進撃の実写後編「進撃の巨人」

進撃の巨人150801
本日は進撃の巨人後編を観てきました。

感想はコチラ↓・・・・・・今回は評価低めで書いています。
進撃の巨人 ATTACK ON TITAN エンド オブ ザ ワールド (2015)

【監督】樋口真嗣
【出演】三浦春馬 / 長谷川博己 / 水原希子 / 本郷奏多 / 三浦貴大 / 桜庭ななみ / 松尾諭 / 渡部秀 / 水崎綾女 / 武田梨奈 / 石原さとみ / ピエール瀧 / 國村隼


★★★ [60点]「怒涛の展開だったけど・・・」

前編ラストと予告は気になったので観に来ましたが。前編に比べるとパワーがない感じでした。前編ラストの特撮を観ているとどうしても今回は見劣りしてしまっている感が否めません。

怒涛の展開で一気に話が進んでいきますがその過程で発生した伏線や前編での伏線の回収が雑というかわかり易すぎてシリアスシーンでも笑えてしまいます。さらに重要な伏線はあまりハッキリしない状態でスッキリしません。原作漫画の実写化で独自の設定のように思えましたがちゃんとハッキリして欲しかった。

最後のシーンは割と良かった・・・・・・のにエンディング後の映像は余計。完結編なのとグロくてもホラー映画じゃないんだからホラー映画みたいな落とし方はどうかと・・・

悪い所が目立ちましたが良いところはエレンが原作以上に立体機動装置を使っていたところかな・・・

スタッフロールに入ったら早々に席を立つのがオススメです。


Posted by furiruwark on 2015/09/19 with ぴあ映画生活

衝撃の事実が判明した完結2巻「にゃん天堂」


中々、2巻出ないなぁと思ってAmazonで調べたら発売されていた、しかも最終巻。ちょっと・・・いや、かなり残念。

とはいえ今回もおかしなゲームを作り続けます。

ラジコンを使ったレースゲーム。ジャンルだけならそれほど珍しくないのにカミナリがラジコンではなく操作している人に落ちてスピードが落ちたり、相手のラジコンにぶつかると恐いおじさんに説教されて順位を落としたり、電池交換はミニゲームで行うとかおかしな展開が待っています。

格ゲーだって負けてません。なぜか主婦がメインで戦う格ゲーを制作します。
しかもダイエット主婦とかパート主婦なんて普通の主婦が登場している中、人間の体を求めてさまよっているメカ主婦なんてのも登場。バトル前の会話もシュールすぎて時にはお子様向けとはとても言えない内容もあったり(笑)

しかも完成後にゲーム大会を開き優勝者が次のゲームのジャンルを決める権利が得られるという優勝商品を社長に黙って決めて(しかも社長が負けたあとに発覚)その次のジャンルが焼肉ゲームという題材から焼肉の音ゲーを制作します。
そしてここでも、音ゲーなのにミニゲームが登場します。しかも音ゲーのプレイ中で選択メニューで選ぶとかではありません(笑)

最後はにゃん天堂が大ヒットさせたゲーム「激ネコ英雄伝」の続編2を制作。
もうこの辺はギャグよりも普通に真面目な展開が多くなっていきます。それだけメンバーも今まで以上に真剣に制作に取り組んでいるということなのですが、この激ネコ英雄伝2の制作で何故、にゃん天堂が次世代機を出せなくなったのか?というのが判明します。

なんというか当時、社内のアイドル的存在が社長にラブレターを渡したことから始まってしかも、そのラブレターを渡した相手が・・・今の社長の奥さん(笑)
年月の流れという恐怖を知ったみすずさん(笑)

ほんのりと感動するラストで完結しますが・・・最後は連載前に掲載されていた読み切り版も収録。
スーツ姿の新一も斬新ですが奇抜なアイデアは変わりません(笑)

2巻で完結は非常に残念ですが最後まで斬新なゲームを作り続けた完結巻でした。

一方その頃がわかる14巻「はたらく魔王さま!」


今回は雑誌に収録された短編をまとめた短編集でした。

芦屋の普段の苦労っぷりや高い主婦力を持っていることが明かされるエピソードがある中で。

真奥のバイト先の上司、木崎がメインのエピソードも。木崎のライバルというか犬猿の仲とも言えるような人物「田中 姫子」が登場します。彼女との因縁ともいえる過去が明らかになりそして、木崎の持つ夢の延長線上に真奥という人物が欠かせない存在となっています。このエピソードは本編にもつながるのかちょっと気になるところ。
そして、このエピソードにはもう一人の人物が登場します。
「水島 由姫」アニメで登場した彼女が原作に逆輸入されています。流石に今回のエピソード程、顔を出す機会はないかもしれませんが二人共また登場してほしいですね。

もう一つは恵美と千穂が1巻のお話後のエピソードも収録。
魔王と勇者。二人の関係を知った上で尚、気持ちにブレを見せない姿や回転寿司で食事をするエメラダやアルバートの初めて食べるお寿司(ワサビ入り)の体験とか笑えてしまいます。

最後に収録されているのはエミリアが遊佐 恵美と名乗り、今のマンションに住むきっかけとなるエピソード。
真奥と芦屋が日本に降り立った頃に一人、日本に降り立ったエミリアの孤独が書かれています。
まだまだ、日本語が喋れない頃の遊佐。真奥に比べて非常に苦労していた感じがします。
・・・・・・まあ、真奥も栄養失調になっているからお互いに苦労していたことにはかわりないのでしょうが。

今回はちょっとした伏線の回収といった感じの短編集でした。
早く本編の続きも読みたいですね。

7ヒョンッの感想「富士山さんは思春期」


春が近づき、上場と富士山さんも3年性になろうとしています。

小学校低学年の頃に遊んでていた児童館で豆まきの手伝いをしたり、二人で勉強中にしゃっくりが止まらなくなったり、バレンタインのチョコを作ったりしています。

児童館では昔の二人がエピソードが見れますが一緒に遊んでいた二人がある日を境に喧嘩したわけでもないのに自然と遊ばなくなっていく。当時の上場が男の子同士で遊びたいというのもわかりますがお面で顔を隠していた富士山さん。
富士山さん7-1
お面越しでも寂しそうに感じられます。

そんな富士山さんもバレンタインでは人気者。下手な男子よりモテモテです。そしてモテない上場(泣)
富士山さん的には一安心なのでしょうか?

富士山さん7-2
カンバはモテねーなぁ・・・
まあ、確かに富士山さんの方がモテてるけど(笑)

しゃっくりではエクソシストしてお婆ちゃんをビックリさせる富士山さん。
お婆ちゃんの寿命が縮んでなければいいのですが・・・・・・なんて、そりゃあ家に帰ったら突然孫がエクソシストしてたら驚きますね(笑)
富士山さん7-3
これでしゃっくり止まるの?という疑問は消えません。

そんな二人も3年になるわけですが春が近づくにつれて環境も少しづつ変わっていきます。
全国目指して気合が入る女子バレー部。部活動にあらに時間を費やすことになり二人の時間が減ってしまいます。
二人きりになれなくても平気と言う上場にも無理しているのがわかります。

それでも、お互いの気持ちは変わらず二人でギュッと抱きしめあいます。

富士山さん7-4
しかし、こう見ると二人の身長差が凄すぎる(泣)


8巻では二人は3年生。中学生活最後の1年が始まります。
3年性となった二人の恋愛がどうなっていくのかまだまだ、目が離せない7巻でした。

色んなステージ作って遊んで投稿「スーパーマリオメーカー」


今回は久しぶりにWiiUの新作ゲームの感想。

ヨドバシ.comでダウンロード版を購入。通販でポイントが10%もらえるってお店でダウンロードカード買うよりちょっとお得に感じます。(家電量販店だとダウンロードカードは還元率が低いので)

人によってはプレイ専門の方もいるようで、色んなステージが遊べるので無理に自分で作らなくても楽しめるのが本作の特徴ですがステージを作るのも面白い。

いきなりなんでも作れる訳ではなくプレイしてもらったプレイヤーからいいね!をもらうと使用できる要素が増えるようです。もらえなくても毎日何かしらパーツが届くようになっているようなので自然と仕えるパーツは増えていくようです。

ハテナブロックからクリボーを出したり土管からコインやスターを出したりとシリーズではちょっと拝めない遊びを入れられるのも特徴です。

その中でもハテナキノコは面白いアイテム。私はまだ使用できていないのですが取るとドンキーコングに変身したりクッパに変身したりさらにはジャンプ台という無機物にまで変身できます。

中には操作せずにゴールができるよう工夫している人もいたりとユーザーの数だけ遊べるステージがあります。
ちなみに私はあまり1回でクリアできないようなステージを作っています。でもこのゲームクリアできないステージは投稿できません。なぜなら投稿する条件がステージをクリアすることだから。なのでよっぽど相性が悪くなければクリアできる・・・・・・ハズです。

これからも少しづつステージを作って投稿する予定。
次はどんなステージを作ろうかなぁ。

立ちはだかる壁と告白の5巻「エロ漫画先生」


今回も新キャラが登場する5巻。

マサムネの先輩ラノベ作家「草薙 リュウキ」外見と異なって純愛ものの小説を書いている作家でマサムネより先に自分の作品がアニメ化した作家です。作中でラノベ原作のアニメ化は草薙とエルフの2作品のみ、こちらの結果はBDの売上ですぐにつきますが・・・

ですがエルフのアニメの展開が正直、最近別のラノベで似た展開を読んだぞ・・・・・・と思ってしまった。
なんというか原作アニメ第1話披露という中での鉄板ネタなのかなと思わずにはいられません。ですがオチはそこで終わらなかってので一安心です。

今回、初登場なのに結構散々な草薙先生は6巻以降でも登場するのかちょっと気になります。

そして、年上だけどマサムネの後輩作家である獅童はバレンタインにチョコをもらいたい相手を告白。担当編集の神楽坂。獅童の年齢を考えると好きな相手が少し年上でも対しておかしくないのですがマサムネやアルミからはめちゃくちゃな言われようです。まあ、アルミはともかくマサムネが好きな相手を知ったら獅童もお前には言われたくないとツッコミそうですが(笑)

そんな、バレンタインのエピソードでマサムネのモテっぷりがよくわかるお話になります。
智恵から過去に告白されていることが判明しますがそんな智恵からチョコの代わりにラノベをプレゼントされたり、紗霧のクラスメイトである、めぐみから人生初のチョコをプレゼントされたり、エルフから本命チョコをもらったりムラマサから料理を振舞ってもらったりとモテないと言ってる男の内容ではありません。

しかも、めぐみもマサムネに恋愛的な好意を持っているようですし、一度はフラれている智恵もまだ諦めていない様子。義妹が本命のマサムネ。彼に好意を持つ女子を見てみると年下が多いですね。年下を引き寄せる魅力がシスコンであるマサムネにあるのでしょうか(笑)

しかし、今回のメインはやはりこの人だと思います。
ずっと、語られていていつかは登場するであろうと思っていたマサムネと紗霧の保護者「和泉 京香」が登場します。条件付きでマサムネと紗霧の二人だけでの生活を認めている彼女ですが、現在も問題ないかと確認の定期テストを行うために抜き打ちで訪れます。ちなみに訪れた時点で家のリビングは獅童のゲロにまみれて(本人は潰れている)草薙はアニメのBDの売上でめっちゃ凹んで缶ビールを飲み続けて、ゲロまみれのリビングを家に訪ねてきたエルフがマサムネと一緒に片付けてくれているという中々に印象の悪い状況です。

お堅い印象の京香。マサムネに提示した条件が満たされていることに合格点を出し一安心・・・・・・と思った矢先、紗霧の社会復帰が進んでいるのかもテストします。

学校に行くことが最低限の上限とマサムネは何とかテストの期日を伸ばしてもらい対策を講じるわけですが・・・・・・
上手くいかなければ、紗霧を別の環境で社会復帰させようとしている京香。

そんな京香を敵対視しているマサムネですが実際は違うように感じられる印象が強いです。
マサムネの母親(義母含み)の事を嫌っているという印象を持っているようですが、嫌いな人が紗霧の母親のイラストレーターとしてのネーム、そのネームを現在誰が継いでいるかなんて知ろうとは思いませんし、抜き打ちで定期テストに訪れたのにあっさりとマサムネの要求をのんで期日を伸ばしたりするとは思えません。

彼女なりに保護者として二人を見守っているという印象がとにかく強い。ブラコンのようにも思えますが家族を失った悲しみは変わらない伯母さんという感じです。とはいえ神楽坂より少し年下ということはマサムネとそんなに年の差がないのかも・・・彼女が幾つの時にマサムネが生まれたのか気になる所です。

定期テストで遂に紗霧はマサムネに告白。結局、兄弟としてというのをラストで付け加えられますが紗霧の社会復帰だけでなく兄妹の関係も少し変化したように思えた5巻でした。

美しい星たちの3巻「星の案内人」


今回は比較的、トキオのエピソードが少し多めの3巻。

バイオリンが弾けることがクラスメイトに知られてしまったトキオ。唯一クラスメイトで知っていたナラシマ君が噂を広めた犯人と思い込みイライラを募らせます。誤解であることは後にわかりますが、トキオがバイオリンを弾けるということを知っているのはナラシマ君だけでなく・・・

噂を広めた犯人は意外な人物でしたがなんだか納得もしてしまいました。

その後、学校の校長が学校を辞めるため生徒たちが合唱をすることになりますがそこでナラシマ君からバイオリンを弾いてもらえないかと相談されるトキオ。単純に合唱の中にトキオのバイオリンが混ざれば合唱がさらに良くなるというのとトキオのバイオリンにそれだけの価値があると思ったナラシマ君。
しかし、人前で弾くことにいまだ怯えるトキオにはまだ難しい問題。しかし、そんな心境を救ってくれるのもまた宇宙の星々。
もはや、彼にとって星は切っても切れない存在になっているようにも思えます。

最後におじいちゃんのプラネタリウムで、すばるの説明を受ける校長。大人と子供の関係性を星に例える所はさすがおじいちゃんです。

星の案内人3-1
子供はね強い生命力の塊だよ
けどね、とても未熟で危うい
だから大人が大事にしないと天に帰ってしまう

何気ない一コマに描かれているセリフですが今回、一番印象的なセリフだと思います。
そして、このエピソードでまた少しトキオが成長したようで今後も、人前でバイオリンを弾くエピソードが出てくるのでしょうか?

その他に木星やスーパームーンのお話も盛り込まれています。
スーパームーンではちょっと恋バナのようなお話も・・・・・・こちらも4巻以降で進展をみせるのか気になる3巻でした。

パックマンが現実世界でパックンチョ♪「ピクセル」感想

ピクセル150912

本日は映画「ピクセル」を観てきました。
感想はコチラ↓
ピクセル (2015)

【監督】クリス・コロンバス
【出演】アダム・サンドラー / ミシェル・モナハン / ケヴィン・ジェームズ / ピーター・ディンクレイジ / ジョシュ・ギャッド / アシュレイ・ベンソン / ブライアン・コックス / ダン・エイクロイド / デニス・アキヤマ


★★★★ [80点]「エンディングがサイコー!!」

レトロゲームを現実世界に持ってきたアクション映画という感じのイメージで観ましたが、結構無理矢理感が強かったです。流石に宇宙人が作ったゲームキャラを倒す兵器をたった数日で開発しちゃうとか天才すぎるだろとか思わずにはいられない。

アダムサンドラーのジョークも今作はイマイチ笑えず、今回観たのが吹き替え版だったので声があわなかったのかも知れませんが・・・

なんやかんやと言いましたが全体的にはそれなりに楽しめましたし80年代のゲーマーだった人たちにはファンサービスもあったりと当時のゲーム好きが作った映画というのは感じ取れます。

個人的にはエンディングの映像が一番お気に入り。あれさえ観れれば本編観たとも言える内容の映像でした。エンディングだけを収録したDVDが欲しくなる内容です。


Posted by furiruwark on 2015/09/12 with ぴあ映画生活


<関連サイト>
ピクセル 公式サイト



ニュータイプ登場。そして、それぞれのTKGな2巻「ごほうびごはん」


2巻でも咲子のごはんへの欲求は変わりません。

自分でうどんを麺から作ったり、高いと思いつつ、誘惑に負けて高いオリーブオイルを買ったり、バレンタインには主任命令でチョコレートを買いに回ったりしています。

バレンタインのお返しでは部長のこだわりが見えたりしてちょっと変わった回も。
スイーツといえば部長という感じがします。今後もスイーツが関わる話では部長が活躍しそうです(笑)

今回は番外編で咲子の小学生時代のエピソードも収録されていました。あくまでご飯に関わるお話ですがここで登場するTKG・・・・・・たまごかけごはんです。エピソードは咲子のものですがオマケで主任や部長のたまごかけごはんもあります。たまごかけごはんも各家庭それぞれのようです。

さらに新キャラで咲子の後輩「滝さん」が登場。
なんと晩ごはんがカレー味のポテチで済ませてしまう。晩ごはんお菓子というニュータイプが登場。
寿司好きということで回転寿司に連れて行くエピソードもありますが独特のチョイスをする滝さん。
3巻以降でも独特の食を見せてくれるのでしょうか?

3巻はどんなご飯が登場するのでしょうか?

「スーパーロボット対戦BX」プレイ日記


購入から半月以上経ちましたので感想を書こうかと。

ストーリーは多分中盤あたり。取り敢えずDLCは全て購入。ツメスパはすぐに全てプレイできますがキャンペーンマップは特定のシナリオまでクリアしないとプレイできない仕様。難易度は前作のUXのキャンペーンマップに比べると簡単に感じます。まあ、まだ全てのキャンペーンマップをクリアしたわけではありませんが・・・。ツメスパもUXよりシンプルになっている感じがします。とはいえ、後半の問題になると頭を抱えてしまいますが(泣)

本編に関しては会話の長さは相変わらずですが、序盤から長いなぁと思えるほど会話は長いです。
そして、中盤まででの感想ですが比較敵、敵ユニットが倒しやすい。そんなにキツい戦闘は今のところないですね。

ですが、戦闘アニメーションに関してはいろんな武器のアニメーションが凝っていると思えます。格闘という攻撃でも只、殴って終わりではなく、コンボを決めてくれるので見ていて気持ちイイです。

ナデシコはガイが既に死んでしまっているのが残念。アキトと二人でダブルゲキガンフレアを決めて欲しかったです。
意外だったのはダンバイン。UXの時と違い今回はガッツリシナリオに絡んできています。今後の展開が楽しみ。
ナイトガンダムはとにかく懐かしいの一言。かなり使い勝手のいいユニットです。

現在は主人公機の秘密が明かされたところ。今後どのようにパワーアップを果たしてくれるのか。
少しづつですがシナリオコンプリートは目指したいですね。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
80位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon