FC2ブログ

8人それぞれの旅「オクトパストラベラー」プレイ日記その2


今日は久しぶりにオクトパストラベラーのプレイ日記

といっても、前回の時点でかなりストーリーは進んでいて、あの数日後には全キャラのメインストーリーはクリアしました
しかし、このゲームにはメインストーリーに出てくるラスボスよりも強い裏ボスがいるというのは聞いたことがあったので今度は、裏ボス撃破を目標にプレイ

とはいえ、この裏ボスのイベント結構大変で目的地に行くまではそうでもないのですが、裏ボスがいるダンジョンに入るとセーブができない上にメインストーリーに登場していたボスがパワーアップして登場・・・といっても正直、この辺はそんなに大変ではなかったです・・・時間は結構かかりましたが(笑)

・・・で、ようやく裏ボス戦へ・・・・・・突入したのですがめっちゃんこ強い!
全然ダメージが与えられず、こっちは回復にアイテムとかスキルを利用してジリ貧・・・結局勝てないと思ってレベル上げからやり直し

その後、地道にレベルを上げて全員のレベルを70以上(お気に入りのオルベリクだけ84)まで上げて再チャレンジ
今度はあらかじめ攻略法とか調べて挑戦したのですがそれでも大変!

アイテムは惜しみなく使う必要はありますがそれでもレベルを上げる前よりは十分に渡り合えるようになりました
とはいえ、裏ボスのHPは50万、こっちは大きなダメージは中々、与えられずうまくいけば1ターンで4万近いダメージを与えられましたがそんなに頻繁に与えられるわけではないので気づけば1時間以上戦っていました

まあ、プレイ中でも気軽にスリープして中断できるのが良いところ

1時間以上の長い戦闘を終えて、次は2回目の戦闘・・・・・・裏ボス戦は主人公8人を全員使っての2連戦なのです

ようやくの2回目の戦闘なのですが序盤から大ダメージ連発で受けてしまいいきなり全滅のピンチ
・・・正直、もうこの戦い負けたらやり直す気力なんてないぞ!と思いつつどうにか体制を立て直して最後はゴリッゴリの力押しでどうにか勝利!!

という訳で約1時間半弱という時間でどうにか裏ボスを撃破
とりあえず、満足した1周目かなという感じ

ちなみにプレイ時間は約90時間でした

余裕があれば2周目、今度はちょっと違うプレイスタイルでプレイしてみたいなと思っています
今年一番ハマったゲームかもしれません
スポンサーサイト

「ザ・プレデター」観て来ました

9月1回目の3連休の最終日の今日は映画ザ・プレデター観て来ました

ホントは先日の響と一緒に今日観ようかと思っていたのですがこの2本の上映タイミングがあまり合わなくて2日に分けて観て来ました

まあ、他には特になかったのですが、今週は特に観たい映画がないので、次の3連休はのんびり家でゴロゴロしてそう
そんなこと言って観に行くかもしれないけど・・・多分、家でゴロゴロしてます(笑)

そんな訳で感想はコチラ↓


小説家ってどうやってなるのか?「響 小説家になる方法」9巻


昨日は映画の響の感想でしたが今日は漫画の響の感想です

何故、涼太郎がテレビ局に?
という前回の疑問が一応解決されている9巻

とか、その後を語るのは結構簡潔で花代子部長になってからの文芸部は高校文芸コンクールに小説を書いてだすことになり、響も小説を書く事になります

そこで咲希はミステリーを書いているみたいで、新しいトリックに挑戦しようとして試行錯誤

響はイメージができたのか書き始めるとすぐに出来上がりましたが咲希は中々、最後のエピソードが進まず・・・
一緒の帰り道に書店で凛夏の新作を見かけることなる響

次の日なのかな?早速、凛夏の教室で待ち構えて絶賛する響
評価してくれたのは響だけではなく塩崎もです

小説に今も興味はないと言い切る塩崎ですが凛夏の新作は素直に面白いと本人に伝えます

ふみも評価するだけでなく読者からも好評な感想が届いており、それを知った凛夏・・・褒められ慣れていないのは相変わらずのようで思わず顔に出てしまっています

ですが、簡単に結果は出ないようで・・・今回も芥川賞にはノミネートされず
やっぱり、悔しい気持ちは変わらないんでしょうが、以前の時よりも吹っ切れた感がある凛夏

そんな凛夏の進学先はフィンランドの大学・・・・・・卒業しちゃうと登場する機会が減りそうです

そして、咲希は小説家になりたいようですが響のような天才でなければ、凛夏のように親が人気作家でもない彼女が小説家になるなんて無理と西嶋に言われてしまい、小説家にどうすればなれるのか悩んでいた所に、今回も芥川賞にノミネートされた山本が登場

山本に小説家になる方法を率直に尋ねる咲希

でも、山本は小説だけで食べていけていなからと答えずに去っていきます

そんなやり取りがある間に鮎喰家では響のお父さんが娘が2冊目の本を出していることを書店で知り、本人に確認
今回はお伽の庭の時以上の衝撃を受けている気がします

なんと出版社から送られてきた契約書にまだサインがされていない状態(NF文庫へは未返送)なのに本が出版されていることに驚きを隠せないお父さん・・・・・・読者側からするとそれいいの?とか思うんですけどお父さんのリアクションが面白くて思わず笑っちゃいました(笑)

そして、コンクールの結果と芥川賞の結果を同じ日に知ることになるのですが、コンクールでは賞を取ることができなかった咲希
宇佐見が入選、響が最優秀賞と響に関しては当然のような結果ですが一方の芥川賞に遂に受賞することができた山本

記者会見で咲希に聞かれた質問に答え、それをテレビ越しに聞いた咲希
コンクールに結果は出せなかったけど改めて小説家になりたいという気持ちが固まる咲希

そんな咲希を応援するために響はふみを紹介
ふみから小説のアドバイスをもらうことに!

西嶋は咲希には小説家になれる要素がないような事を言っていましたが、少なくともコネはできたのでは?
まあ、そもそも凛夏もふみにひろってもらった時はコネじゃなくて純粋に実力だったはずだけど

その後、ふみとの打ち合わせで響が文系コンクールに応募していることを知った凛夏

一気に状況が変わります
響が受賞したのは最優秀賞に文部科学大臣賞・・・何事もなく終われるのかはわかりませんが会場前で文部科学大臣「加賀美 祥吾」と遭遇

衝突しそうな雰囲気ではありましたがその場では何事もなく・・・ですが加賀美は響がお伽の庭の作者であることを一目で見抜いたようで彼女を利用しようと何か考えているみたいですが・・・・・・

テレビ越しに小説家になる方法を教えられた9巻でした。

「響 -HIBIKI-」観て来ました

今日は映画・・・の前に歯医者へ行って来ました

一昨日、仕事中に歯がかけてしまって虫歯かな?と思って予約して行ってみると虫歯ではないと言われて
聞くと、かけた箇所は去年治療した箇所・・・歯が噛む力に耐えられずヒビが入って割れたんじゃないかと言われました

しかも、新しくかけた部分を被せて欲しかったのですが、保険のルールとかで新しく被せてもらうには治療から2年以上経過していないといけないとかでまだ1年ちかくしか経っていない、今回かけてしまった私の歯には保険適用内では被せることができないとかで樹脂で被せることで応急処置・・・

今回のことで調べてみたら歯がかける原因って虫歯の治療とかが主らしいんですが、今回それが現実になったって感じです

噛む力とかもあるみたいだから食べ方とか気を付けないとまた、歯がかけてしまう・・・なんてことがないように気を付けないと・・・・・・とか考えつつ治療の後に映画を観て来ました

今回は「響 -HIBIKI-」です
まあ、予告見て原作の漫画が気になって読み始めましたが・・・感想にも書いたのですが原作は映画観た後に読めばよかったと思えました

そんな訳で今回の感想はちょっと辛口
普段の映画感想よりも前置きが長くなりましたが感想はコチラ↓

限定キャラは無料ガチャで!?の2巻「恋してるひまがあるならガチャ回せ!」


まさか2巻が出ているとは知りませんでした

たまたまAmazonで見かけたので購入

啓太の前に現れたコスプレイヤー「笹倉 美森」
美森によって半ば強引にモバイルゲーム研究会に入ることになった啓太

啓太と美森を二人きりにさせないために紗雪もサークルに入ります
3人だけのサークルですが実はスマホゲームについて研究しているのに(失礼)大学公認のサークル

というのも美森がサークルに入る前はもっと人がいたのに彼女が入ったことで人が減っていきあっという間に一人に・・・
その後も何とか人を増やそうとする美森ですが美森目的でくるような輩や厳しい査定で人も増えず

以前いたサークルメンバーがいなくなってしまったのには原因があります
原因は・・・美森

原因がわからないまま、限定の水着ガチャを引くために合宿にいって海で紗雪や美森が願掛けで限定水着キャラのコスプレをしてガチャを回しますが・・・啓太はもちろんコスプレ(水着)した紗雪も無料分では引けないのに美森だけどんどん無料ガチャだけでレアキャラを引き、そこで啓太は美森が無料ガチャだけでレアキャラを引くことができる強運の持ち主であることが判明

美森の強運によって打ちのめされてサークルをやめていったサークルメンバー
そのため、大学側から人数が集まらないと大学公認が取り消されてしまうと通告

廃課金者である啓太と紗雪
無課金でプレイし続ける美森・・・もちろん無課金なのにレアキャラ引く美森が悪いとかそんなことはありませんがそれでもサークルをやめていったメンバーを呼び戻すために啓太はある事を美森に提案します

相変わらずな廃課金者っぷりを見せつける啓太
そんな、啓太に憧れている美森の登場で3巻以降でどんな展開が待っているのか気になる所

無料じゃなくても水着ガチャは引きたくなる?2巻でした。

現在の読者数

現在の閲覧者数:
検索フォーム
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
アニメ・コミック
574位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
少年向けコミック
136位
アクセスランキングを見る>>
RSSリンクの表示
リンク
Pixiv投稿作品
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Amazon
月別アーカイブ