが人の心が普通に読めていた中学時代に出会った嘘が付けない黒峰と思ったことをそのまま言ってしまうみかんはいつの間にか心の許せる相手へとなっていき、そしてみかんへの恋が生まれてきたようです。

しかし、みかんが好きな相手は黒峰である事を知っている岡はみかんの近況が分かっていても普段通りに接してしまいます。
そして、自分の恋を諦めようと自分に好意を持っている鳴と付き合うことにします。

ですが・・・

実は私は17-5
兄ちゃんよりわかりやすいんで・・・・・・!!

みかんへの未練タラタラなのがバレバレでした(笑)

みかんを忘れるために利用していた鳴に励まされ岡は一世一代の勝負を仕掛けます。

もちろん、岡自身がわかっていたことでしたが彼の大告白は失敗します。
ですが、今までクールに装っていた岡がこれまでにないくらいスッキリしたいい笑顔になっています。

スッキリしたのかその後の岡は言いたい放題、みかんへの思いの丈が止まりません。

実は私は17-6
さすがにちょっと引くなーー!!

イケメンの岡ですが流石に引かれていました(笑)
嶋にも引かれていた岡はその嶋に教室でモノマネをされて・・・

















































実は私は17-7

岡がガンバった17巻でした(笑)

そこにおっぱいがある限り完結4巻「おっぱ部!」


4巻で最終巻、ということで3巻から始まったビーチクバレーも決着!

決勝で対決する陽介、夕姫ペア対大地、海ペア。
予知能力とも言えるほどの直感を持っている大地に苦戦します。
が、夕姫の一声で予知能力すらも上回る能力を発揮する陽介。

なんか脱衣バレーなのにものすごく爽やかです。
しかし、どんなに爽やかでも動機はおっぱいです(笑)

バレー対決で終わってしまうかと思いましたがその後、ちゃんと学園生活に戻ります。
最終巻では風華の妹「愛華」が見学会に参加するために大好きな姉の学校へ訪れます・・・が、
そこへ現れた陽介たちおっぱい部の面々によって恐ろしいハメに!!

夕姫たちは当たり前にツッ込んでますが普通の女子達には立派な変態です(笑)
もうちょっと活躍する姿が見たかったですね。

ちなみに見た目は風華の方が妹に見えます(笑)
しかし、陽介を自分の彼氏と偽っている風華、事実がバレたら妹さんガッカリでは?

そして、今回もう一人新たな人物が登場。
「リチャード・パラケルスス」、陽介が大好きなクランシアの父親です。
メインヒロインである夕姫の父親ではなくクランシアの父親が登場。

なんと陽介はリチャードに説得されてクランシアと共にイギリスへ行ってしまいます。

突然、いなくなった陽介。
キャンパスのように陽介を扱っていた夕姫ですが陽介がいなくなったことで初めて自分が恋していることに気づきます。

しかし、どんな時でも陽介のおっぱい愛は変わりません。
最後に春を向かえて進級している陽介達ですがおっぱい部に新入部員が入部することはあるのでしょうか?

とか思いつつも最後までオッパイネタで走り続けた完結4巻でした。

夕姫をかけてビーチ○バレー大会の3巻「おっぱ部!」


2巻ラストでうさぎ先生が拉致されたことを知った陽介ですが、その拉致した相手はイケメンでオタクの「伊達 北斗」によるものでした。
秘密結社 おっぱい同盟の総帥である彼がうさぎ先生をさらったのは彼女のファンだからでした登場時は男向けのエロ同人を描いていた彼女もいつの間にかBL作品が大半になっていたことによる不満から起きたことでした。

うさぎ先生を助け出すために動くおっぱい部メンバーでしたが北斗の強さの前に海斗たちは手も足も出ず・・・
しかし、そこへ遅れて駆けつけてきた陽介。うさぎ先生の作品を熟知していた陽介・・・・・・なんかこのまま解決するのでは?
というところで・・・・・・

おっぱ部3-1
やおい系の本の主人公って

元凶(?)がいたことを知り北斗は激怒!!
そんな怒り狂う北斗を陽介は持ち前のおっぱい愛で説得します。
最後にはうさぎ先生から嬉しい言葉を聞き北斗は去っていきます。

そして、後半は合宿へと向かうおっぱい部。
そこで西のおっぱい部、英二たちと再会。
どんな合宿になるのか思っている矢先に「島津 大地」という男と陽介は出会います。

嫁探しの旅に出ていた大地は夕姫に理想のおっぱいを見出し、夕姫に告白しますが・・・あっさりと断られてしまいます(笑)

しかし、夕姫を諦めきれない大地はビーチ大会で夕姫をかけて陽介と対決するために参加します。
ですがこの大会はビーチバレーではなく・・・・・・







































おっぱ部3-2
ビーチクバレー大会でした(笑)

陽介は夕姫と大地は妹の「海」と参加します。
さらに英二は巴と海斗は涼子と参加、4組とも順調に勝ち進んでいきます。

最後には海斗、涼子ペアと英二、巴ペアの激戦で終わります。

次巻4巻は最終巻。
果たして夕姫は大地の嫁になってしまうのでしょうか?

という訳でおっぱ部!3巻の感想でした。

胸に詰まってるのは脂肪じゃない俺たちの・・・2巻「おっぱ部!」


生徒会長の涼子が夢を語るところから始まる2巻。

実は魔法少女になりたかったという涼子・・・・・・しかし最近まで魔法が使えず魔法少女になれないことを知ってしまい、さらに彼女が好きだった魔法少女のアニメのリメイクのオーディションにも参加しますが、オーディンではなく就職に合格してしまいます(笑)そんな話を聞いた陽介は彼女の偽りの姿を見抜いていました。

そして、彼女の胸に詰まっているのは夢の塊とか言い出す陽介。
その言葉で遂に吹っ切れて自らおっぱい部への入部を希望。

今回は陽介にライバルが登場。
商店街のおっぱい祭りを楽しんでいた陽介たちおっぱい部の元へ現れた男「服部 英二」
彼もまた在学する浪速乳先高校でおっぱい部を設立した男。

バストサイズを当てる利きおっぱいで対決。
互角の勝負を見せていましたが最後の勝負で夕姫がお祭りの最中に胸が大きくなっていたことに気づかなかった陽介は敗北してしまいます。

そして、リベンジのために彼はおっぱいの師匠である祖父「白井 源介」の元へ訪れ奥義おっ波動拳を習得し英二に見事リベンジを果たします。

リベンジのために即、祖父の元へ訪れたり英二の通う学校へ訪れたりとアグレッシブな行動を見せる陽介ですが、
英二のリベンジを果たした帰り道・・・おっぱい部顧問である、龍崎からうさぎ先生がさらわれてしまったことを知らされます。

まさか人が誘拐されるとは思いませんでしたがその続きは3巻へと続きます。

おっぱいには夢の塊が詰まっていた2巻でした。

おっぱい大好き!!「おっぱ部! 私立双子山高校おっぱい部ものがたり」


おっぱ部・・・・・・久しぶりにおバカなタイトルを見た気がします(笑)

おっぱいが大好きな男子「白井 陽介」が同志である「細井」、「太田」と共におっぱい部を設立させるために部員集めを始めます。
おっぱいを愛する者たちのための部活・・・・・・そんな部活を生徒会は許してくれるはずもなく簡単には設立できませんが理想のおっぱいをしている女子「絵崎 夕姫」と出会い、美術部である彼女に自分の体をキャンパス代わりにすることでおっぱい部にも入部してもらうことに成功。

それをきっかけに新しい部員や顧問まで入っていきます。

名前の割にエロさは少なめですがラブコメ(?)・・・とはちょっと言いかねますがコメディとして普通に面白い作品でした。

全4巻

次回は2巻の感想を・・・あ、2巻以降の感想はタイトルが長いので「おっぱ部!」のみで書きます。

「スーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズ」ピクチャードラマ感想


今回はスーパーロボット大戦OG ムーン・デュエラーズの感想・・・ではなく初回限定盤に同梱されているピクチャードラマの感想。
ゲームは進めてはいますがもう少し進行してから書こうかなと思っています。

まあ、最初は音だけのドラマCDでいいんじゃないの?とか思っていましたが実際に再生すると凄い綺麗なイラストで展開されて楽しめました。4話+1話形式の内容。

エクセレンの誘いで浜辺での休暇を堪能するショウコやクスハたち。
海で突如現れた一匹の犬によってちょっとHなハプニングが起きたり露天風呂で語ったり、部屋でエクセレン特性のボードゲームを楽しんだり(?)な内容。

普段はあまり描かれないエクセレンたちの休日が収録された全4話。

そして、最後はゼンガーが主役の物語。
このエピソードについては恐らく第2次スーパーロボット大戦OGのその後のようですがこの辺りのエピソードは本編で語られるのか気になるところ。

今作で初登場するハーケン・ブロウニングがいる世界に何故いたか・・・は気になります。DSで発売されていた無限のフロンティアで語られているのかな?プレイしていないからわからない・・・・・・

とはいえ、このエピソードから何故、ハーケンが登場するのかも察しがつくようになっています。
本作だけにとうじょうするのかな?

と、その辺は本編のプレイ感想で書ければと思います。
そんな訳でピクチャードラマの感想でした。

「初音ミク Project DIVA Future Tone」感想2

Future Tone

約1週間ぶりですが
初音ミク Project DIVA Future Tone160703-01

トロフィーを全て獲得しました。
DIVA Xに比べたらテクニック的なものが要求されるよう条件のトロフィーがなかったのでまあ、獲得自体は難しくなかったです。
各追加コンテンツ分のトロフィーでPVを39曲視聴するというのとPVのスクリーンショットを39曲分撮るというのが大変でした。
なにせ2つの追加コンテンツで同じ条件なので合計78曲、視聴です。たまにならともかくトロフィーのためにということで視聴していたので時間もかかるしと、とにかく大変。しかも同時に取れないのかPV39曲見終わってもスクリーンショットが取れずにもう1曲・・・と、結果的に80曲視聴です。

取り敢えず今回プレイした難易度はノーマルと一部ハード(ノーマルでプレイできない曲はハードでプレイしました)でプレイ。ノーマルでも今作は難しく感じました。携帯版と違ってアーケード版は同時押しが大変。ボタン2つと3つが大変でしたが特に3つ同時押しが大変。4つ同時押しはシンプル親指一つで同時押しできるので簡単でしたが、2つ押しは△と×ボタン同時押しとか□と○とか指一つで同時押しできないのが大変。頭で分かっていてもうまく押せないことがちょくちょく・・・そこに更にボタンが1つ追加された3つ同時押し・・・厳しィーーーっ!!(泣)

とはいえ、クリアだけならできるんです、クリアだけなら・・・パーフェクトが中々出ないというだけです。
それでも少しは出たので今回はPS4のshare機能を堪能してみました。

ですが本作は音ゲー。
作曲者への著作権の問題が絡むためかプレイ動画を投稿できても実は歌は聴けません。
プレイ中のリズム音だけというただ見ているだけだと少し寂しい感じもする動画になってしまいます。

まあ、それでも途中からパーフェクトを取れた曲は積極的に投稿しましたが(笑)
そして、一通り曲をプレイしてから挑戦したのはサバイバルモード。

LIFEを維持しながら連続で曲をクリアしていくモードですがDIVA Xのメドレーをやっている印象もあって曲が変わる事にロードする時間があるのは残念な点ですが面白い。たくさん曲があるのだからそこからランダムで選曲されるようなモードも欲しいですね。

トロフィーは一通り獲得できたので次はハード以上の難易度やサバイバルモードを楽しんでいこうと思います。

最後に投稿した動画をちょこっとだけ載せます。
ボタンを押した時になるリズム音とPVをお楽しみください(笑)





告白されて追いかけてな20巻「げんしけん」


斑目ハーレムもようやく終わりに近づいてきました。
20巻では波戸とスーとデートする斑目。

今回のデートでスーが遂に告白。まあ、分かりやすい態度で接してきていたスーなのでようやく認めたという感じですがスーなりに一歩前進なのでしょうか。

斑目最後のデートの相手は波戸。
ですが波戸は今回大変です。

笹原妹に矢島が波戸に好意を持っていることを告げられて斑目とは別の進展。
自分の好意がバレてしまっても、班目への恋を後押しする矢島。
矢島の後押しのおかげか波戸も思いの丈を斑目にぶつけていた印象があります。

そんなデートも終わり、ようやく斑目に決断の時が訪れますが・・・

ここに来てまた、ヘタレた行動を見せてくれます(笑)

ヘタレた行動に吉武にキレられてしまうd斑目でしたがそれでもホンの少し先延ばしになっただけにすぎません。

班目と付き合う人について色々と考えていく中で遂に斑目自ら決断したようで、物凄いいいところで20巻は終了。
次巻で遂に斑目ハーレム完結か?な20巻でした。

営業妨害開始の4巻「燐寸少女」


今回新たな新キャラ消灯会の「ワン」が登場。相手の思い出を忘れさせるようで、本人も忘れっぽい(笑)

しかし、名前を忘れていても恨みは忘れていないようでリンに対して恨みがあるようです。
彼女に対して営業妨害をするとまで告げています。

とはいえ今回、妨害らしい妨害は見られませんでしたが今後、どんな風に妨害してくるのでしょうか?

そんな訳で今回もマッチによる妄想が展開されるのですが殺人事件を解決しようとする探偵のエピソードはマッチの使い方が非道かった。

名探偵ではなく迷探偵の間違えではと思える程です。
妄想燐寸で本来犯人では無い人間を犯人と思わせてやってもいない犯行を自白させるという行為は非道すぎる。
本人は自覚ないのかもしれませんが・・・・・・

しかもこの話はここで終わりません。
その後の犯人にされてしまった男のエピソードへと続いてきます。
25年間、刑務所で過ごすハメになってしまった彼は妄想燐寸で40年前にタイムスリップして見た目も変えて自分がいた現代の人気漫画を真似て漫画家デビューを果たして成功者になろうと企てます。

漫画家デビューはするものの都合よくことは運びません。
本人の思惑通りにいかず困惑する中、彼と同じように夢を追いかけている青年によって救われるのですがこちらのエピソードも別のエピソードに繋がっていました。彼が不意にした25年を取り戻せたのかはわかりませんが一応、救われるようなエピソードがあってよかったです。

最後はある国の青年のエピソード。
リンは出てきませんがここでワンが再び登場。

特に相手の思い出を忘れさせるわけではありませんがここに彼がリンを恨む原因を少しだけ見ることができます。
国民に暴君と言われていた父親が突然、亡くなっていたことを告げられた王子。

体が弱いことを嘆いていた彼は彼の前に現れたリンに差し出された妄想燐寸で自らの体を不老不死にしてしまいます。
現実の時間は経過していきますが彼だけは常に父親が亡くなる前日に体や記憶が戻ってしまうようになってしまいます。

そのためどんなに大怪我を負っても翌日には元の体に戻りその日の記憶も失ってしまいます。
そんな彼を自分と同じ運命を持ってしまったと言うワン。

忘れっぽいという点は少し似ています。
彼も妄想燐寸で何か願いを叶えてしまったということでしょうか?今後の展開が気になる所です。

本編はここで終わりますが、今回は読み切り版の燐寸少女、本家版と元祖版が収録。
元祖版は漫画というよりちょっとホラーな絵本って感じがしますけど本家版も元祖版も読み切りのリンはちょっと恐い感じですね。

そんな訳でワンの営業妨害が気になる4巻でした。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
370位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
78位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon