旧寮の危機や結婚披露宴の危機?の2巻「ひとつ屋根の下の」

ひとつ屋根の下の(2) (アクションコミックス(コミックハイ! ))ひとつ屋根の下の(2) (アクションコミックス(コミックハイ! ))
(2013/09/12)
藤 こよみ

商品詳細を見る

旧寮から女子を新寮へ連れて行かれ、引き離されそうになる梨々子と久太。
ここで活躍したのが「宗清禎之」初登場からナンパばかりしている男かと思いきや、実はかなり良い所の坊ちゃんな上に学力も高い等、今の学校が共学になる際に学校側が頼み込んで入学させた生徒。
普段の行動ギャップがすごいのですが、さらに騒動が起きた本当の理由まで推理して当ててしまう。カッコいい一面を見せていました。

寮の騒動後も今度は「織部ときを」と久太が結婚披露宴を行うことに。
久太の祖父の目論見でもあったようですがときをと久太はそんなこと露知らず。
二人共、理由は違えども今回の披露宴には反対。久太は2度、祖父と争うことになります。
ここで梨々子が久太の祖母へ自分の想いを伝え、ときをは久太の祖父が人に好きと言ったことがないことを知り告白を勧めますが流石に厳格なおじいちゃんでも恥ずかしいからかめちゃくちゃ赤面しています。表紙の梨々子と一番、表情がマッチするのは多分、このおじいちゃんです(笑)
ドタバタしつつも結婚披露宴の話はなくりました。

が、

ラストで梨々子がときをへ久太への想いを告白。過去の約束も全てときをへ明かします。
どんな時でも久太の祖父にですら笑顔で接していたときをですが、ものすごいショックを受けているのがわかります。

完結の3巻でどうなるのでしょうか?

幼い日の約束を果たすため「ひとつ屋根の下の」

ひとつ屋根の下の(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))ひとつ屋根の下の(1) (アクションコミックス(コミックハイ!))
(2013/02/12)
藤 こよみ

商品詳細を見る

幼い日にした約束を果たすために「杠 久太」は共学になった元女子校へ入学し寮で生活することに。
久太が生活する寮で寮長をやっていた女子「和賀 梨々子」が少年時代に約束した少女だったのですが、久太と距離を置くような態度を取られてしまいます。

それでも一途に想い続けていた久太はめげずに積極的にアタックしていきます。

共学になったばかりで男子と女子の間に深い溝が残っている学校で数少ない男子として学校と寮生活を過ごすことになる久太、そんな中突然、久太に婚約者が現れたりと、寮ひとつでもせわしなく動いてくれます。

久太の祖父に恨まれている梨々子。なんとか自分と梨々子を認めてもらいたい久太。

久太と梨々子の関係がどのように進展するのか。
そんな小さな恋物語です。

全3巻です。

周囲の人たちに時間はあるけれど・・・「女の子が死ぬ話」

女の子が死ぬ話 (アクションコミックス(月刊アクション))女の子が死ぬ話 (アクションコミックス(月刊アクション))
(2014/02/10)
柳本 光晴

商品詳細を見る

タイトルがものすごくストレートではあるのですが・・・

高校入学を気に中学までやっていた陸上をやめた「望月志穂」入学式に出会った男子「水橋和哉」と白髪の女子「瀬戸遥」この3人の視点で描かれた全7話ですが、読み始める前までは遥が死ぬまでの時間を描いていく作品かと思っていましたが、遥の死ぬ前と死んだ後の志穂、和哉の心情、そして遥の入院生活が描かれています。

闘いようがなく只、死を待つだけの遥が短い高校生活で残したかったもの、遥が死ぬなんて思ってもいなかった志穂。事実を知ろうと動く和哉のそれぞれの思いが、話の進行に連れて悲しくなっていきます。

会いたくても会えない、会って自分の想いをぶつける、会わずに相手に自分の綺麗な姿を残したい。
様々な思いが交錯する3人と、ただ静かに病気と向き合い死を受け入れた少女の切ない物語でした。

引きこもり少女と大学生の生活「こもりちゃんはヤる気を出せ」

こもりちゃんはヤる気を出せ(1) (講談社コミックス)こもりちゃんはヤる気を出せ(1) (講談社コミックス)
(2013/10/09)
コンノ トヒロ

商品詳細を見る

幼くして引きこもりになり絵に描いたようなオタク生活を送る「こもりちゃん」と大学生の「コウタ」の生活が描かれた4コマ漫画。
ダラダラライフを満喫するこもりちゃん、幼くして子供が知らなくてもいいような知識を持っていたり、買い物をネットで済ませたりとオンラインゲームが大好きと1話目から非道い生活を送っています。

子供とは思えない生活を送っているこもりちゃんですがカードゲームをコウタに付き合ってもらって素直に喜んでいる姿を見せて微笑ましいシーンがあったかと思いきや片付けで引きこもったりします。

他にもコウタに片思いする「アキ」や子供が苦手な「大家」達がこもりちゃん、コウタの部屋にやってきてドタバタしています。

子供らしくない行動が目立つ、こもりちゃんの引きこもりライフを楽しむ4コマ漫画です。

好きだけどそれは恋?ストーキング?「がんばる!ストーカー」

がんばる!ストーカー(1) (講談社コミックス)がんばる!ストーカー(1) (講談社コミックス)
(2014/09/09)
伊藤 広明

商品詳細を見る

主人公「花丸藤之助」を尾行する少女「神春ラララ」慎重派である花丸も執拗なストーキング行為に自分のことが好きなのではと自分から告白し玉砕!いきなり振られてしまいますが自分が好きなのが花丸なのかそれともストーキングという行為なのか?自分でもわからない神春は本人の承諾を得てその後もストーキングし続けるというストーキング漫画。

あの手この手と花丸をストーキングする神春に対して好きな子にカッコ悪い所は見せられないと慎重に行動し失敗する花丸(笑)

花丸と神春だけの世界で終わりそうな展開かと思いきや神春のストーキングを止めようとする女子が現れたりと独特のストーキングだけで終わらないようになっているのが面白いです。

ストーキングの果てに神春が出す行為はどっちの好きなのでしょうか?

早くも2巻が楽しみです。

関連サイト
がんばる!ストーカー

着物や水着が満載の3巻「エロマンガ先生」

エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)エロマンガ先生 (3) 妹と妖精の島 (電撃文庫)
(2014/10/10)
伏見つかさ

商品詳細を見る

ラノベ天下一武道会終了後からでそのラノベ天下一武道会で競い合った作家の一人、「獅童国光」が登場。ラノベ天下一武道会の打ち上げをすることになります。ここで山田エルフの着物が見られたりと前巻の後日談的なエピソードから始まりましたがその後、山田エルフが作品の資料とした南の島へ合宿に行くことになります。

そこでムラマサや山田エルフの水着姿が描写されています。
しかし南の島での山田エルフのマサムネに対するアプローチが凄かったですね。そして滞納している仕事量も驚きでしたが(笑)

ムラマサのマサムネの作品に対するファンの熱さも凄いです。
だけど。カバーにも描かれていますが右手の包帯の理由が書かれていますが、怖すぎます。
自分で締切を決めてそれをモチベーションに書いているようですが、破ってしまった場合に爪を剥いでいるとか怖すぎです。自分ルールにしてもこれは怖いですよ。紗霧の出番は少なめでしたが後半ではマサムネや一部の人しか知らない紗霧が抱えている問題に対して一歩前進したそんなエピソードでもありました。

後、山田エルフの兄、「山田クリス」も面白かったです。二人の家庭環境がわかるエピソードもありましたがセリフの言い回しが回りくどく誤解を招くような発言なんかも。

合宿で生まれてしまった獅童がマサムネにもっているホモ疑惑。今回の合宿中で解くことができなかったぽいのが今後の話でも描かれていくのでしょうか?

今回は対決がなくラブコメ全開の3巻だったと思います。

そして、最後には4巻のプロローグが掲載。
突然、紗霧を偽物のエロマンガ先生と言う別のエロマンガ先生。次回はこちらの対決が描かれるようですね。
どんなキャラなのか気になります。

1本で2度お得?「ベヨネッタ2」

ベヨネッタ2 (Wii U版「ベヨネッタ」のゲームディスク同梱)ベヨネッタ2 (Wii U版「ベヨネッタ」のゲームディスク同梱)
(2014/09/20)
Nintendo Wii U

商品詳細を見る

本日、クリアしたのでちょっと感想を・・・

ストーリーに関しては個人的には小難しいことも言っているなぁなんて思ったりもしますが終盤に向けての怒涛の展開や明かされる人間関係が驚きの連続でした。2周目をプレイしている最中ですがここで1周目で知った伏線とかが見えてきて面白いです。

ベヨネッタ2は限定版とかありませんが1作目も同梱されています。1はまだ未プレイ(PS3版はプレイ済み)ですが今回は1をプレイしてから2でも2をプレイしてから1でもストーリーを楽しめると思います。時系列は1→2ですが1から2をプレイすれば純粋な続編として、2から1をプレイしたら2で見えた人間関係とかを1で楽しむことができます。今回のWiiUでの発売で単純なアクションゲームとしての続編だけではなく新規ユーザーや旧ユーザーも両方楽しめるようにできているなぁと思いました。

取り敢えず、2週目は音声を日本語ではなく英語でプレイ中。
その内、1作目を日本語でプレイしたいですね。

スタンプ集めも楽しいですね↓はミーバースに投稿したもの。スタンプで作りました。
名称未設定 1

青春に萌えた(?)4巻「私がモテてどうすんだ」

私がモテてどうすんだ(4) (講談社コミックス別冊フレンド)私がモテてどうすんだ(4) (講談社コミックス別冊フレンド)
(2014/09/12)
ぢゅん子

商品詳細を見る

3巻ラストで五十嵐が芹沼に対して本気になって終了していましたが今回は七島と四ノ宮がメインになっていました。

球技大会でサッカーをやることになった七島。
自分がやっている部活と同じ種目はNGのため五十嵐は参加する予定がありませんでしたが優勝するとサッカー部選抜と試合をすることになるようで初めは出る予定がなかった五十嵐、ですが大会前日に先輩命令により出場することになった五十嵐。それを聞いた七島は球技大会を無断で欠席します。中学で五十嵐同様サッカー部に所属していた七島。しかし、時間が経つにつれ実力に差がついていくことを実感していく七島。結果が見えているために出場を拒否してしまったようでこういうのってある時期までは本気でサッカーが好きだったんだけど実力が拮抗していた相手に対して差が出始めたのがサッカーをヤメた原因のようです。

そんな五十嵐と七島の中学サッカー部時代のエピソードが少し語られますが、その時の芹沼の反応は凄いです。
初音ミク08
話を聞いて涙を流す芹沼。

しかしその実態は・・・・・・








初音ミク09
やばいやばい 萌えすぎて 涙でてきた

萌え泣きとか相変わらず面白い顔を見せてくれます。

そして家にいる五十嵐を迎えに行く芹沼。
サッカーをヤメた理由、本音を聞いて「かっこわるっ!!」で一蹴。
やってみなければわからないと自身が出場するソフトボールで証明しようとします。

初音ミク10
試合相手は二科のクラス。ピッチャーは二科。彼女が投げたボールに対して













初音ミク11
思い切りデッドボール。

ボールはカスリもしていません(笑)

ですがその姿を見た七島は試合で出ます。七島がいなくても優勝はしていたんですね・・・・・・
結果的には大敗したようですが芹沼への恋の対決には負けまいと決意する七島。ちょっと男臭い感じのエピソードでした。

一方で四ノ宮は夏休みにいつものメンバーで二科の別荘に遊びに行きますが筋肉もないひょろひょろの四ノ宮はあまり乗り気ではなく、それどころか先輩達のスペックの高さにどんどん落ち込んでいく始末。

カッコいいところを見せようとしますが・・・・・・

初音ミク12
はァーーーーーーっ!!」
た・・・立ったーーーーーー!!クララが立ったーーーーー!!

もうポーズがこの上なくカッコ悪いです(笑)
挙句、クララがって・・・・・・
しかもこんな無茶した結果・・・

初音ミク13
!?

初音ミク14
鼻血ブーーー!

以前にもやっていますが芹沼の胸に突っ込んでしまいます。
今回で2度目ですね、メンバーで唯一ラッキースケベ要因になっている気が・・・

その後もヘタレっぷりを見せてしまい泣きながら帰ると言って森に走っていく四ノ宮。
心配になり皆で探すわけですが


HNI_0098.jpg
こんな姿で見つけたものだから芹沼さん

HNI_0099.jpg
触手×美少年
こっちも鼻血ブーーーです(笑)

最後にはきっちり男らしい姿を見せた四ノ宮。
彼も五十嵐同様に芹沼により本気になったと思えるラストでした。

3巻後半から各主要人物にスポットを当てた話が展開されているので
5巻では先輩である六見のエピソードになるのかな?

あるとしたらどんな話になるのか楽しみですね。

ペットを飼う?2巻「少女ペット」

少女ペット(2) (エッジスタコミックス)少女ペット(2) (エッジスタコミックス)
(2014/10/11)
作者不詳、瑞木 彩 他

商品詳細を見る

少女ペットにお金がかかるため、日雇いではなくバイトを始めた中原。そこで働く少女ペットの飼われ方に感動しているように見える姿はまだまだ理想の川嶋さんを求めているのは健在です。
ですが、バイト先で中学時代の同級生が中原の元へ訪れます。

中原を虐めていた「新宮」、中学時代のエピソードでしが登場しない人物かと思っていましたが社会人になってからも性格は変わっていないようです。が、中原は遂に新宮に反抗します。
結局ボコボコにされてしまいますが・・・
しかも過去に誰にも言っていない中原の秘密を握っている新宮。それに焦りを感じた中原が取った行動。

1巻で少女ペットのオフ会で出会った「ごっつぁん」家出中であることを利用して家に連れて行き、監禁します。
そして、ペットとして扱い川嶋さんにもごっつあんをペットとして扱わせます。表情はまだですが行動がそれとなく人間の川嶋さんっぽくなっているように思えます。
とはいえ、犯罪に手を染めた中原。ごっつあんはどうなるのでしょうか?

そして、もう一人気になるのが少女ペットのオフ会で出会った「みぃこ」。積極的に中原へアタックをしていることから好意を持っているように見えますが、初恋の人にそっくりというのが理由みたいですが・・・
なんか行動原理が中原に似ている気がして今後の展開で結構、恐ろしいことをしでかすのではと勝手に思ったり。

2巻からの急展開でかなり面白くなってきました。
早く3巻出ないかなぁ。

ファーストリザルト2度目の2対1!!「弱虫ペダル」36巻

弱虫ペダル 36 (少年チャンピオン・コミックス)弱虫ペダル 36 (少年チャンピオン・コミックス)
(2014/10/08)
渡辺 航

商品詳細を見る

箱根学園と総北。ファーストリザルトをかけて今回も対決。しかも昨年同様2対1という同じシチュエーションでの対決となりました。

今回は箱根学園からは新レギュラーの「銅橋」。総北からは青八木と鏑木のこれまた新レギュラーです。
合宿でトップのスピードで1000Km走破した青八木でしたが銅橋はメチャクチャパワフルなスプリンター。見た目通りの野獣のようなキャラでした。全てを駆使して走る青八木も徐々に追い詰められて行きます。そんなところに鏑木はサラッと追いついてきます。生粋のスプリンターなのにオールラウンダーと勘違いしている鏑木。

そんな鏑木を裏でフォローし続けていた青八木ですが、今回の件で鏑木はかなりのおバカキャラとして定着してしまった感じが(笑)青八木が居残り練習の時にこっそりと置いていたメモを神様からの助言や指令と思い込みそれを実施。それを実現するのも凄いですが、練習中に鏑木を見守っていた青八木を見つけてもメモを置いていた主が青八木であったことに気付かず、青八木も流石に驚きだったようです(笑)

銅橋も今のレギュラーの地位を獲得したのは簡単ではなかったようですね。
問題を起こし退部になっていた銅橋。
しかし彼は戻ってきます。

再入部で!


退部させられたのに再入部するというは凄い執念です。
自転車に対する熱い想いがありますが、すぐに問題を起こしてしまう荒い性格が災いして何度も退部→再入部を繰り返します。そこを泉田に拾われてレギュラー獲得にまで至ったようです。

ちょっとおバカな鏑木に後半の対決を託した青八木。
行動が読めず、初めて銅橋に余裕の顔が無くなりました。激走する二人のスプリント対決も残り100mという所で36巻は終了。毎回、良い所で終わるなぁ。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
417位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
92位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon