FC2ブログ

傷を癒やしてくれたのは「娘の友達」でした

今日は昨日から一転して晴れていたのでドラクエウォーク日よりでしたが、とりあえずそろそろ2組目の上級職もレベル55に近づいてきて次の週末までにはいけるかなという感じ

とはいえ、ドラクエウォークもコロナウイルスの状況を鑑みて家でレベル上げできるようにとモンスターを引き寄せるにおい袋が5個、支給されましたがもっと数がほしいなと思ってしまいます、5個だとあっという間に使い切ってしまいます(笑)

で、今日の記事はTSUTAYAで借りてきた漫画です
最近は購入するよりもレンタルが多くなってきました

特に読んでいない作品に関してはレンタルだと気軽に読めるので便利
まあ、電子レンタルのRentaを利用するのも手なのですけど、そこまでやり出したらきっときりがないので(笑)

で、借りてきたタイトルは「娘の友達」です

まあ、タイトルからまず背徳感半端なさそうな作品だなと言うのが第一印象です

妻を亡くした「市川 晃介」は会社では昇進が控えていましたが部下とは距離ができたり、同僚ともうまくいかず、さらには家庭では娘の「美也」が引きこもっていたことも知らず、学校で指摘されて初めて知るという失態

何もかも上手くいっていないように見える晃介ですが、そんな彼のちょっとしたオアシス的な喫茶店
そこで知り合った女性は美也の友達である「如月 古都」と知り合うことに

そこから娘の友達と一気に距離が近づいていくことに戸惑いずつも逃れられないでいる晃介

この二人がどんな関係へと進んでいくのかそして、晃介が娘の美也の引きこもりをどうにかできるのかとか、続きが気になるところです。
スポンサーサイト



世界を救うのは農夫?なぜなら「勇者が死んだ!」から

昨日は夜間作業で深夜に出社
・・・で今日は朝帰りです

特に観る予定はないのですが近所の映画館が今週いっぱい臨時休館するということでちょっと近くを立ち寄ったら、シャッターが降りてました・・・うーん、初めて見る光景・・・早くコロナウィルスも落ち着いてくれるといいのですが

で、今日は久しぶりに漫画の記事を紹介、タイトルは「勇者が死んだ!」です

単行本が出た当初は結構気にはなっていたのですがスルーしていて、最近TSUTAYAでレンタル
ファンタジーモノではあるけど、基本はギャグ漫画なのかな?

まあ、まだ1巻を読んだだけなのでなんともいえませんが、今後の展開はともかくとして1巻を読んだだけなら面白かったので今回の記事にしました

村で畑を耕し、出来の良い大根にニーソを履かせて日常を謳歌する青年「トウカ・スコット」
そんなトウカの理想とするニーソを履かせたいふとももの持ち主はトウカの幼馴染みの「ユナ・ユニス」

ですが、突如二人が住む村に悪魔がやってきて村人を襲おうとします
悪魔に襲われそうなユナを助けようとしてトウカは畑に仕掛けた罠に悪魔を誘導しようとしてウマくいかず、ユナがピンチの時に突如現れた勇者「シオン・ブレイダン」

悪魔から助けてもらったお礼にとユナから食事のお誘いを受けましたが・・・そこにトウカが仕掛けた罠にシオンは引っかかってしまい死亡してしまいます

勇者が村人が仕掛けた罠で死ぬはずが・・・ということもあり村で勇者の死を隠蔽しますが・・・ある朝起きると鏡から勇者シオンの姿が・・・ではなく勇者の死体にトウカの精神が乗り移されてしまいます

そんな、ことをした張本人、屍術師「アンリ・ヘイズワース」に半ば脅されて世界を救う旅へ赴くことに
そして旅にはアンリだけではなくユナも同行することに

しかし、勇者の死体を動かしているトウカですが・・・勇者の力を存分に扱えるわけでもなく、むしろ農民スペックである本人の能力がものすごく足を引っ張ることになります

果たしてトウカは無事に勇者の代わり(?)として世界を救うことができるのか
今後の展開が楽しみです。

眠れない二人の共有部屋「君は放課後インソムニア」

うーんやっぱり平日の疲れが溜まっているのか気がつくと休みの日の昼寝がグッスリ・・・気がつくと日が沈みかけていました(笑)

で、そういえば前に献血センターで黒子のバスケを読んでまたTSUTAYAで借りて読み返していたのですが、自分以外誰も借りていなかったのに今日行ったらガッツリレンタルされていて今日はレンタルできず、来週は読めるかな?

で、その代わりでも何でもないけど今日はオジロマコト先生の新作「君は放課後インソムニア」を借りてきました

少し前に書店で2巻が売られているのを見つけて新作出ていたのは知っていたのですがTSUTAYAでレンタルされていてよかったです

不眠症で夜眠れず、昼に眠くなってしまう高校一年「中見 丸太」
そんな悩みを知っているのは幼なじみで親友の「受川」だけ

中見の事情を知らないクラスメイトは眠気で顔つきが怖くなっている中見に対して悪印象
そんな中、文化祭の準備で天文台にダンボールを取りに行くことになった中見はクラスメイトの「曲 伊咲」が天文台で寝ているところを発見

ひょんなことから彼女も不眠症で悩んでいる自分と同じ境遇であることを知ります
少しだけ違う点があるとすると中見は悩みを打ち明ける相手がいるけど、曲は申し訳なさから友達にも打ち明けることができず・・・

そんな二人が学校で眠れる秘密の場所として天文台を共有することに

突然、秘密を共有することになった眠れない二人だけの学校生活
今回も10巻行かずに完結させるのかなと思いつつも、二人がどんな風に接近していくのか楽しみ

そして、「猫のお寺の知恩さん」の昼間や「富士山さんは思春期」の倉敷先生と何かと主人公とヒロイン以外でも印象的な魅力的キャラが登場しますが今回もやっぱり登場(個人的にですが)

その名も倉敷先生・・・って富士山さんは思春期と同名・・・・・・保健室に常勤していたりと似ているから転勤してきた?
もしかしたら昼間も登場してくるかな?

などと思いつつも今回の倉敷先生は作中でも結構重要なポジション
富士山さんは思春期より登場回数は多そうで楽しみです。

煩悩退散のために出家します「てんぷる」

今週から始まったドラクエウォークのメタスラフェスティバル、今日はそこそこ歩こうと思っていたのですが、あいにくの雨&雪で外はメチャ寒い

結局、休日にしてはあまりプレイできませんでした
まあ、とにかくたくさんレベル上げしたいところです

とまあ、そんな天気でもマンガは変わらずに読むのですが今回の記事は「てんぷる」です

「ぐらんぷる」の作画担当をしている吉岡先生の別連載
こちらはWeb連載みたいです

父親が有名なド変態で知られている息子の「赤神 明光」はド変態と言われる赤神家の汚名を晴らすために国家資格を取って安定した高収入と社会的地位を手に入れるために奮闘する大学生ですが、道で出会った女子高生「青葉 結月」に出会って一目惚れ

封印していた煩悩をどうにかするためにと出家することを決意
・・・・・・ですが行った寺で青葉と再会・・・さらにはその寺は尼寺と煩悩退散させるために行った寺で女の子だらけの寺で生活することになった赤神

とまあ、あらすじ書いてみたものの中身はラブコメ版ぐらんぷるといった感じです

ぐらんぷるはギャグ成分が多いけど、こっちはラブコメって感じでぐらんぷるに比べるとちょっとエッチな内容です
結構ストレートにぐらんぷるで培われたノウハウを個人作品で作り上げている感じですね

とはいえ、ラブコメ成分が多いのはぐらんぷるが男キャラが基本濃いからかもしれませんが(笑)
赤神が無事出家できるのか、はたまたラブコメよろしくお寺の女の子の誰かとくっつくのか今後の展開が楽しみです。

優しすぎるので残虐非道になるよう教育?「魔王の娘は優しすぎる!!」

今日も風邪でまだまだ本調子ではないです
とはいえ、一人暮らしである以上買い物は自分でどうにかしないといけないのであまり、寄り道しないようには気をつけています

で、今日はひっさびさの漫画の記事です

「魔王の娘は優しすぎる!!」

以前、書店で見たときは一目でコメディ漫画なんだろうなと気にはなっていましたが買わずにいたら近所のTSUTAYAでレンタルされていたので借りて読みました

魔王「アーリマン」は魔界のトップに君臨して人間たちの世界を侵略していましたがある日、その侵略行為が止まってしまいます
止まってしまった原因は魔王の娘である「ドゥ」が魔族とは思えないほど優しすぎること

そこへ魔王の側近「ジャヒー」がドゥを極悪非道な魔族にするための教育をすることになります
ヤル気を見せるドゥですが天然で優しいためというのと幼さ故に言葉の意味がわからなかったりとかでジャヒーの思い通りな結果にはなりません

それどころかドゥによって癒やされる人々続出(笑)

ドゥの教育はどのような結末へとたどり着くのか侵略行為はどうなるのか?と気になりつつも微笑ましく笑える育児(?)コメディです。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
ページ数
プロフィール

三日酔い

Author:三日酔い
漫画やラノベ、映画の感想やゲームのプレイ感想とか動画をのんびりと載せていきます
漫画に関しては最近、電子書籍での購入が増えています。

クリックお願いします

FC2Blog Ranking

最新記事
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
396位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
93位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon