FC2ブログ

エンテ・イスラ編完結の10巻「はたらく魔王さま!」

はたらく魔王さま! (10) (電撃文庫)はたらく魔王さま! (10) (電撃文庫)
(2013/12/10)
和ヶ原聡司

商品詳細を見る

8巻から続いていたエンテ・イスラ編も10巻でようやく完結。
今回の10巻で一番大きく変化があったのは遊佐 恵美こと勇者エミリアだったと思います。

この巻での出来事を気に恵美が魔王である真奥 貞夫に対する接し方も少し変わるのかも知れませんね。
しかし、それ以上に日本に戻ってからの状況の変化が一番気になります。
なにせ、仕事をクビになってしまったわけですから。※ネタバレなので文字隠してます。

鈴乃は今巻の最後で明らかに鈴乃に対する接し方が変わりました。
これが真奥に恋するちーちゃんにとってはどうなるのか、今後の展開が楽しみです。

全体として一番印象に残っているのは「再開」ではないでしょうか。
今回は感動の再会がとにかく多かったと思います。
なにせ恵美に関しては1巻から上がっていた話の伏線がようやく回収された回とも言えます。
それ以外にもアラス・ラムスとアシエスとの再会も久しぶりの再会というのが表現されていました。
相手に会うためにどれだけの時間を費やしたかとか思いがけない事実を知るというのがしっかり描かれていると
その時の感動もよく伝わりますね。

今回は今までの話と違ってエンテ・イスラでの話が中心(9巻でエンテ・イスラに真奥と鈴乃は向かっていますが日本での話も結構描かれていましたからね)のためシリアスな展開が通常より多めでしたが、

ちーちゃんにお土産を買う真奥や食事を取りすぎてリバースするアシエス。
日本での日常のような出来事をエンテ・イスラでもやってのけます。

もちろん、真奥登場シーンまでの流れも面白かったです。
スクーターでBO-SO-ZO-KUとか表現しても・・・なんて思ったり。

なんだかんだで楽しく一気に読ませてもらいました。

次巻では恐らく久しぶりの日本での日常が描かれると思いますが、
真奥が運転免許を取得できるのか、エンテ・イスラで出た損害の行き先。
漆原は退院しているのか、そもそもどういう状況で病院に入院することになったのか(なんとなく察しはつきますが・・・)
そして恵美は再就職できるのか?※ネタバレなのでまた文字隠してます。

等々、次巻への楽しみも盛りだくさんな10巻でした。

六畳一間の魔王城で魔王さまはバイトに奮闘。「はたらく魔王様!」

はたらく魔王さま! (電撃文庫)はたらく魔王さま! (電撃文庫)
(2011/02/10)
和ヶ原 聡司

商品詳細を見る

最近、ブルーレイの特典小説の見た目の感想と小説の感想を上げたりとブログに載せているのですが
このはたらく魔王さま!

地球とは別の異世界エンテ・イスラという世界で世界征服しようとしていた魔王だが勇者エミリアにより追い詰められ、
異世界へのゲートを開いて部下の悪魔大元帥アルシエルと逃げた先が日本の東京。

逃げたはいいが魔力をほとんど失い、その魔力を回復する術もない。
挙句の果てになぜか自分たちの姿が人間と同じになってしまいます。

当然、日本のお金など持っていない魔王とアルシエルは魔王の僅かに残った魔力を駆使して当面のお金と
戸籍や住む場所をなんとか手にします。

しかし、魔力も少なく当面のお金もいつかはなくなる・・・そのため二人がとった行動は・・・・・・




働いてお金を稼ぐということでした。
アルシエルこと芦屋 四郎が主夫業の傍ら魔力を回復させエンテ・イスラに帰る手段を探し、

そして魔王こと真奥 貞夫はファーストフード店マグロナルドでアルバイト生活の日々が続いていきます。

やがて、日本での生活に慣れてきた頃に一人の女と魔王は出会います。
だが、その女は魔王の宿敵である勇者エミリアでした。

勇者エミリアも魔王を追いかけて日本にやってきたがやはり魔王同様に力を補充する術がなく
(勇者エミリアは魔力ではなく聖法気という力)
彼女もまた携帯会社のコールセンターで契約社員を勤めていた。
特に悪事を働くでもなく毎日真面目に勤労に励む魔王とそれを監視し続ける勇者エミリア。

そんな日常でも特に何事もなく過ぎていきますが、ある日エンテ・イスラから魔王や勇者エミリアを抹殺しようとしたり

ある物を奪い取ろうとしたりと刺客が襲ってきます。
それを撃退するために止むなく二人は共闘していきます。


長くなりましたが話の概要はこんな感じかなと、基本的に1巻あたりの対比のイメージとしては
日常(コメディ)パートとシリアスパートと分けられると思いますが7:3くらいで日常パートが圧倒的に占めていると
思います。
ですが、これはタイトルがはたらく魔王さま!なので普段の仕事をしている場面や買い物をしている等の日常をメインに描いていきたいのかなと感じます。

同時にそれがこの作品の魅力でもあるかなと思います。

しかし、そんな日常の中でもエンテ・イスラにいた頃の魔王はなぜ人間界に攻め込んできたのか、なぜ魔王は
日本で常識的な行動をとっているのかエンテ・イスラに戻ったあとの魔王は一体どうするのか?等々・・・

様々な謎が浮上してきます。
そんな謎も少しづつですが紐解かれていきます。

そういった謎の解明も楽しみですが、やはり私は新刊が出るたびに魔王は今回何をしようとするのかが楽しみです。
テレビを購入するのに一台決心したり、バイクの免許を取るのに奮闘したりと次は何が起きるのかなと
いろいろと期待してしまいます。

そんなはたらく魔王さまも本日、10巻が発売されました。
10巻の感想はまた後日・・・

読むの遅いので週末ぐらいに書ければいいなと思っています。

ブラックジャック以外のエピソードもあったりする「ブラックジャック創作秘話」

ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~ (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)ブラック・ジャック創作秘話~手塚治虫の仕事場から~ (少年チャンピオン・コミックス・エクストラ)
(2011/07/08)
不明

商品詳細を見る

ブラックジャックの生みの親、手塚先生のブラックジャックを生み出すまで、そして連載開始後のエピソード等を盛り込んだ

基本、読み切り形式で手軽に読める作品ですが、ブラックジャックのエピソードだけでは続けていくのは

困難なのかアニメの制作エピソードや手塚先生本人のエピソード等もあったりします。

その中でもやはり手塚先生のエピソードは多くあるようでご家族の方や当時のアシスタントや担当編集等々・・・
いろんな人とのつながりが事欠きません。

漫画家の昔話を聞いても・・・という方もいるかもしれませんが、当時だからこと可能だった行動など
今であれば誰がやっても問題だろうと思う行動がまるで日常的な出来事のように描かれています。

当時だと漫画にしてもつまらないのかもしれませんが、その時代を知らない人にはとても新鮮な話に見えると思います。

今後、どんなエピソードが語られていくのか楽しみです。



しかし、漫画の神様と言われてる手塚先生も自分が主役の漫画が連載されるなんて思いもよらなかったのでは・・・

「はたらく魔王さま! 2.8巻」感想

はたらく魔王さま! ブルーレイ6巻に同梱されていた書き下ろし小説。
読み終えたのてさらっと感想でも。

はたらく魔王さま 2.8巻

簡単にまとめてしまうとアニメに出てきた主要キャラ6名のエピソードが描かれています。
とはいってもただ各々のエピソードがあるわけではなく、同じ日に起きた各々の出来事が描かれています。
※簡単に言っちゃうと別のキャラのエピソードでは「一方その頃・・・」みたいな感じです。

とはいえ全エピソードは彼らの日常の一部なのでコメディ色がかなり強い内容になっています。
同じ日常でも以前の特典5.5巻よりも内容的にもコメディ部分が強いです。

個人的には今回、挿絵が一切なかったのが残念でした。
挿絵がなかったこと自体に不満があるわけではないのですが、

真奥のエピソードで語られた鈴乃の○○○時代なんてちょっと絵で見てみたかったなぁなんて思ったり
(一応ネタバレになっちゃうんでそこは秘密で)

結果的にはすごく面白い作品でしたが、本編自体には全く原作の3巻につながる要素はなかったのでアニメを見てから

これを所見に見ても差し支えないないようだと思います。

それどころか終章で3巻につながるエピソードがちょっぴりのっているので
原作3巻が読みたくなるような引き方をしていました。

原作を読んでいる人には思わずアニメ2期を期待してしまう、そんな特典内容だったと思います。

アニメ終了後のブルーレイ販売でも最後まで楽しませてもらいました。

なんて言っといて来週ははたらく魔王さま!のスペシャルイベント、この感想はまた後日書こうかと思います。
はたらく魔王さま! (6) (初回生産仕様:和ヶ原聡司書き下ろし小説同梱) [Blu-ray]はたらく魔王さま! (6) (初回生産仕様:和ヶ原聡司書き下ろし小説同梱) [Blu-ray]
(2013/12/04)
逢坂良太、日笠陽子 他

商品詳細を見る

5巻も脇役達の活躍が熱い!!「ワンパンマン」

今回も脇役が熱い活躍を見せてくれました。

基本的に脇役→敵にやられる→サイタマ登場→一撃で粉砕→終了
この流れはもはやお決まりのパターンですが、それでもサイタマが登場するまでの

他のヒーローの立ち振る舞いはヒーローっぽいカッコよさが溢れていますね。

特に今回熱かったのは今巻の表紙を飾っている無免ライダー!
ワンパンマン 5 (ジャンプコミックス)ワンパンマン 5 (ジャンプコミックス)
(2013/12/04)
村田 雄介

商品詳細を見る

C級1位の彼は自分の実力と現状をすごく良く理解しています。

理解しているからこそ、自分が立ち向かおうとしている敵が自分ではどうにもならないことも・・・

それでも彼は立ち向かいます。

その時、彼が言い放ったセリフ

無免ライダーの叫び
「勝てる勝てないじゃなく ここで俺はお前に立ち向かわなくちゃいけないんだ!」

自分の実力がわかっているからこそ、あえてC級に留まる。
それでもヒーローとして活動をコツコツしていく。

それでも必要あらば、強大な敵にも命懸けで立ち向かう。

彼のヒーローとしての心情がとても響くシーンでした。

そしてボロボロになった無免ヒーローの後で登場するサイタマ。

決着は本当に一瞬です。今までのヒーローの活躍なんだったの?というぐらい一瞬です。

全体的に彼の活躍は基本、最後の一瞬だけですが、今回の描写も彼の一撃の凄まじさが描かれていました。

だけど彼の一般人の評価は今回も最悪です。前回の4巻での隕石落下も彼の活躍でしたが
今回もそれに引き続いての最悪評価。

しかし、そんな評価も気にしていない素振りからサイタマにとってヒーローは登録された今も

趣味でやっている部分が強いのかなと感じます。

今後のサイタマのヒーローとしての立ち位置が一体どういうふうになっていくでしょうね。

今巻でヤングジャンプと少年ジャンプで掲載された読み切りが載っていなかったのが残念。

6巻で収録されていることに期待!!

試写会行ってきました3「武士の献立」

またまた試写会行ってきました。

武士の献立、面白かったです。

この映画を観て和食を食べたくなりましたね。

なんか映画の料理を見ているだけで食をそそられました。

感想はまた後日、ぴあに記載しようと思います。


最近、読んでる漫画の新刊も出ているので今度の休みに購入しとかないと・・・

ボリュームが凄いと思いました。

はたらく魔王さま! (6) (初回生産仕様:和ヶ原聡司書き下ろし小説同梱) [Blu-ray]はたらく魔王さま! (6) (初回生産仕様:和ヶ原聡司書き下ろし小説同梱) [Blu-ray]
(2013/12/04)
逢坂良太、日笠陽子 他

商品詳細を見る

本日届いた、はたらく魔王さま!ブルーレイ最終6巻。

同梱されている書き下ろし小説を楽しみにしていました。
で、その小説がコレ↓
はたらく魔王さま 2.8巻
「はたらく魔王さま!」2.8巻!!

最初この表紙を見た時になぜ2.8?というこんな中途半端な数字なのだろうかと思いましたが、
あとがきを読んでなるほどと思いました。(内容は購入者だけのお楽しみってことで・・・)

でも本当に驚いたのは2.8という数字ではなく本の厚さ。
最初はブルーレイ1巻に同梱されていた5.5巻と違って1エピソードの薄い本かと思っていましたが・・・














はたらく魔王様背表紙比べ

薄くない!

全然薄くありませんでした。今回は各主要キャラクターの短編のようですが
結構なボリュームです。

和ヶ原先生、頑張りすぎです。

イチ読者としてはこの上なく嬉しいです。

早く読みたいけどまだ、積み本が残っているので読めていない・・・

とはいえ、来週のスペシャルイベントに行く前に読み終えておきたいですね。

21Cm差の恋愛「富士山さんは思春期」

富士山さんは思春期(1) (アクションコミックス)富士山さんは思春期(1) (アクションコミックス)
(2013/05/28)
オジロ マコト

商品詳細を見る


身長181Cmの富士山さん、身長160Cmの上場君。
上場君がある出来事を切っ掛けに勢いで告白しそれを了承する富士山さん。

そんな二人が周囲にバレないようにこっそりと付き合っていく日常が描かれています。

花火大会に行って、手を繋ぐことにドキドキしたり・・・

水着姿の富士山さんに顔を赤くして照れる上場君や、水着を見られることを特に意識していなかったのに
上場君の反応を見て一緒に顔を赤くする富士山さん。

友達に付き合っていることをバレないようにしているため
ちょっとしたことで過敏に反応して、後になってその行動に喚いてしまったり、
1日がまるで二人だけの秘密の出来事のようにも見えてきます。

二人のこの先がどんな恋愛をしていくのか

それを読んでいくのが楽しみな作品です。

↓のホームページで第一話を試し読みできます。
漫画アクション

試写会行ってきました 2「鉄くず拾いの物語」

試写会に行ってきました。

実話を元にしているそうですが
主演の二人はその実話に関わった本人という少し変わったキャストで

ドラマが描かれました。

ぴあにレビューを記載しました。

興味ある方は一度↓リンクから見ていただければと。
映画ぴあ 鉄くず拾いの物語

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
93位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon