FC2ブログ

天国へ手紙を届けます「ポプラの秋」試写会

ポプラの秋150908
本日は「ポプラの秋」試写会に行ってきました。
舞台挨拶付きの試写会でした。舞台挨拶の中身は記事のリンクを貼っておきます。

感想は後日。

※2015/09/09 追記
ポプラの秋 (2015)

【監督】大森研一
【出演】本田望結 / 中村玉緒 / 大塚寧々 / 村川絵梨 / 藤田朋子 / 宮川一郎太 / 山口いづみ / 内藤剛志 / 伊澤柾樹 / 清塚信也 / 松本蘭 / 真木恵未 / 室龍規


★★★★ [80点]「今でも伝わる手書きだからこそのメッセージ」

試写会で観てきました。

手紙って今では珍しい感じがしてしまいましたが携帯やパソコンで打ったメールではなく手書きだからこそ、手紙を読み上げているシーンは言葉に重みを与えている感じがしました。

死んでしまった人達へ手紙を送るというポプラ荘のおばあさん。最後にその活動の成果が見れますが、そこにちょっとした感動を覚えました。

正直、ポプラの木が話に絡んでくるのかなと思っていましたがそんなことはなくですが度々写りこんでくるポプラの木がポプラ荘での活動の中心に見えたりと語られることは無くとも存在感が出ていました。

主人公の千明とその母親との間に何かあったような描写が観られましたがその辺をもう少し掘り下げて欲しかったなぁと思いました。

ジワリと泣ける映画かと。


Posted by furiruwark on 2015/09/09 with ぴあ映画生活




<関連サイト>
ポプラの秋 公式サイト
本田望結 初主演映画で中村玉緒と共演「大切な時間過ごした」
映画初主演の本田望結、流ちょうな中国語を披露!「いまだに覚えている」
本田望結 飛騨高山での撮影の思い出は「飛騨牛カレー」
本田望結「心に染みた」65歳差中村玉緒の勝新話

新たなメデューサ症候群登場の2巻「温泉街のメデューサ」


今回もページちょっと少なめの2巻。

加賀地の頭のヘビに触ると金運アップすると思い込んで加賀地の頭の蛇に触ろうとする軽音部の「金子 富亜」
そんなデマが広まり(主に金子が原因)加賀地は不動と共に逃げます。

そして、加賀地の頭のヘビに一番最初に触る約束を取り付けます。
加賀地のために不動がとった行動は・・・・・・

温泉街のメデューサ2-1
ガッシャアアンと窓ガラスを生徒たちの注目を集めてから割ります。
まあ、俺より先に加賀地の頭のヘビに触ったらこうなるぞという脅しですね。

温泉街のメデューサ2-2
一切の躊躇なく取った不動の行動に菅を含め他の生徒も青ざめます。一切ブレがありません。

自分のためにやってくれたことに加賀地はさらに心ときめかせてしまいますがそんな不動にキッツイ一言を浴びせられます。

温泉街のメデューサ2-3
加賀地さん















































温泉街のメデューサ2-4
太ったね

加賀地個人にではなく頭のヘビに言ったことですが自分の体周りが太ったと勘違い(体重計に乗れば当然、体重は増えています・・・頭の増量分(笑))してダイエットをします。まあちゃんとヘビは痩せますが。

不動の正直さはヘビにだけではありません。加賀地の手作りのお菓子でも

温泉街のメデューサ2-5
すっごくおいふィよ
この後、とにかく加賀地を褒め殺します。

今回は加賀地の文通友達で彼女と同じメデューサ症候群の子が登場。

温泉街のメデューサ2-6
「瀧沢 七都」頭に一匹のヘビが確かにいます。

人見知りな加賀地とは真逆とも言える性格。今後も登場するのでしょうか?
遊びに来た瀧沢と行動する加賀地と不動、菅ですがそこで加賀地のヘビに乗っかった桜を取ろうとした菅に対して不動の様子が変わります。

温泉街のメデューサ2-7
テメェいつまで怒ってるつもりだ

温泉街のメデューサ2-8
? 怒ってないよ?

この顔で怒ってないと言われても説得力ありません(笑)
彼は自分が怒っていることを自覚していません。今まで怒ったことがないためか自分の感情を理解していない不動。
そういえば、全校生徒に脅しかけた時も怒った表情は一切見せていません。

しかし、加賀地がヘビに触らせてあげると言うと・・・・・・








































温泉街のメデューサ2-9
うん!!!!

これまた今まで見せたことのない満面の笑顔ですが手で頭のヘビに触ってくると思っていた加賀地。










































温泉街のメデューサ2-10
すりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすりすり

思い切り頬ずりします。こんな触り方をされるとは思わなかった加賀地。

そして、3巻では2年生になる加賀地と不動。

不動、とことんヘビが好きなんだなぁと思わされた2巻でした。

幼き頃から秘めた決意「NARUTO イタチ真伝【光明篇】」


小説版NARUTOの新シリーズ「真伝シリーズ」の第1弾。

今回はイタチの幼少時代。戦争を知り、忍びなり暗部に入るまでの話。
原作でもイタチの過去は描かれていましたが、より詳細に書かれているイタチの過去編という感じになっています。

わずか4歳で明確な目標を持ち忍びとしての鍛錬を積んでいくイタチ。戦争をなくすためには忍という存在が不要と考えたイタチは忍を世の中から無くすために誰よりも強くなろうと鍛錬に励んでいます。わずか1年でアカデミーを卒業したり3人1組での参加が原則の中人試験をたった一人で受け、見事に合格したりと子供の頃から忍びとしての才能を開花させています。

ナルトやサスケがアカデミーを卒業する年頃にはすでに過酷な任務の中で生きていたイタチ。
彼の忍びとしての凄さが伝わります。

うちは一族初の火影を目指すイタチ。順調にキャリアを積んでいくイタチですが、物語後半には暗雲が立ち込めていきます。

暗夜篇ではどのような運命がイタチを待ち受けているのか気になった1冊でした。

想いを歌で!声で!!「心が叫びたがってるんだ。」試写会 その2

心が叫びたがってるんだ-1
先日観てきた「心が叫びたがってるんだ。」試写会の感想です。↓

心が叫びたがってるんだ。 (2015)

【監督】長井龍雪
【出演】


★★★★☆ [90点]「青春の1ページ」

試写会を都内某所で観てきました。

ストレートな青春ストーリー。交流会のために使われる曲は曲のタイトルを知らなくても一度は聞いたことのある曲ばかりなので作品に入り込みやすいです。

歌を通して気持ちを伝えようとする姿に感動。

大切な人に本当の気持ちをぶつけたい、そんな気持ちが作品を通して伝わってきます。

ラストは思わず微笑んでしまい正に青春という感じでした。

卵というキャラを通して文字通り(心の)殻を破っていくお話でした。


Posted by furiruwark on 2015/09/05 with ぴあ映画生活

想いを歌で!声で!!「心が叫びたがってるんだ。」試写会

心が叫びたがってるんだ-1
本日は「心が叫びたがってるんだ。」の試写会に行ってきました。
試写会場は初めての場所だったのでちょっと迷うかなぁと思いましたが意外と早く到着できて一安心。
試写上映前に上映場所は言わないで欲しいとのことでしたのでまあ、上映場所は都内某所です(笑)

感動できる良い映画でした。

感想はまた後日。

<関連サイト>
心が叫びたがってるんだ。公式サイト

今回は予告編の動画も貼り付けてみました。




新雑誌の感想「コミックキューン」


アライブ雑誌内で掲載されていたコミックキューンが独立して先月から創刊されました。

まあ、アライブで掲載されていた頃から将来的には独立するんだろうなぁとは思っていましたが・・・・・・

・・・見事にやられました。

買う予定なんてなかったのに、キュート内で面白いと思った漫画を読んでしまったら続きが気になる!!
そうしたらもう購入するしかないじゃないですか?

新連載とかも気になるし。そういうわけでようやく読み終えたのですが
4コマ雑誌としてはちょっとボリュームが多めのタイトル数とお値段。値段はよく目にする4コマ雑誌のタイトル数と比べるとお手頃にも感じます。

新創刊でアニメ化が決まった作品を報告したり単行本を発売したりできるのはアライブ内で掲載されていたという、ちょっと特殊な環境ならではですね。

アライブ内キューンで掲載されていた頃から気に入っていた作品もありますが他にも新連載でも面白い作品はありました。
てな訳で移籍、新連載を含めて簡単にですが特に面白かった作品を・・・・・・(あくまで個人的主観で)

キューン150903-1
ポポポのお姉さん

キューン150903-2
俺んちのメイドさん

キューン150903-3
わたしのご主人様は人間じゃない気がする

キューン150903-4
にゃんこデイズ

キューン150903-5
龍宮寺さん家の悪魔ちゃん

キューン150903-6
ギャルとオタクはわかりあえない。

キューン150903-7
放課後の先生

キューン150903-8
ぺたがーる

キューン150903-9
おふれこタイムス

キューン150903-10
むしとりニスタ

まだまだ面白い作品はありましたが特に楽しめたのはこんな感じかなと・・・。
そして、読み始めると続きが気になって来月号を買いたくなってしまいます。

まあ、買うんだろうけど・・・(笑)

<関連サイト>
コミックキューン 公式サイト

アニメ化!!・・・・・・もいいことばかりではない?2巻「妹さえいればいい。」


先日の1巻から早々に2巻の感想です。
といっても発売から結構経っていますが・・・・・・

2巻では伊月のラノベ作家としての活動が中心になっています。だけど、やはり2巻でもトンデモ妹を作り出したりして妹キチガ○は相変わらずです。もはや人語ですらなかったけど(笑)

しかし、中々新刊が進まずに四苦八苦。挙句には担当の土岐にどう言い逃れしようかと考えながら逃げる始末。しかし土岐に見つかってしまいます。なぜなら、伊月を追跡できるように彼のスマホをいじったから。
犯罪だぞと抗議する伊月に対する土岐の返答はまさに問答無用。

本を出すためなら時には犯罪すら厭わない それが編集者だ

とんでもない事を言われてカンヅメにされ本を書き上げさせられる伊月。まあできなかった伊月が悪いんですけど、こんなやり取りは3巻以降でも見れるのでしょうか。

2巻でもTRPGをプレイする伊月達。取り敢えず、TRPGの中の物語としては一区切りついたようですがこちらも3巻以降でも続きの物語が見れるのか気になる所。

そして、今回は伊月の作家仲間である春斗の作品が遂に放送日を迎えます。
しかし、この作品アニメ化=ハッピーとはいかせてくれません。散々宣伝をしていた春斗に残酷な現実を突きつけます。

そんなアニメに凹まされた春斗ですが彼と一緒に涙し悲しみを共感してくれる京。京の涙に伊月も春斗も驚く中、彼女が一緒に泣いてくれている理由を知っている那由多だけは驚きません。

後日、伊月が春斗を連れて秋葉へ出向き、アニメがアレでもお前の作品は人気あるということを見せて慰めようとしますが同時に発売された自分の新刊との売れ行きの差を見せつけられ逆に春斗に慰められる伊月(泣)

最後に春斗から京に関する質問を伊月に投げかけて終了。そりゃあ、自分のためにあれだけ泣いてくれたら心動かされるよねと思わずにはいられない2巻でした。

妹がいないのに妹キチ○イ「妹さえいればいい。」


僕は友達が少ないの平坂先生最新作。買おうかどうかと悩んでいましたが結局、購入。

今作の主人公はラノベ作家の「羽島 伊月」20歳とラノベの主人公にしてはちょっと年齢高めかなと思いましたがそんなことがどうでもいいと思えるほどキャラが濃いです。

常に妹が登場する作品を描いている伊月。1巻の初めからインパクトある描写で担当編集の「土岐 健次郎」が彼に対して妹キ○ガイと言わせる程。

今回は平坂先生の視点で物語が書かれているのも特徴的です。今回は実名でラノベタイトルやミュージシャンの名前を上げていますが歌詞は書きません。理由はJASRACにお金を払いたくないから・・・・・・この理由って本編と関係ない平坂先生個人の理由にしか思えません(笑)

今作の物語でもヒロインは重要なポジションって感じがします。伊月の義弟「羽島 千尋」彼が義兄の伊月に隠しているあることが重要な伏線になっている・・・のかな?読者には早々とネタばらしされますが伊月はその事実を知らないまま。
千尋が伊月の義弟ではなく義妹
千尋が隠しているこの事実が判明したら二人の関係がどのように変わるのかも気になる所。

とはいえ伊月の作家としての活動内容が読みどころ。寒いからと、沖縄に行ったり戻ってきてからこれまた唐突に北海道に行ったりなんかしています。

他にもTRPGをやったり、色々なビールが紹介されたりと学園生活のはがないでは書けなかったような内容が盛りだくさん。平坂先生自身の趣味も作品に描いている感じがします。

明日は2巻の感想を。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
93位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon