fc2ブログ

再開と復活と別れとまた出会えることを信じて・・・「密・リターンズ!」5巻


密の元へ駆けつける理都から始まる5巻。
今回は転生術成功のための長い戦いです。
順調に進んでいた転生術と思いきや、寅午が突然倒れてしまい転生術に影響を及ぼします。
その隙間から密の復活を阻止するために「惑わす者」があの手この手で邪魔をしてきます。

本来、現れることのない惑わす者らしいですが寅午が倒れたことによって術中の炎の風圧で結界が不完全になり密の前に現れます。

恩師の姿や両親の姿になって密を文字通り惑わす、惑わす者。倒れた寅午の代わりに転生術を続行する卯堂。

追い込まれていく密を助けるために自身を結界の代わりになり、助けようとする寅午。
ですが、それはかないません。儀式の場で唯一、動くことが可能な理都がそれを行います。

そして遂に!!

密リターンズ5-1
端島 密リターンズ!

復活を遂げた密。

しかし、復活してすぐに理都との再開は・・・

今度は理都が別の肉体に魂が移ってしまい体の中はもぬけの殻になってしまいます。
が、密は諦めません。理都の魂は生きていることを信じます。

復活後に卯堂の父親のもとで修行し理都を見つけるために4度目の出会いを叶えるために探偵事務所を立ち上げます。
新たな展開を迎える5巻。5巻最後には転生術数日後、源五郎と鶫原が主役の特別編が収録されています。
源五郎が元の人格に戻っていることを知らず、気を遣いつつも今までどおり接してくれる鶫原。

彼女に対してどう接すれば良いのか悩む姿が描かれています。
烏丸も登場しますが理都に惚れて赴任してきた彼も一応、ちゃんと教師をやっているようです。

あれだけ大暴れして突如として目立たなくなった鶫原。ちゃんと幸せは手に入れたようです。

という訳で新たな展開を迎える5巻でした。

転生術開始の4巻「密・リターンズ!」


4巻は色々と動きます。
3巻で烏丸が自分の正体に気づいているのではと疑ったが杞憂に終わり、ますます肉体崩壊の原因がわからなくなる密。
しかし、その崩壊しかけた体から原因が判明。元の持ち主である源五郎が実はまだ生きていたことが発覚。

源五郎が生きていることがわかり、彼に体を返して自分が元の体に戻ることを決意する密。
そのために源五郎の意識の中へ入り込み説得を試みますが心を閉ざした源五郎は戻ることを拒否。転生術を行う日が近づいてきても諦めずに説得をする密。

転生術のためにルンを大量に残しておかなければいけない状況であったのに源五郎の説得のために術が始まる前から大量に消費してしまい、逆に密は死にかけてしまいます。
が、死にかけた状態から密の過去が源五郎にも共有され、密の学生時代が明らかになります。そこに彼の恩師に当たる人なんかも登場。今の密の性格が出来上がったきっかけとも言える内容。
あんなあっけらかんとした性格でも実は暗い過去があったわけです。

その過去を知り、密を助けようと自身の体に戻る源五郎。

そして、その間にも理都と烏丸にも急展開が待っています。
修学旅行に続き学校でも突然倒れる密。さらに転校前の源五郎の性格が今の性格が変わったことをしゃべる源五郎母により違和感を感じ始める烏丸、

しかも、非現実的なことを信じていなかった理都までも疑いだします。
転生を成功させるために敢えて、理都を騙し自らも貶める密。再び理都に会うために心を鬼にします。
が、烏丸にはすぐ見破られています。まあ、発言の内容を聞けばそりゃそうだよねと思います。
理都先生、それに気づかないほどに動揺してしまいます。

そんな消沈気味な理都にプロポーズをして一気に結婚まで話を進めようとする烏丸。ですが、理都にはまだ密への思いがあり、それを知った上でアプローチをかけていましたがそれを拭えないことがわかった烏丸は真実を告げます。世界を旅してきた知識と行動力を活かして一人で答えにたどり着きます。

こうして烏丸先生は見事に振られてしまいました。潔い最後でした(死んでませんけど)
5巻ではいよいよ本格的に転生術が始まります。

理都が密の元へ間に合うのかも気になる展開の4巻でした。

ライバル宣言!!そして迫る肉体崩壊の3巻「密・リターンズ!」


突如、赴任してきた烏丸。彼に対して警戒していた密。
しかし、烏丸も密を源五郎の体であっても、瞳が密に似ていると感じ、教師と生徒でありながら密へライバル宣言!

そして、進級した密ですが理都は別のクラスの担任に・・・・・・
それでも理都と接触する機会を何とか頑張って設けようとする密、そんな彼に異変が今回訪れます。

修学旅行で再び京都に行くことになる密ですが、旅行中に突然倒れ病院へ搬送。翌日、東京へ帰ってしまいます。
ですがそれは単なる体調不良でないことを源五郎の体に密の魂を移した寅午から告げられます。

もうじき、源五郎の体が崩壊してしまうことを告げられます。残りの期間が約30日。
いきなりの急展開でしたが、すぐにまた急展開。
なんと、密の体は寅午の弟子「卯堂」の父親に頼み体を修復してもらっていました。さらに運良くもうじき、密の魂を元の体に戻すための条件が揃うため密が助かる道が見つかります。

ですが、それをはっきりと断る密。
すでに自分が鳴神源五郎として生きていること。突然、源五郎がいなくなれば、両親や友人が悲しんでしまうことを考え、自分が助かるだけの方法ではなく体の崩壊となっている原因を突き止めて体の崩壊を阻止する方法を残りの時間で探すことになります。

今回、源五郎の両親が登場。密がドレッシングでむせてしまったのを見て、修学旅行で突然倒れて戻ってきたこともあり、病院へ連れて行く母親。出世がかかっていてもそれを放り投げて病院へ駆けつける父親。めちゃくちゃ良い両親です。それを感じ尚更、死ねないと生きることを決意する密。

ですが、非情にも肉体の崩壊は刻一刻と迫ってきているのに原因が突き止められずにいます。

4巻で源五郎の肉体がどうなるのか気になる展開です。

だけど、鶫原は密に相変わらずべったりでしたが、それ以外に特にアプローチがない感じがしてどうしたんだろうと思った3巻でした。

立ちはだかる教師と生徒の壁な2巻「密・リターンズ!」


鶫原に積極的にアプローチをかけられる密。
しかし、今も理都が好きな密は何とか鶫原にそれを告げようとしますが、ことあるごとに間が悪く言えないでいる密。
さらに小田原の伯父の家に泊まりに行ったハズの鶫原が夜中の雨の中、密の下(源五郎の自宅)にうまく調理できたロールキャベツを密に食べてもらおうと雨の中、15キロも傘もささずに密の家まで向かう鶫原でしたが、家の塀をよじ登ろうとしてロールキャベツを入れた鍋が落ちそうになったのをキャッチしてそのまま気絶。

知り合いで自分に好意を持っている相手でなければ不法侵入で警察呼ばれてもおかしくない状況。が、その行動の健気さにちょっと感動。

ですが、彼女の不運はそこで終わりません。密に手渡そうとして鍋を結局落としてしまいます。
涙を流しながら落としたロールキャベツを鍋に戻す鶫原の姿を見て、落ちたロールキャベツを口に頬る密。鶫原を振ろうとしているのに彼女にカッコいいところを見せます。

その姿を見て涙が止まらず、密の胸で泣きじゃくる鶫原に心を鬼にして自分の好きな相手を告げようとする密。
この状況でそれを言おうとする密。さすが主人公です、中々あんなタイミングでは言えないと思います。
とはいえ、告げようとして倒れ込んでしまった鶫原。その後、どうなったんだろうという疑問はありますが、風邪でしばらく学校を休んでしまいます。

こういうパターンってすぐにまた学校に登校してくると思いきや、鶫原の出番はしばらくありません。その間に理都との距離を縮めようとする密。ですが、教師だった頃の自分と高校生に戻った現在の自分。大人の頃、あったステータスが失われてしまったことに気づきます。養われている身なのでお金もなければ体は鳴神 源五郎という高校生の体なので車の免許すらなくなっています。しかし、鶫原の本気のアプローチを思い出し自身も理都のために何かできないかと模索します。
この辺はなんやかんやで彼のポジティブな面がよく出ているなと思わせます。

その後、風邪を治して学校に登校してきた鶫原に自分の思いを告げます。
とはいえ、鶫原からしたら生徒と教師の恋愛なんて成り立たないと思っています(常識的に見ればその通りですが)
なので、密のことはまだまだ諦めていない様子。今後もアプローチを続けていくのでしょうか?

そして、密の積極的な行動が理都に源五郎の体を通して密の姿をダブらせます。理都が京都に向かったと聞いたら京都に向かいます。色々とありますが京都で再開する二人。そんな今の密に対して好意も持っていることを告白する理都。2巻にして結構な急展開だなと思わせるシーン、早いなぁと思いつつも、まだ密のことが好きで忘れられないでいることも告白する理都。密からすれば自分に好きと言われているのですが、理都からすればそうではないというまだまだ前途多難な感じです。

お金はないはずなのに京都に向かう密。帰りは理都にお金を借りるハメに、威勢良く向かいましたが帰りはちょっとカッコ悪い姿を見せています(笑)

そんな京都からの帰り道、出会った男「烏丸 有志」。理都に一目惚れしてなんと、密と理都のいる府浦高校に赴任してきます。学校の教師ってそんな都合良く赴任できるもんなんですかね?

という疑問はありますが新たな障害兼ライバルが登場。
3巻ではどのような展開が巻き起こるのか気になる2巻でした。

再び好きになってほしい「密・リターンズ!」


結構前に見つけて思い切って全巻購入しました。
懐かしいです。当時もそれなりに楽しんで読んでいましたが今の方が楽しんで読めてしまう不思議。

生物教師の「端島 密」と同じ学校の教師「星崎 理都」
密の教育実習時代をきっかけに知り合った二人。ある日、アンモナイトの化石を婚約指輪代わりに理都へ渡す密。ですがその帰り道に川に溺れている少年を助けようとして川に飛び込む密ですが自身も川に流され・・・・・・

世間的には死んでしまったことになった密。
しかし、街で出会った僧「寅午」によって助けられた密。

・・・が鏡で見た密の姿は川で溺れていた少年の姿。寅午の術によって魂を少年の肉体に写し代えたため体は全く別の人物のものとなってしまいました。

しかも、せっかく助かったのに術を使った寅午以外の人物に自分が端島 密とバレてしまうと少年の肉体と密の魂が切り離されて元に戻ることができないため、生きていることを理都に告げることもできない密(まあ、告げても信じてもらえない気がしますが)

しかし、ポジティブな密は改めて理都を自分に振り向かせるために色々とアプローチをかけていくことにします。
写し代えられた少年の肉体「鳴神 源五郎」として再び高校生活を歩むことになった密。しかもその後、最悪な形で再開を果たす密と理都。

ですが密もすごい行動力で理都との時間を得るために教師から学生として自分が教師として在籍した高校に転校までしてきます。

しかも、1巻では最後にクラスメイトの「鶫原 ちなみ」に密の言動を勘違いして何故か密にキスをします。
せっかくなので2巻以降の感想も書いていきたいですね。

全7巻

スパロボ経過日記天獄篇 その3

第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇第3次スーパーロボット大戦Z 天獄篇
(2015/04/02)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

クリア前にもう一度、記事を書きたいかなと・・・。

現在、52話目、ここに来てまたもやシナリオ分岐。ifルートとの分岐とは違うみたいだから次が最後の分岐になるのかなという感じです。

しかし、48話は熱かったです。展開が最終話とも言えるような展開。ボス、ボス、ボスとボスの連戦。1周目なので後半はもうボロボロ・・・・・・のところで助け舟。まさかOGシリーズでもないのにオリジナルの戦艦も登場。地獄篇で明かされなかった伏線とかも明らかになります。そして、黒幕の判明。

本当に最終決戦へ向けてのラストスパートへ向かっている感じです。

DLCのボーナスシナリオも残り一つ。
今度こそ次の報告はクリア後にします。

吐かずにはいられない毒舌「ポイズンガール」


虫の毒にやられて何故か思ったことが全て毒舌となってしまった「薬丸 桃子」の学園4コマ。

ポイズンガール1-1
こんな感じに毒舌体質に変わってしまった薬丸さん。

とにかく言うこと全て毒舌になってしまいます。時には彼女の同級生「ツン子」や「沢田さん」の怒りを買ってしまったり「麻曽谷」に喜ばれたりされています(笑)

他にもメガネの「委員長」達との日常が描かれますが、薬丸さん以外のキャラも中々濃いキャラ達で、薬丸さんの毒舌に引けをとりません。

特に麻曽谷はメインの中で唯一の男子なのに女子に囲まれていても全然モテません。むしろなじられて喜ぶ名前通りのマゾです(笑)

最初は薬丸さんの毒舌に対して皆がリアクションするだけかと思いましたが読んでいくうちにツン子達も薬丸さんを振り回していきます。でも読み慣れていくと薬丸さんの毒舌も的を得ていて面白くなってきます。

今後もどんな毒舌トークが炸裂するか楽しみです。

地味でネガティブなのにイケメン男子と彼女・・・・・・のフリ?「影野だって青春したい」


以前、このタイトルをKindleで見つけた時、少女漫画にしては非道いタイトルだなと思い一度読んでみたいなぁと思っていましたが最近になって、ようやく購入。

花の女子高生になった「影野 由輝」、何気に声をかけられた校務員さんの仕事を毎朝手伝っていますが、高校入学してから友達ができずぼっちの日々を過ごしているところ同じクラスで隣の席の「光永 陽太」
目が合うだけで、色々誤解を生まれてしまい軽い女性不信になっている彼が友達になる代わりに1ヶ月、彼女のフリをして欲しいと頼まれ、頼みを聞く影野。

しかし、普段から暗い性格の影野さん。ネガティブ思考が止まりません。

影野1-1
しかも、スペックも凄い、運動音痴は見たまんま(非道い)ですが成績が下の下・・・・・・普通、こういうキャラは成績は優秀なハズなのに・・・とにかく恵まれません(泣)

しかし、高校生になって初めてできた友達、テンションは止まりません。

影野1-2
わーーーっ 楽しそ









































影野1-3
調子に乗りすぎて駅内の柱に激突!!
浮かれすぎて思い切り前方不注意です(笑)

そして、その結果・・・・・・
影野1-4
あっぶねぇ調子のるとこだった!!

すぐにネガティブ思考に戻ります(笑)

それでも光永との出会いが彼女の高校生活に一筋の光をあて、ホンの少し青春を謳歌しようとしています。
今後の二人がどのようなイベントが待っているのか、二人の理解者が現れるのか気になるところ。

2巻以降も気になる展開でした。

影野1-5

部活復帰をかけてのゲーム勝負な電撃8巻「僕と彼女のゲーム戦争」


今回はJGBC参加のために集まる現代遊戯部ですが、電車の遅延により試合開始も遅延したため時間つぶしに立ち寄ったゲーセンで電撃文庫 FIGHTING CLIMAXをプレイしている天道の姿が・・・
そこで彼女と対戦をする岸嶺。しかし、それがきっかけで天道は窮地に立たされます。

ゲーセンで遊んでいたことが彼女の父親にバレてしまい、部活禁止を言い渡されてしまう天道。
そんなことが天道の家で起きているとは露知らず、電撃FCの技術を身につけるために飯田橋ザンギエフに特訓してもらう岸嶺。ひょんなことから電プレ編集長と対戦することになります。普段のゲーマーとは違った相手との対戦。電撃FCである程度話が盛り込まれると思っていましたが、天道の部活禁止によって事態は大きく変わります。

岸嶺達は天道を部活に復帰させるために天道の父親に直接掛け合います。
そこで商業的に大きく成功しているゲーム「League of Legends」、LOLを例に出し、一時的な引き止めに成功します。

ですが、天道が本格的に部活復帰させる条件としてLOLのゲーム大会で結果を残すことを提示される現代遊戯部。

天道の部活復帰のためにLOLの大会目指して練習を始めます。

しかし、天道の父親はそれを阻止するために部下に指示を・・・
そこから呼び出されたゲーマーは権田原 茂男。サラリーマンをやめてプロゲーマーとしての道を歩む決心をした権田原。だけど、世の中そう甘くはありません。サラリーマンが嫌でヤメてプロゲーマーになることを決意したはずなのにスポンサーを獲得するためにサラリーマン時代に気付いたことを前面に押し出します(笑)スポンサーを得られるならサラリーマン時代以上に頭を下げることも自身の服装のポリシーもあっさりと覆します。彼の本気が表れています(笑)

そうして大会当日、権田原のチームと対決することになる現代遊戯部。激戦を繰り広げます。
天道の現代遊戯部復帰のために戦う岸嶺。プロゲーマーとして生活していくために負けられない権田原。
どちらも譲れない気持ちがぶつかり合う対戦。

今回の対決で瀬名先生の若きゲーマー時代も明らかに。そして、今回の対決を得て権田原から岸嶺へ今のままならもう負けることはないとはっきりと言われてしまいます。

ここで岸嶺が現代遊戯部で戦っていくために一つの大きな壁にあたってしまったように思える今回の大会。

次の9巻で現代遊戯部の一つの節目になるのかなと思わせる8巻でした。
電撃FCがまた登場する機会はあるのでしょうか?

片思いの幼馴染の片思いを応援「ボク恋コンダクター」


主人公「中村 コウタ」が幼馴染の「向上 歌恋」から恋愛相談を受け、彼女の恋を応援することになります。

しかし、コウタは女性が苦手(2次元は大丈夫)
苦労しながら歌恋の恋愛に協力していきます。時に料理だったりデートプランだったりと色々ですが、そんな歌恋の恋に協力していくうちに幼い頃に彼女に対して秘めていた恋心が蘇ります。

ですが、歌恋が好きな相手は別にいる。それを知っているコウタは想いを伝えず(友人にはバレているけど・・・)彼女の恋を応援していきます。

4コマラブコメですが二人の恋がどのような結末へと進んでいくのか気になってしまいました。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
716位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
151位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon