FC2ブログ

入院生活の5巻「スーパーカブ」

今日は朝からドラクエウォークで外を歩いていました
まあ、先週から新しいイベントが開始したのでそれを攻略していたのですが気がつくと結構な時間、外で歩くようになった今日この頃

で、今日の記事はコチラ↓

「スーパーカブ」5巻です
最近、電車の中で寝ていることが多く小説は買うのに読めていない状況が続いています

そんなこんなでようやく最近、読み終えたので感想を
・・・の前に5巻カバーの小熊と下が1巻カバーの小熊

大分見た目が変わっていますね
スーパーカブに乗ったことで外見にも変化が現れたのでしょうか?

と、本編と関係のない感想でしたが(笑)
肝心の本編では新しい、入居先も決まって高校卒業後の大学生活への準備も少しづつ形になっていきましたがそんな中、スーパーカブの運転中に事故にあってしまい足を骨折して入院することになります

今回の話は病院での入院生活が描かれています

同室の患者である「桜井 淑江」、「中村 良末」、「後藤 治李」という、ちょっと変わった年上の女性陣たちと一緒に入院生活を送ります

もちろん、礼子や椎たち他のメンバーも登場
事故としては被害者となる小熊でしたが最初は加害者側が被害者っぽい物言いでいたので、その片のトラブルなんかもあるのかなと思ったら意外とあっさりと解決・・・・・・とはいえ、お金の問題には厳しい小熊です

新しいつながりとなった桜井たちがまた、登場するのかはわかりませんが、同室のメンバーで小熊と同じバイク乗りは桜井だけだから再登場の可能性薄そう

でも、そんな桜井に対して小熊はある理由で怒ります
バイク乗りとしてのプライドが桜井のある一面を許せなかったから・・・・・・

そして、退院後も小熊がやることはカブのこと
入院をしていてもカブへの情熱は変わっていません

若くてもリハビリは大変な5巻でした。
スポンサーサイト



夏休み、ご両親に紹介される3巻「何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?」


最近、switchでオンラインサービス加入者限定でスーパーファミコンが配信
配信タイトルの中でスーパーマリオ ヨッシーアイランドをちょっとプレイしています
可愛らしい絵のゲームで難易度はそんなに難しくないだろと思っていたら、意外と難しくてステージ1-2で結構ミス連発
のんびりやりつつもクリア出来たらいいなという感じで少しづつ進めて行く予定です

で、今日の記事は「何故か学校一の美少女が休み時間の度に、ぼっちの俺に話しかけてくるんだが?」の3巻です

今回からWeb版と違う、書籍版というWebと書籍どっちが本編?みたいな感じはしますがあとがきによると完全に話が分岐しているみたいです

そんな書籍版ですが、夏休みに突入
安藤くんに恋していることに気づいて朝倉さんに自身の意思表示を示した桃井さん

夏休みに早速アプローチを仕掛ける桃井さん
とはいえ、安藤くんは全然なびきません


親友がアプローチを仕掛けているのに気づいた朝倉さんは朝倉さんで、安藤くんにお父さんを紹介
流石にお父さんとの対面で緊張する安藤くん・・・でも朝倉さんのお父さんの性格は意外と娘とそっくりな気が・・・・・・

安藤くんはどうかわかりませんが、朝倉さんのご両親にはすっかりと気に入られています

そんなこんなで夏休みを妹ちゃんや委員長も加わって謳歌する安藤くんですが・・・今回は安藤くんの両親も登場

とにかく仕事も料理もできる万能な安藤家の大黒柱であるお母さんに、とにかく仕事が長続きしないため子供たちからも信頼されていないお父さん

朝倉さんや桃井さんたちの前に登場して最低なセリフを放って、安藤くんの好感度とは真逆に印象がメチャクチャ悪いです(笑)
でも、そんなお父さんなのに意外と離婚していない両親は不思議です

そして、色々とある夏休みですが朝倉さんは花火大会で一大決心・・・・・・が
思いもかけない安藤くんの返事に朝倉さんはどうするのか次の4巻が気になる所です

口頭とメールの落差が凄かった朝倉さんお父さんの3巻でした。

13巻だけど本編とは異なるお話「俺の妹がこんなに可愛いわけがない あやせif 上」


今日は朝から休日出社・・・まあ、一昨日からトラブルが起きていて、それ対応・・・とは別の要件での出社だったのですが、そっちの確認とかも少しあって、下手したら普段は午前中で上がれる休日出社が夕方頃まで帰れないかも・・・なんて考えていましたが特にもんだいなく上がれました

でも、その後の買い物とかで疲れてしまって今日はもうブログ休もうかなとか思いましたが残業で最近更新できていなかったので、今日はちゃんと更新します(笑)

で、今回の記事は「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の13巻です

伏見先生のエロマンガ先生の前作にあたる妹モノラブコメですが今回のヒロインはタイトルに書いてあるとおり、あやせです
かなり前にゲームになっていた本作のあやせルートに伏見先生がさらに追加の話を書き下ろした上巻です

ラノベといえばラブコメっていうくらい個人的にはラノベの好きなジャンルはラブコメでしたが、とはいえ実際に読んで笑える面白さを持ったラブコメって漫画でも少ないと思っています

・・・こんなことを書くくらいなんで当然、本作は笑える面白さ
京介のあやせに対する相変わらずな接し方がついつい笑えてしまうんです

ゲームは未プレイなのでゲームでもそうだったのか書下ろしなのかわかりませんが、あやせがメインヒロインといっても黒猫や沙織といった京介、桐乃のオタク友達なんかも登場で、結構賑やかな内容でした

上巻では京介とあやせの相談を受けたり、デートしたり
下巻では本格的にあやせとのお付き合いが始まるようで、どんな結末になるのか気になる所です

ちょっとボリューム不足な気がしますが下巻は来年の2020年・・・結構先(笑)
その前にエロマンガ先生の続きとかでるかな?

・・・とエロマンガ先生の続きも気になった、あやせルート上巻でした。

大事なもの続けたいものの2巻「子守り男子の日向くんは帰宅が早い。」


明日はあの映画が公開、土曜日には観に行く予定ですがどうなるのか、結果は当日にでも記事にしようかと

そして、今日の記事は「子守り男子の日向くんは帰宅が早い。」2巻です
前の記事では2巻に期待しつつも結構まとまっているといえばまとまっていたので出るかな?なんて思っていたのですが出ました

2巻でも日向は蕾の子守り第一優先・・・ですが、外で偶然出会った女性「初島 霧子」からある宿題を課される日向
実は立ち位置は違えど境遇が少し似ている二人

だからこそ、それを知った霧子は自分が経験したことを日向に理解してもらうために
出会って間もないのに宿題という形で日向に考えさせます

しかし、考えているだけ・・・という訳にはいかず作中では夏休みに突入して今までは蕾のために時間を費やしていました日向ですが悠里たちとキャンプに行ったり、花火大会に行ったりと蕾の面倒を見ていただけの頃から見ると大分充実した夏休みを過ごします

ですが、着実に霧子に出された課題の期日は迫ってきて・・・

今回はお兄ちゃんが妹のためだけではなく、他にも目を向けなければいけない(恋愛的な意味ではないけど)
それが誰のためになるのか・・・・・・小さなことだけど、日向にとっては大きな一歩を踏み出すことになります

でも、その中で気になったのが中学時代に日向が好きだった子・・・それは日和なのか、それとも?
ちょっと気になるセリフ、日向の昔の恋も気になる所です

夏休みはイベント堪能な2巻でした。

6代目火影、落ちこぼれの少年の家庭教師に「-NARUTO- カカシ烈伝」


更新できない日が続いて、最近更新したのは映画の感想・・・今日は久しぶりの本の感想、といってもラノベですが、漫画の感想はいつになるのやら(笑)
そんなことを言いつつも何故か最近は通勤電車の中で小説を読みたくて今日は1冊買ってきました

まあ、感想はそのうち読み終えたら

で、今日の記事はNARUTOの新作小説「カカシ烈伝」
烈伝シリーズという新しいシリーズの第1弾です、ちなみに私はたまたま本屋で見かけて新シリーズで出ていたのを知りました

今回の主役は本のタイトル通りカカシです
他国との交流がない国、烈陀国へ訪れるカカシ

烈陀国の首都では水が不足してしまい、まともな生活もできないほど苦しい生活を強いられていますがカカシは首都から離れた薙苓村で生活している烈陀国の王子「ナナラ」の家庭教師として国に忍び込みます

ナナラは宰相に落ちこぼれと見られて辺境の村で生活させていますがナナラは年相応に友達と遊んで楽しく過ごしている少年
そんな彼の憧れの存在は六代目火影

でも烈陀国では忍者が存在することが認知されておらず、六代目火影も伝説の人物と思われているという他国との交流がないからこその感覚

そのためナナラも新しい家庭教師が実は六代目火影であることは露知らず
最初はカカシを嫌っていますが、カカシから様々なことを学んでいきます

そんな中、烈陀国の首都で持ち上がる戦争での他国からの略奪、相手は火の国
ナナラは勝てない戦争をさせないために自分の国と対峙してカカシはそんなナナラに協力します

写輪眼をなくしたカカシの新しい戦い方、そして写輪眼がなくても強い
ということを見せてくれます

過去の小説シリーズは一つ一つのタイトルが単独の話となっていますが今回は3作品で繋がりがあるようです

というのも今回のカカシ烈伝では詳細が書かれていませんがナルトに危機が迫っているようです
次回はサスケ烈伝、どのようなエピソードが語れるのかナルトの身になにが起きているのか気になる所です

そんな訳で気づけば始まっていた烈伝シリーズの第1弾でした。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画を中心に映画の感想やゲームのプレイ感想をのんびりと書いていきます。
水曜日は更新定休日。
最近は電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
809位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
173位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon