スマホゲーとガチャが全てのラブコメ「恋してるひまがあるならガチャ回せ!」


まあ正直、タイトルだけで買っちゃいました(笑)

大学生だけど生活の全てをスマホゲームのガチャに使い、プレイしているゲームは大体上位ランカーである「遠野 啓太」
別にお金持ちの家庭でもなんでもない彼は課金のためにバイトに明け暮れイベントで上位に入るために大学の授業中でもお構いなしに影でコソコソ、スマホゲーをやっている廃課金ユーザー。

全てをスマホゲーに費やしているため留年してもおかしくないと自覚しながらもスマホゲーに明け暮れる啓太。

そんな啓太の前にお嬢様である「園村 紗雪」がスマホゲーのフレンドになって欲しいと啓太に頼んできます。
フレンドの依頼を断る啓太。

そこから何かしらとスマホゲーに関して関わってくる紗雪。
ガチャの限定レアキャラを先に引くのに何故か競ったり、対戦で盛り上がったり。

只々、スマホゲーを熱くプレイしている感じです。
登場するゲームのタイトルは残念ながら架空のものですがイベントの内容とかやたらとこだわって書いている気がします。

・・・まあ、どこか場所をとっての大きな大会とかは参加したことないからわからないけど、運営の人はイベントに乗じてガチャをガンガン引かせたりしているの?

できれば続きを読んでみたいですけど、どうなんだろ?
続きが出たら1タイトルでもいいか実在のゲームを取り扱って欲しいなとか思います。
スポンサーサイト

すぐに告白する主人公ととにかく喜ぶヒロイン「俺もおまえもちょろすぎないか」


ちょっとした親切を女子にされただけでスグに付き合って欲しいと告白する男子「星井出 攻成」

しかし、いきなり告白するため、相手からは当然の如くあっさりと断られてしまい中々、彼女ができない現状が続いています。
そんな攻成の前に現れた中学生で妹の「悠伊」の友人「初鹿野 つぶら」と出会い、恋に落ちてやっぱり告白。

攻成の告白に喜び、告白を受け入れて二人のお付き合いが始まります。

つぶらはとにかく、知らなかったことに感動し喜びます。
そんなつぶらを見て、ますます彼女が愛おしくなっていく攻成。

1巻で終わらせることもできそうな内容ではありましたが続刊出るのかな?
他にも攻成の幼なじみ「小津 梅香」との関係とかも書いてほしいなとか思ったり。

2巻が出たら読みたいですね。

両思いなのに付き合えない「あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた」


MF文庫の新人賞受賞作品をまたまた、購入今回は「あまのじゃくな氷室さん 好感度100%から始める毒舌女子の落としかた」

主人公で生徒会副会長の「田島 愛斗」は生徒会長の「氷室 涼葉」に恋する男子。
一方の氷室さんは成績優秀で美少女でいろんな男子に告白もされているのですが、そんな氷室さんは田島に恋する女子。

しかし、本音をさらけ出すことができず、常に相手に毒舌を言い続ける氷室さん。
脈がないと思った田島ではありましたがある日突然、氷室さんの本音の声が聞こえるようになります。

恋愛成就の神社である縁光神社の神様「ナンナ」から氷室さんが大金を持って恋愛成就を祈ってきたことを知り。
ナンナは氷室さんの恋が成就するようにと田島の恋の応援をします。

突然、好きな相手が自分も好きという本音を知ることができた田島は両思いなのだから当然、告白を実行。
・・・・・・が、断られてしまいます。

本音を出したくても出せないヒロインとそれを知りながらもどうにか恋人になれるようにと奮闘する主人公、田島のラブコメ。

田島が好きで好きでしょうがないのに本音が言えずに常に後悔する氷室さん。
一歩前進するのも大変です。

両思いである二人がどのような形でゴールするのか今後の展開が気になるところです。

魔王討伐のために勇者を探す平凡主人公「ポンコツ勇者の下克上」

いやぁ、今日気づいたけど、昨日の記事で日にちを1日間違えていました(笑)

ですが、年内の記事は今日でラスト。
年明け1発目は何か絵を載せれたらなとか思っています。

で、本日もMF文庫の新人賞受賞作です。

こちらは今月発売されたばかりのタイトル「ポンコツ勇者の下克上」です。

魔王が現れて勇者がそれを救う。
そんなことが何度も繰り返されてきた世界で勇者でもなければなにか才能に恵まれてもいない王立士官学校の生徒「クロウ」

卒業を間近に向かえ、勇者にしか扱えない聖光剣エクスキャリバーの選定でも聖光剣に選んでもらえず・・・が、
勇者の素質がないはずのクロウに何故か聖光剣の精霊である「ホリー」の声が聞こえます。

本来は選ばれた勇者にしか聞こえないホリーの声ですが、そんな彼女から5年後に魔王が復活することと、士官学校に勇者はいないことを告げられたクロウ。

迫り来る世界の危機を突如知ることとなったクロウ。
世界の平和・・・ではなく自身を守るためにも彼はホリーに協力し、聖光剣を盗み出し、勇者を探す旅に出ます。

そして、旅の果てにようやく見つけた勇者の素質を持つ人物「シオン」は奴隷として日々を過ごす幼女。
なんとかホリーと協力してシオンを士官学校に連れ帰ろうとするクロウですが空気を読まない聖光剣の精霊は幾度もクロウをピンチに陥れます。

終始、主人公のクロウ個人は特別な力を発揮しません。
只、イレギュラーに聖光剣の精霊ホリーの声が聞こえるというだけですが、それでも色々と考えて、何とかしようと行動します。

平凡とはいえ、主人公なのでしっかりとカッコいいシーンもあったりもします。

タイトルとあらすじからあんまりバトル要素なさそうだなと思いつつ購入しましたが、かなりギャグの比率が高かったと思います。
個人的にはかなりギャグも面白かったかなと。

できればこの1冊で終わらず、続きが読みたい作品でした。


という訳で今年はここまで、みなさん良いお年を!

気付くと彼女ができていた「僕の知らないラブコメ」

今年も残りは今日を含めてあと3日。

大晦日はのんびりと笑ってはいけないを見て過ごそうと思っています。
そんな訳で今年の記事は明日でおしまい。

残りの2日はMF文庫の新人賞を購入したのでそちらを書こうかと。


1本目は先月発売された最優秀賞受賞という「僕の知らないラブコメ」です。

頑張ることを諦めた「芦屋 優太」
中学時代で諦めて高校でも頑張らないでいた優太。

そんな彼のクラスには問題児となる女子「柳戸 希美」
クラスで悪い噂が流れている彼女と関わらないように優太は学校生活を送っています。

そんな折、ゲーセンで知り合った「花宮 由利」と仲良くなったことで彼女に好意を持っている不良に絡まれてしまい、何とか逃げようとしたところ、気がつくとその場に不良はいなく・・・・・・知らないうちに時間だけが流れて、優太が知らないうちに希美と恋人になっています。

突然、時間を飛ぶことができる能力に目覚めた優太。
何故、希美の彼氏になったのか経緯はわからない状態で希美とデートを楽しんだりします。

能力を自分が都合の悪い状態になったら逃げるように能力を使って未来へと時間を飛ばす優太。

嫌なことから逃げていた優太は当然、希美との仲でも問題が・・・・・・

ラブコメというよりは純愛よりって感じがまだまだしている本作。
一応、この1冊で話はまとまっているように見えるんですけど、続きはどのように展開されるのか気になる作品です。

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
414位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
105位
アクセスランキングを見る>>

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon